2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

カテゴリ:ラーメン:台東区 の記事リスト(エントリー順)

油そば 椿:油そば

 【05//2015】

上野で所用があった帰りに訪問して参りました、上野には良い店があまり無いので…
前回も訪問した一風堂に再訪を予定していましたが、上野で検索をかけてみるとこちらを発見。
椿さんの油そば専門店が出来ていたんですね、全然知らなかったのでラッキーでした。
お店はマルイの脇の細い路地の所にあって、気付かずに最初は通り過ぎてしまいそうでした。


店内入ってすぐの所にある券売機にて食券を購入、味玉とスープ付きがデフォで750円とは安いですね。
デフォの油そばの食券を購入して店員さんに手渡します、席が2つ空いていたので運が良かったです。
店内もあまり広いとは言えませんねー、まぁ窮屈という訳でもないですけどね。
店員さんは調理の男性と配膳の女性の二人体制、しっかりと役割分担がされているようですね。
注文から約7分ほどで品物が目の前に到着、おぉー綺麗に盛り付けされていますね。
個人的にはこういう常に盛り付けがきれいな所は好きですよ、取材時だけ綺麗なトコは駄目ですよ。
油そばと一緒にスープも提供されます、意外とスープの量は多いです。
具材は味玉、メンマ、水菜、チャーシュー、海苔、海苔の上に2種類の粉末、味噌ペーストの構成。
それではいつも通り写真を撮影して実食です!いつもはスープですが、油そばの時は混ぜ混ぜからw

20150305-3.jpg

ある程度混ぜこみが完了したので頂きます、まずは麺を豪快に啜り込みます。
麺は中太の軽いウェーブ系のタイプ、ツルツル滑らかな舌触りとモチモチ食感が非常に強いですね。
椿さんの麺はタピオカを混ぜ込んだ麺らしいですが、それがこのモチモチ感に繋がっているんでしょうかね。
今まで食べた麺の中でもトップクラスのモチモチ感でコシも充分にあって美味しい麺ですね。
タレは程良い塩梅で麺に絡み付いてくるので丁度良いくらいです、尖った印象は受けません。
魚粉も使われているので、麺を啜っている最中に魚介系の香りも一緒に入ってきますねー。
味に関しては説明しにくいですね、2種類のタレと魚粉が使われているので多彩な味わいです。
各要素共にしっかりと味を表現をしていて、一つだけが突出した印象を与える訳でも無いです。
そして混ざりすぎて味がボケてる訳でもない、凄く絶妙なバランスで共存してます。


丼の底の方にあるタレは醤油系で、鶏+魚介の出汁+醤油+油のブレンドで作っているタレですかね。
鶏と魚介のあっさりさが前面に出ているタレで、醤油の塩分濃度は非常に弱く作られています。
恐らく味噌味のペーストも乗っているので、それも配慮してタレの塩分をかなり抑えているんでしょう。
味噌と醤油の2種類を普通にカエシとして使っちゃったら、塩分濃度が高すぎてどうしようもないですからね。
そして海苔の上に乗っていた2種類の粉末、魚粉は鰹系で魚介の鼻から抜ける風味を出しています。
もう片方の黄色い粉末が全然分からない、なにを土台にした粉末なんだろうか…


味付け要素以外の具材である味玉、メンマ、水菜、海苔、チャーシューも良いですね。
味玉は黄身が固形化した完熟に近い半熟、味付けも薄めで普通に旨いです。
メンマは細めの物ですがコリコリとした食感をしっかりと感じます、ど真ん中では無いですが悪くないです。
水菜はシャキシャキとした食感が印象的、麺と一緒に口に入れると食べる楽しみが出て良いですよー。
海苔も特筆は無いものの悪くは無いですよ、普通に旨いです。
チャーシューはほぐされていますが、恐らく原型だと角煮タイプでしょう。
非常に柔らかく味付けも優しく旨いですねー、ほぐしは混ぜ易いので油そばには合ってますね。


