2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

カテゴリ:ラーメン:豊見城市 の記事リスト(エントリー順)

麺屋 だるま:まぜそば

 【09//2015】

訪問日:9/21
訪問時刻:18時15分頃
店内状況:先客なし
値段:700円
注文:食券制
形態:通常メニュー
ベース:豚
タレ:醤油
提供時間:約7~8分

20151009.jpg

沖縄そば すばじらぁ 那覇店からの連食訪問となります。
微乳化豚骨をベースに醤油を合わせた汁気の多いシャバ系タレを使ったまぜそば。
豚骨の旨味に醤油の風味と塩気、表面に振られた黒胡椒の香りが効いた割とシンプルな作りの一杯。
塩分濃度は高めながらも許容範囲内には収まっているかな、塩気の尖りは少し感じるが問題ないレベル。

20151009-2.jpg

麺は加水率高めの平打ちストレート麺、モチモチ感が強めの麺で平打ちらしい弾力もあって結構好き。
タレとの絡みは良好、平打ち麺がしっかりとタレと絡んで持ち上げてくれるので良い噛み合わせ。


具材は卵黄、もやし、キャベツ、揚げ玉ネギ、チャーシュー、ネギの構成。
卵黄は中央に鎮座するビジュアル面での貢献、そして塩気を円やかにす味の面でのダブルの貢献度が高し。
もやしとキャベツはボイルタイプでオーバーボイル気味、もやしは軽くシャキシャキするがキャベツは完全にクタ。
個人的にはもう少し食感が強い方が好みだが、タレが濃い目なので意外と野菜の水分が薄めて相性は良いかも。
揚げ玉ネギは香りとカリカリの食感がアクセントを加えてくれて地味ながら良い仕事ぶり。
チャーシューは細かく一口サイズにカットされたバラ、肉質は柔らかく味付けも適度で良い塩梅。
混ぜるのには細かくカットされているのは利点ではあるが、肉を食った感は少し薄まるのは難点かな。
ネギは輪切りの白が大量、シャキシャキ感とネギ特有の辛味が強く出ていて鼻から抜けてスッキリ感があります。


麺量はおよそ180g程度ですかね、量の多い二郎系の後ですが時間を空けたので特に苦もなく8分程度で完食。
総評としてはシンプルな構成のまぜそば、安定していて外れる要素がない反面、突き抜けは難しいかな。
家系の汁なしってあまりイメージにないんですけど、このレベルのが出てくるなら安心して頼める。
元々は別の店に訪問予定で振られた代替として訪問したのですが、代替としては当たりを引けたかな。
次に訪問する機会があれば基本であるラーメンを注文したいと思います。

採点的には78点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサーサイト



Category: ラーメン:豊見城市

Tags : 沖縄 豊見城 汁なし 豚骨醤油 だるま 70点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

麺屋 だるま:期間限定麺 鬼武者

 【04//2015】

引き続き雑誌企画の限定消費の為にお邪魔しました。
こちらは横浜に本店のある家系ラーメンのお店ですね。
11時半開店ですが11時35分頃に少し遅れて開店。
店内入ってすぐ左側の券売機にて表題メニューの食券を購入。
空いている席に着席して食券を手渡し到着を待ちます。
大盛り無料との事だったので是非ともとお願い致しました。
注文から7分程で目の前に到着、見た目に家系っぽさはないかな。

20150204.jpg

いつも通り写真を撮影していただきます、まずはつけ汁をペロリーナ。
最初に甘味が到来し直後に豚骨出汁の旨味の乗った味噌が追従、最後に舌に辛味が残るシャバ系つけ汁。

20150204-2.jpg

出汁感と味噌や酢等のタレ・調味料類の体感比率はほぼ半々でバランス感覚は秀逸ですね。
甘辛酸は甘味突出型で甘味>辛味>>酸味という印象、酸味は支え程度で微弱ですね。
甘味は強いのですが砂糖ではなく白味噌由来の物らしく、嫌みったらしい甘味じゃないのが好感触。
つけ汁に浮いた細かい背脂の甘味も出ているでしょうね、脂の旨味も混ざった甘味で良好。
辛味は麻辣醤+花椒+唐辛子で出しているとの事で、それなりに効いているのかも知れませんが
甘味のおかげで鋭さを削られてるので意外と大人しい、舌への刺激は強くないですが後々体温が上がりますね。
塩分濃度はやや高めながらも許容範囲内でキレ良好、塩気の尖りは皆無で辛味噌にしては優しい味わい。

20150204-3.jpg

麺は加水率高めな平打ち気味の中太ストレート麺、適度なモッチリ感とコシがあり個人的には好み。
家系の麺らしく短めに切り揃えられた麺はつけ麺の麺としては食べ難いかな、味の方は問題ないが少し気になった。
つけ汁との相性はなかなかに良好、特徴的なつけ汁の味わいに負けない麺の存在感は良いですね。


具材は麺の器に味玉、もやし、チャーシュー、糸唐辛子、つけ汁の器内にネギの構成。
味玉は黄身が軽くトロる程度の半熟具合、味付けは薄めで個人的には好みな作り。
もやしは適度にボイルされておりシャキシャキ感良好、つけ汁との相性も味噌という事もあり良好ですね。
チャーシューは脂身2割程のバラが2枚、簡単に歯で噛み切れるぐらいの柔らかさで良いですね。
味付けは薄めで脂の甘味と肉の旨味を感じられる、厚みがあって2枚入りなので量的にも満足出来ます。
糸唐辛子は飾りとしての意味合いが強いですね、単体で少し食べてみましたが辛味は弱めでした。
薬味のネギは白ネギで投入量は普通、シャキシャキ感と適度な辛味が出ており薬味として機能している。


麺量はおよそ300g程度ですかね、具材も豊富で麺と合わせて量はありましたが7分程度で完食。
スープ割りは試してみたかったですが、連食予定だったので見送らせて頂きました。
総評としては甘味の出た特徴的な辛味噌つけ麺、白味噌由来の甘味で嫌な甘味じゃなく個性的で良かったです。
900円という値段はやや高めな印象ですが、麺の量と具材の量を考えると妥当かややお得なぐらいですね。
食べ終わる頃には来客が10名以上になっており、地元での人気はあるみたいですね。
今回のつけ麺が美味かったのでデフォルトのラーメンを是非とも食べたくなりましたね。

採点的には90点!ですね、ご馳走様でした。

沖縄県豊見城市字名嘉地333 1F

Category: ラーメン:豊見城市

Tags : 沖縄 豊見城 つけ麺 味噌 だるま 90点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る