2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

麺屋 シロサキ:期間限定 煮干豚骨醤油らーめん

 【05//2016】

訪問日:8/21
訪問時刻:13時50分頃
店内状況:先客2名
値段:780円
注文:口頭注文・後払い制
形態:限定メニュー
ベース:豚、煮干
タレ:醤油
提供時間:約6分

20161105-3.jpg

20161105.jpg

ベースの豚骨は先ほどと同じくトロみのあるタイプ、大量の鰹節からの節の香りと煮干の魚介系の旨味が追従してくる。
豚骨の旨味の合間から顔を覗かせる煮干は主張は強くなく、フワッと存在感を感じさせる作り。
節煮干の魚介感の恩恵があるので、こちらも豚骨のこってり感や重みが上手く軽減されている。
塩分濃度はやや高めな印象も許容範囲内で良好、塩気の尖りも特に感じられませんね。

20161105-2.jpg

麺は先ほどと同じ少しウェーブの入った中太麺、スープとの絡みも良好ですね。


具材は半玉、海苔、キクラゲ、水菜、チャーシュー、鰹節、ネギの構成でビジュアル不足感はなし。
鰹節以外の具材は前食の物にも乗っており、感想は概ね同じ物になるので割愛。
鰹節はスープを吸って香りと旨味を放出する事で魚の旨味の印象を強化する事に貢献。
口に入る鰹節の量によって魚介の強弱に変化が出るので、味変的な役割も果たしていて面白い。


麺量はおよそ150g程度ですかね、二食目ですが特に問題はなく7分程度で完食。
総評としては豚骨と魚介系のよくある組み合わせ、豚骨よりも節煮干がやや強めのあっさり寄りですね。
シロサキらしいチューニングの一杯で、どちらも過主張はせずに調和を重視したバランス構成でした。
店内連食を敢行したが両方共に満足行く一杯で、ここに来ると良い気分で帰らせてくれる期待を裏切りません。
秋の限定も試作を開始しているとの事で次の訪問が楽しみですね。

採点的には87点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサーサイト



Category: ラーメン:読谷村

Tags : 沖縄 読谷

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

麺屋 シロサキ:期間限定 辛豚骨らーめん

 【04//2016】

訪問日:8/21
訪問時刻:13時50分頃
店内状況:先客2名
値段:780円
注文:口頭注文・後払い制
形態:限定メニュー
ベース:豚
タレ:醤油
提供時間:約6分

20161104.jpg

しっかりとしたコクとトロみのある豚骨をベースに、香ばしい辣油が舌と鼻を刺激する一杯。
辣油は辛さはそれほど強くはなく、前途の通りに香辛料の香りが強めなタイプですね。
豚骨のこってりとした感じを辛さが上手く消してくれるので、豚骨主体だが重さを感じさせない仕上がり。
塩分濃度はやや高めながらも許容範囲内で良好、塩気の尖りもとくには感じられませんね。

20161104-2.jpg

麺は中加水程度の軽くウェーブの入った中太麺、プリッとした弾力が特徴的な麺ですね。
スープとの絡みは比較的良好、豚骨のトロみもあるので絡みは良く小麦感とのバランスが取れている。


具材は味玉、海苔、キクラゲ、水菜、チャーシュー、ネギ、糸唐辛子の構成でビジュアル不足なし。
味玉は黄身やや硬めのハード寄りの半熟、味付けは適度で仄かに甘味が感じられ美味い。
海苔はパリパリ感良好、スープの吸い込みや香りも良く個人的に好きなタイプの海苔ですね。
キクラゲは細長タイプでコリコリ感良好、ベースが豚骨という事もあり相性に関しては言うまでもなく。
水菜はシャキシャキ食感と青味要員として視覚効果良好、こちらも相性自体は良いですね。
チャーシューはバラロールが1枚、脂身のトロっとした感じと肉の柔らかさが非常に良い出来栄え。
ネギは白で繊維強めで食感良好、ネギの香りもしっかりと感じられるが辛味は控え目で薬味として良い仕事ぶり。
糸唐辛子は単体だとそこそこ辛さは感じるが、麺やスープと食べる事で目立たなくなる感じですね。


麺量はおよそ150g程度ですかね、量的には全く苦はなく6分程度で完食。
総評としては豚骨の旨味を活かしながら、辣油からのスパイスの香り等で脂の重さを上手く軽減させた一杯。
香りは強いが辛味は控え目なここの辣油とは個人的に相性が良い様で、辛系メニューの評価高くなってますね。
本来はデフォは半玉なのに、毎度味玉1個分にしていただきましてありがとうございます。
ここまで来たので毎度お馴染みの店内連食を敢行。

採点的には90点!ですね、ご馳走様でした。

Category: ラーメン:読谷村

Tags : 沖縄 読谷 ラーメン 豚骨醤油 シロサキ 90点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

麺屋 シロサキ:裏メニュー 梅塩らーめん

 【19//2016】

訪問日:7/5
訪問時刻:13時20分頃
店内状況:先客3名
値段:750円
注文:口頭注文・後払い制
形態:裏メニュー
ベース:鶏、魚介
タレ:
提供時間:約6分