残りが1/3ぐらいになった所で付属のスープを入れてラーメン風にして味わいます。
うーん、ラーメン風にして味わうにしてはちょっとスープが弱いですね。
スープは鶏ガラが主体の非常にあっさり薄味のスープで、ラーメン風にするには少し濃厚さと塩分が足りない。
兎に角さんの様にニボニボした濃厚抽出スープならラーメン風も生きるんですけどねぇ。
個人的にはこのスープは普通に単体で楽しんだ方が美味しくいただけると思います。
自分で調整する事も出来ましたが、失敗するのが怖いので自分で調整はあまりしないタイプなのでw


約8分ほどで完飲完食、デフォで250gの麺量+スープなので物足りないという事は無いですね。
味の説明とスープの所で色々と疑問は出ましたが、充分な旨さとクオリティがありますね。
味に関しては自分の表現力不足で説明出来ていないだけで、普通に旨いので悪い印象はありません。
汁無し系は味付けの自由度が高い反面、一つの味付け要素が原因で全てが壊れてしまう可能性も高いです。
それを考慮すると色々と混ざりながらも味を壊さず、不快感を感じさせない配合具合は素晴らしいです。
スープに関してもラーメン風として楽しむには弱いですが、スープとしては充分旨いですしね。
その他の麺・具材に関しても土台がしっかりしていて及第点以上の物を持っています。

採点的には87点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサーサイト



Category: ラーメン:台東区

Tags : 東京 台東区 汁なし 味噌 椿 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

一風堂 上野広小路店:白丸元味+味玉

 【25//2015】

昨日の秋葉原訪問の帰りに連食、友人と別れてから物足りなさを感じての訪問。
一風堂は2年ぶりくらいで久しぶり、チェーンにしてはなかなか味は悪く無かった印象が
御徒町駅から徒歩でお店へ向かいます、ここで降りる時は麺屋武蔵 武骨さんへ行く時なんですが
それ以外では初めての利用になりますね、実はラーメン横丁に行こうかとも悩みましたw


訪問時刻は22時頃でピークタイム終了で客足はそこそこ、すぐに空席に座る事が出来ました。
こちらは深夜3時までやっているんですね、営業時間が長いので訪問しやすい。
一風堂の基礎でもある白丸元味をハリガネで注文、店員さんはなかなか元気がって雰囲気も悪くない。
博多系豚骨の細麺は麺を食ってる感が弱いので、頼む時は結構固めに注文するのが個人的なデフォ。
さすがに粉落としはやりすぎだと思っているので、大抵の場合はハリガネ注文。
注文から3分も立たずに品物が到着、やっぱり早いですね。
最近は太麺の店が多いので久しぶりにこの系統を食べに行くと、提供の早さに違和感を覚えるw
スープは定番の白濁系の豚骨スープ、しっかり乳化してて旨そうです。

20150225-3.jpg

いつも通り写真を撮影していざ実食です、まずはスープから一口…
非常に濃厚でクリーミーな味わいですね、豚骨特有の臭気も上手に抑えていて臭みも感じません。
カエシは豚骨スープの出汁を大事にしているのか、本当に少し感じるぐらいで上手に隠しています。
スープはちょっとトロっとしているぐらいで粘度は低め、塩分濃度も適正で旨いです。
麺は博多系豚骨ラーメンでは定番の極細麺、ハリガネ注文だった事もあり芯がしっかり残っている。
小麦の香りがしっかりと鼻腔に抜けていきますし、スープとの絡みも良いですね。
基本的には細麺よりは太麺の方が好みなんですが、スープとの相性的にも博多系豚骨は細麺がベストですね。
ちなみに替え玉はしません、替え玉よりもご飯投下で飯割の方が好きなので。


