2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

カテゴリ:ラーメン:港区 の記事リスト(エントリー順)

おらが:ホタテの69

 【18//2015】

ラーメン二郎 新橋店で予想外のモンスターを処理。
その後に胃を落ち着かせる為に適当にコンビニで時間を潰しこちらへ。
到着時刻は17時少し過ぎで開店まで一時間の余裕あり。
当然ながら待ちは誰もおらず、再開初日の夜の部一番手ですね。
開店時には待ちは5名程に増えていました、18時2分頃開店。
券売機にて表題メニューの食券を購入し、一番端のカウンターに着席。
食券を提示して到着を待ちます、お店は男性3人体制ですね。
以前から狙ってたんですが訪問の機会がなく、移転や休止でいつ訪問出来る事かと思っていましたが
渡航前に再開の情報が入ったので急遽訪問のリストに入れたという経緯があります。
そんな事を考えていると食券提示から7分程で目の前に到着、独特な香りの一品で実にそそられますねぇ。

20150118.jpg

いつも通り写真を撮影していただきます、まずはスープから一口いただきます。
動物系出汁のコクにホタテ出汁のほんのりとした甘さと独特の香りがやってくる展開のライトドロンジョ系スープ。
動物系は豚にしては脂も香りも軽いので鶏白湯なのかな、濃厚そうな見た目とは裏腹に意外と優しい味わい。
ホタテの出汁の経験値が高くないですけど、ここまでホタテの出汁を感じられる一品は初めてですね。
塩分濃度は適正値で良い塩梅、出汁の影響か塩ダレ自体の作りか尖りは皆無でとにかくマイルドで優しい。

20150118-2.jpg

麺は加水率高めな平打ち気味の中太ストレート麺、多加水麺らしいモッチリとした食感が特徴で好みのタイプ。
少しトロみのあるスープとの絡みも良好、優しいスープを邪魔しない適度な麺の存在感が良いバランスです。


具材はメンマ、海苔、刻み玉ネギ、チャーシューの構成。
メンマは枕木ほどではないが厚みがあって肉厚、コリコリ感しっかりで噛み応えがありますね。
味付けは非常に薄めでメンマ自身の風味を活かした作り、個人的にはかなり好きなタイプ。
海苔は正方形カットの物が1枚、パリパリ感はあまり強くないですが海苔の香りは充分感じられる。
ベースの出汁感のしっかりしたスープなので、パリパリ系の水気を吸わない物よりは吸いやすいこのタイプで正解。
刻み玉ネギは投入量は充分、玉ネギとしては全然辛味がなく甘いので玉ネギを食ってる感は薄め。
まぁ、この優しい作りのスープで辛味の効いた玉ネギだった場合の相性はどうよ?と考えるとこれで良いと思う。
チャーシューは炙りの入ったバラが1枚、脂身トロトロで肉自体も柔らかい一品で少し噛むだけで消える感覚。
味付けは薄めで肉自体の旨味が舌に溶け出すタイプ、スープ自体の油が少なめなので肉の旨味が引き立ちますね。


麺量は150g程度ですかね、そこまで多くなかったので二郎の後でしたが普通に5分程で完食出来ました。
非常に優しい味わいのスープでスルスル入ってくるので完飲したかったですが自重、本当に飲みやすい。
総評としてはホタテの旨味が良く出た一品であまり食べる機会がない系統なので非常に貴重な経験でしたね。
ホタテの柔らかく優しい出汁感や甘味を壊さずに、動物系のコクを融合させていて素直に凄いなと思います。
確か開店当初は豚骨魚介系の一品を出してたと思うので、全く違う進化を遂げているんですよね。
豚骨魚介系が普及して差別化が難しくなっている現状を考えると、個性的な一品を作ったのは成功という感じか。
また東京に訪問する機会があれば是非ともホタテの69のつけ麺をいただきたいですね。

採点的には90点!ですね、ご馳走様でした。

東京港区西新橋1丁目15-7 曽根ビル1階
スポンサーサイト



Category: ラーメン:港区

Tags : 東京 港区 ラーメン ホタテ おらが 90点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