20160719.jpg

鶏+魚介の清湯に梅肉を合わせた、非常に爽やかな香りと軽い酸味を感じるシャバ系。
元々のベース自体があっさりとしているが、梅が加わる事で更にスッキリとしてグビグビとイケる系統。
今回の梅も前食の海老と同じで、あくまでも味変ギミックは出汁の合間から顔を覗かせる程度の主張。
これはお店の制作コンセプトなんでしょうね、出汁に自信があってそれを覆い隠す事は出来るだけ避けたい感じ。
散りばめられた大葉の香りも更に爽やかさを増す効果があり、誰にでも抵抗なく受け入れられそう。
分濃度はほんの少し高めだが許容範囲内で良好、気の尖りは特に感じられませんね。

20160719-2.jpg

麺は前食と同じ加水率やや高めで軽くウェーブの入った中太麺、プリッとした弾力が特徴的。
スープとの絡みは比較的良好、麺の主張がやや強めな印象はあるがバランス的には全く問題なし。


具材は半玉、海苔、水菜、昆布、チャーシュー、梅肉、大葉、ネギの構成、ビジュアル不足感は皆無。
半玉、海苔、水菜、チャーシュー、ネギは前食と概ね同じ様な評価なので今回は割愛。
海苔に関しては前食の豚骨ベースの方が吸った時の相性は良い感じですかね。
昆布は細めに切り揃えられた物で、噛んだ時の食感と昆布の味がスープに広がる感じが良いですね。
白湯だと昆布の感じはあまり感じ取れなかっただろうと考えると、清湯ならではの組み合わせですね。
梅肉は単体では充分な酸味を感じさせるが、スープに溶かしていくと優しい酸味程度に収まりますね。
爽やかな梅の香りと軽い酸味、そこに大葉が合わさる事で相乗効果で高めあっている感じですね。


麺量はおよそ150g程度ですかね、二食目ですが量的には特に苦もなく7分程度で完食。
総評としては元々あっさりとしているラーメンに梅が合わさる事で更にスッキリとした余韻を感じさせる一杯。
個人的にはどうしても動物系のこってり感がもう少し欲しいが、清湯のとしては充分満足出来る仕上がり。
裏メニューなので提供出来るかは当日次第で要確認だが、是非とも堪能して欲しい一杯ですね。
3週連続での訪問となりましたが毎度楽しませてもらいましたね。

採点的には85点!ですね、ご馳走様でした。

Category: ラーメン:読谷村

Tags : 沖縄 読谷 ラーメン シロサキ 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

麺屋 シロサキ:期間限定 えび塩豚骨らーめん

 【18//2016】

訪問日:7/5
訪問時刻:13時20分頃
店内状況:先客3名
値段:780円
注文:口頭注文・後払い制
形態:限定メニュー
ベース:鶏、豚
タレ:塩
提供時間:約8分

20160718-2.jpg

20160718.jpg

トロみのある乳化豚骨ベースに海老油からの海老ちゃんが奥からやってくる展開の一杯。
1周年記念の清湯と比較すると白湯という事もあってか、海老の感じは少し控え目かな。
白湯好きな自分としては動物系の出汁感強めな事もあって好印象。
塩分濃度はやや高めながらも許容範囲内で良好、塩気の尖りは特に感じません。

20160718-3.jpg

麺はやや加水率高めで軽くウェーブの入った中太麺、プリっとした弾力が特徴的ですね。
スープとの絡みは良好、トロみのあるスープと豚出汁に負けない麺の主張でバランスが取れている。


具材は半玉、海苔、水菜、キクラゲ、チャーシュー、桜海老、ネギの構成、ビジュアル不足感はなし。
半玉は黄身がほんの少しトロる程度の半熟具合、味付けはしっかり目だが濃すぎず仄かに感じる醤油の風味が良好。
海苔は正方形が1枚、適度なパリパリ感に良好なスープの吸い込みと香りも良く○
水菜はシャキシャキの食感と貴重な視覚面での青味要員として貢献、豚骨との相性もなかなか良い感じ。
キクラゲはコリコリ感それなりで投入量は普通、豚骨ベースなので相性に関しては言う事なし。
チャーシューはバラが1枚、味付け薄めで肉自体の旨味が感じられ箸で簡単に解れる柔らかさで美味い。
桜海老はピンク色が美しく映えますね、海老感の追加補助としても機能しており良い働きぶり。
ネギは白で投入量は多め、辛味はそこまで強くはないが香りと食感は良好で薬味として機能している。


麺量はおよそ150g程度ですかね、量的には特に苦もなく7分程度で完食。
総評としては豚骨のこってり感のある旨味に軽く海老が香る、メニュー名通りの一杯。
白湯ベースなので前回の清湯よりも個人的には好みな仕上がりでした。
もう少し塩気が弱めなら更に良かったかなという感じですが、非常にレベルの高い一杯でした。
味だけでなく盛り付けも美しく丁寧な仕事ぶりが伺える、いつ訪問しても安心ですね。
サービスで提供していただいた餃子も非常に美味しかったです、豚骨スープを使っているとの事で動物系のコクが強く感じた。