具材はキクラゲ、チャーシューが2枚、追加で入れた味玉の構成になっています。
豚骨ラーメンでは定番の具材であるキクラゲはコリコリとした食感が良いですね。
チャーシューは小さめの物が2枚入っていて、脂身は少なめで結構プレーンな感じ。
柔らかめに調理されていますし、味付けも薄めで美味しいですね。
以前に一風堂で食べた時は脂身の多い肉だった覚えがあるのですが、使う肉を代えたのでしょうか。
味玉は黄身が8割がた固形化したタイプの半熟味玉、味付け薄めでこちらも美味しいです。
最後は豚骨ラーメンの〆として個人的に大好きなご飯投下。
一風堂さんの場合は卓上のもやし・辛子高菜・ニンニクが無料なので、自由度の高い調整が効くのが良いですね。


最後の飯割を自分好みに調してご満悦でごちそう様。
スープは業務用の水っぽいのを出す所と比較すると、チェーンでは頭2つ3つぐらいは抜けた旨さ。
普通に個人経営の店舗で出しても悪くはないレベルです、チェーンでこのスープ出せるのは素直に凄いと思う。
麺や具材も土台はしっかりしてますし、奇を衒わず豚骨スープに合う基本が出てくるので不安もない。
減点材料を挙げるとすれば豚骨ラーメンにしては高めな750円スタートの価格と量が少ない事かな。
まぁ博多系は早さ優先で考案されてて、どこも量的には物足りなさはあるし一風堂だけの問題じゃないし。
加点材料はチェーン店としては及第点以上の味である事、無料アイテムが豊富なので自分好みの調整が効く事。
味だけなら75点でしたが多店舗経営ながらもクオリティを落とさない経営努力に敬意を表して80点。
何よりもどこにでもあるのに、どこでもこの味が食えるから入り易い安心感は特筆だと思います。

採点的には80点!ですね、ご馳走様でした。

Category: ラーメン:台東区

Tags : 東京 台東区 ラーメン 豚骨 一風堂 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

麺屋武蔵 武骨:味玉赤武骨ラーメン

 【23//2015】

麺屋武蔵 武骨さんへと久しぶりの訪問をしてまいりました。
複数回訪問店舗なので端折って書かせて頂こうと思います。
今回は待ちが少ない事もあり比較的早く食券を購入出来ました、表題の食券を購入して店員さんに手渡します。
暫くして空席が出来たので席に案内されます、席に座るまでの待ち時間は大体7~8分で回転率は普通ぐらいですね。
調理の手順を見たかったのですが店員さんがブラインド気味になってしまったので観察する事が出来ず
結局赤の実態が何かを掴む事は出来ず…
相変わらず湯切り時の掛け声は独特で面白い、パフォーマンスと言われればそれまでだが
店員の声の出てない暗い店よりはこっちの方が良いに決まっている。

20150123-3.jpg

席に着いてから5分程度で注文の品が到着、おぉー真っ赤ですね実に興味深い。
それでは写真を撮影していざ実食です、まずはいつも通りスープを一口…
あら…いつもよりも豚骨スープの炊き出しが甘い
以前に食した事がある白や黒に比べると水っぽい印象を受けます、これはよろしくないですよー。
赤は店内の張り紙に香辛料たっぷりと書かれていたのですが、香辛料の鼻を抜ける香りは特に感じませんでしたね。
辛さも自分が当初に予想していたよりは比較的抑え目で、辛いのが苦手な人でも食す事が出来ると思います。
赤の正体がイマイチはっきりしない、ラー油がメインであれば浮遊分離しているはずなのですが
写真を見ていただければ分かるとは思いますが分離はしてないですよねー。


中太ストレート麺で以前食した白と黒と同じなので、ラーメン全種同じ麺を使用している模様。
赤は白と黒に比べると表面の油膜が張っているのでドロ気味、逆に麺との絡みに関しては良いですね。

具材
味玉は半熟で味付けも程良く好みのタイプ、チャーシューは相変わらずでかい角煮で個人的にお気に入り。
メンマは細めだが食感を残していてこれも悪くない、きくらげもメンマと同じく食感を楽しめるのが良いですね。