ラーメン二郎 新橋店:ブタ入り ニンニクヤサイアブラ

 【17//2015】

滞在3日目、そろそろ黄色い看板に行こうという衝動に駆られる。
年末なので営業している店舗が限られるので情報をチェック。
29日時点で近場で営業しているのは本店とこちらのみ。
ちょうど本店の中休みの時間帯だったので、中休みのないこちらに訪問。
ここは周辺の駅どこからも多少歩くので少しアクセス難ですねぇ。
16時頃の到着で外待ち無し、中も先客3と余裕でしたね。
店内の券売機にて表題の食券を購入、空いてる席に着席し食券提示。
製麺室で麺を作ってる最中だったので、それを観察して時間を潰します。
食券提示からおよそ8分ぐらいでコール、ニンニクヤサイアブラでお願いしました。

20150117.jpg

目の前に到着したのがこちら、おかしいなー俺が頼んだのは豚入りのはずなのに豚W並に肉が入ってる。
まぁお得感があるので細かい事は気にせずに写真を撮影していただきます、まずはスープから一口…
しっかりと乳化したスープは豚の旨味が出ていますね、東側なのに西の二郎っぽいライトドロンジョ系スープ。
出汁のコクや円やかさが強いのでカネシ醤油の切れ味も柔らかく、塩気の効き方が非常に優しいですね。
背脂もなかなか大きめな物がゴロゴロ入っており、これが豚感アップにも貢献している印象。
当方が今まで食べた二郎の中では一番の乳化具合、池袋と同じ母体と聞いて少し心配してましたが意外にも美味い。
二郎らしく塩分濃度は高めだが野菜の量を考えると適正値、塩気の尖り皆無で比較的飲みやすいですね。

20150117-2.jpg

麺はストレートの太麺で二郎的には標準サイズ、四角い断面でやや平打ちっぽい感じの作り。
茹で加減はやや柔らかめですが悪くない、モッチリ感が強く出ているのでこの茹で具合で正解という印象。
スープとの絡みもなかなか上々、硬めだとスープより麺の存在感が強くなりすぎたと思うのでやっぱり妥当な茹で具合。


具材はもやし&キャベツの野菜、野菜の上に垂らされたアブラ、豚、刻みニンニクという二郎定番の構成。
野菜はシャキシャキ感がしっかり残っておりボイル具合良好、キャベツ率4割程度と質の方はなかなか。
量に関してもただの野菜コールとしては充分な山ですね、豚が何故か異常に多いのでマシ回避で良かった。
野菜の上のアブラはトロトロでクズ肉も混ざっていて美味い、脂が美味いと野菜が美味しく食べられて良いですね。
豚は厚みも大きさも充分な物が10個ほどと明らかにWと間違ってないか?という投入量。
ややパサで肉の繊維がしっかりした噛み応えのあるタイプ、量が多いので顎が少し疲れますね。
パサつきはパッサパサではないので許容範囲内だったのですが、味付けが非常に濃いのが残念で許容範囲外。
醤油の味と香りがしっかりと染みた肉はかなりのショッパー、この濃い肉が大量だったので消費に苦しみました。
刻みニンニクは充分な投入量ですね、スープに混ざると香りと辛味が出て実に二郎らしい野性味が出て良し。


麺量はおそらく250g程度ですかね、豚の消化に気を取られて麺量全然気にならなかったので当たってない気がする。
大量の豚が終盤の重い胃には厳しく時間が掛かり12分ぐらいで完食、食べきっただけで褒めてやりたい。
総評としてはFC店なので味の方はあまり期待してなかったんですが予想以上の出来栄え、偶然当たり日だったのかな。
豚の味付けがショッパーじゃなければ正直90点台付けてあげても良いレベルで美味かったです。
この味のレベルが安定して出せるなら正直また訪問したいという印象、そしてFC店のイメージも多少改善。
自ら進んで行こうという感じではないですが、選択肢が少ない時にはFC店も考慮するようにしましょう。
久しぶりの二郎を楽しむ事が出来て個人的にはだいぶ満足。

採点的には82点!ですね、ご馳走様でした。

Category: ラーメン:港区

Tags : 東京 港区 ラーメン 豚骨醤油 二郎 新橋店 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る