大体5分ぐらいで完食、こちらはラーメンの大盛りが無いのが残念ですね、いつも量的な物足りなさを感じてしまう。
総評としては相変わらず各パーツ毎は高いレベルなのですが、合わさった時の相乗効果が発生していないのが残念。
それと今回は豚骨スープが非常に水っぽかったのが減点対象でしたね。

採点的には65点!ですね、ご馳走様でした。

Category: ラーメン:台東区

Tags : 東京 台東区 ラーメン 豚骨 麺屋武蔵 武骨 60点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

麺屋武蔵 武骨:味玉つけ麺(ピーナッツ味)

 【08//2015】

※過去の限定メニューになります、現在は提供されていません。

いつも通り行列にドッキングして券売機にて食券を購入し店員さんに手渡します。
つけ麺は玉ネギとピーナッツが選べるとの事ですがピーナッツを注文、7~8分程で注文の品が到着。

20150108-3.jpg

いつも通り写真を撮影していただきます、まずはつけ汁を軽く一口…
ピーナッツの独特な香りが確かにしますね、少しコッテリ気味の作りです。
麺は平打ち気味の中太麺で存在感は強くない、モチモチ感は普通でコシもそこそこ。
つけ汁の中には武骨の特徴とも言える角煮チャーシューの大き目のブロックがゴロゴロと4個ほど入っていました。
蓮華にピーナッツ香油とマスタードを混ぜた様な、辛味の物が付いてきていました。
こちらを溶かしながら食べると坦々麺風なつけ麺になり、味が変わって非常に楽しむ事が出来ました。
スープ割りに関しては普通、既にコッテリしている汁に豚骨スープなのでかなり濃厚な味わいでしたね。
スープ割りはもうちょっと優しい味の方が個人的には好きですね。
また夏季限定メニューで出る事があれば楽しみたいと思える味でした。

採点的には78点!ですね、ご馳走様でした。

Category: ラーメン:台東区

Tags : 東京 台東区 つけ麺 豚骨魚介 麺屋武蔵 武骨 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

麺屋武蔵 武骨:味玉白武骨ラーメン

 【18//2014】

今回は麺屋武蔵 武骨に訪問、こちらは武蔵系では珍しい豚骨スープを提供しているお店との事。
上野に行く用事があった際に訪問、お店には待ちはおらずすぐに入店できました。
券売機で食券を購入、今回は始めての訪問なのでノーマルの白武骨を注文。
武蔵特有の掛け声で湯切りをしていく、やはり武蔵はこうでなければ。
そして、武骨のチャーシューの切り方が非常に男らしい、中華包丁でドンと一振りで丁度いいサイズに切っていく。
食券を渡して7分ほどで注文の白武骨ラーメンが到着、なるほど見た目と匂いは完全に豚骨ですね。

20141218-2.jpg

スープを一口啜る…ふむ豚骨スープだけどもほんの少しだけ魚介の風味が感じられる。
ただ単に濃厚な豚骨ではなく少しアッサリした感じも混ざって、丁度良い濃厚さになっている。
今度は麺を齧る、麺は中太ストレート麺でなかなかの歯応え、麺自体はそれなりに旨いんですがスープとの絡みは普通。
スープと良く絡む麺ではないのが少し残念、麺単体だと悪くないんだけどなー。
味玉は半熟で味付けも程よく上出来、そして武骨の名物といえばプリプリジューシーの角煮の様なチャーシュー。
このチャーシューは柔らかいながらも肉質感もしっかり残っていて素晴らしい、味付けもくどくならず。
豚骨にはあまり使われないメンマですが意外と悪くない、そして豚骨の定番のキクラゲもコリコリした食感が良い。


全体的な素材のレベルは高いのだが、麺とスープが絡みにくい事が減点材料か。
それでも味は旨いので近くに来た時は訪問したいと思う候補になりましたね。

採点的には82点!ですね、ご馳走様でした。

Category: ラーメン:台東区

Tags : 東京 台東区 ラーメン 豚骨 麺屋武蔵 武骨 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る