20160718-4.jpg

せっかく訪問したので前回と同じく店内連食を決行。

採点的には89点!ですね、ご馳走様でした。

Category: ラーメン:読谷村

Tags : 沖縄 読谷 ラーメン 塩豚骨 シロサキ 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

麺屋 シロサキ:裏メニュー 柚子塩豚骨らーめん

 【08//2016】

訪問日:6/26
訪問時刻:12時05分頃
店内状況:先客4名
値段:750円
注文:口頭注文・後払い制
形態:裏メニュー
ベース:鶏、豚
タレ:塩
提供時間:約5分

20160708-2.jpg

20160708-3.jpg

20160708-4.jpg

20160708.jpg

トロみのある豚骨をベースにしたライトドロンジョ系塩豚骨、柚子の香りが心地良いですね。
動物系の濃厚感やコクはあるが、柚子の恩恵もあり重ったるさは感じさせない作りですね。
塩分濃度は高めながらも許容範囲内で良好、塩気の尖りはほんの少しだけ感じるが問題はないレベル。

20160708-5.jpg

麺は先ほどの海老塩と同じ中太麺かな、さっきよりもほんの少しだけ柔めに感じるのは気のせいかな?
スープとの絡みは良好、少し粘度のある豚骨が麺にしっかりと絡み付きますね。


具材は半玉、海苔、キクラゲ、チャーシュー、ネギ2種の構成、ビジュアル不足感はなし。
半玉、海苔、チャーシューに関しては先ほどと同じ物なので割愛させていただきますかね。
キクラゲは細長タイプでコリコリ感良好、投入量は普通で豚骨ベースなので相性は非常に良い。
ネギは白髪と青のダブル、白髪の食感の強さや青の香りの強さとそれぞれの個性が出ていて良好。


麺量はおよそ150g程度ですかね、二杯目ですが量的には全く苦はなく7分程度で完食。
総評としては豚骨の濃厚さを感じさせながらも柚子で上手く重くなる事を回避した塩豚骨
塩分濃度が少し高めで個人的にはもう少し薄い方が好みだが、微妙な差なので誤差程度の物なのかな。
柚子塩らーめんはデフォメニューで存在するのですが、それは清湯ベースなんですよね。
今回の白湯は以前に限定で出してたものでメニューに載ってないのですが、出来るか聞いたらやってくれました。
お店側の対応に心から感謝です、こういう所も素敵なお店で大満足でした。
他にも裏メニューで梅塩もあるので次回は挑戦してみたいですね。

採点的には85点!ですね、ご馳走様でした。

Category: ラーメン:読谷村

Tags : 沖縄 読谷 ラーメン 塩豚骨 シロサキ 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

麺屋 シロサキ:1周年限定 海老塩ラーメン

 【07//2016】

訪問日:6/26
訪問時刻:12時05分頃
店内状況:先客4名
値段:780円
注文:口頭注文・後払い制
形態:限定メニュー
ベース:鶏、節、海老
タレ:
提供時間:約6分

20160707-2.jpg

20160707.jpg

鶏、魚介、海老で構成された淡麗なシャバ系海老ラーメン
鶏と魚介は半々程度の印象でそこに海老がふわりと香ってくる、海老の主張は上品系で強烈なタイプではない。
分濃度は適正値で良い梅、気の尖りは全く感じられませんね。

20160707-3.jpg

麺は加水率やや高めで軽くウェーブの入った感じの中太麺、モチ感と弾力ある跳ね返りが心地良い麺ですね。
スープとの絡みは良好、口内での麺の小麦感とスープの出汁感や気とのバランスが良い。


具材は味玉、海苔、水菜、昆布、チャーシュー、ネギの構成、ビジュアル不足感はなし。
味玉は黄身が完全に半凝固したもの、醤油の風味が香るが味付けは薄めで良い塩梅。
海苔は正方形カットの物が1枚でパリパリ感良好、海苔の繊維と香り共に感じられて良好。
水菜はシャキシャキとした食感が心地良い、画像では隠れているが青味要員としてビジュアル面でも貢献。
昆布は細長く切られた物で非常に柔らかい仕上がり、相性はどうかと思いましたが意外とイケてる。
チャーシューはバラが1枚で箸で簡単に解れる程度で柔らかい、脂身のトロっとした感じも非常に美味い。
味付けは薄めでしっかりと肉自体の味が感じられる、大きさ的にも充分ですね。
ネギは投入量多めの白、ネギの食感・香り・辛味が強すぎず弱すぎず良いバランス感で薬味として機能している。


麺量はおよそ150g程度ですかね、量的にはまったく苦もなく6分程度で完食。
ベースはシロサキのデフォの塩ラーメンの物と思われるが、そこに上手く海老を合わせた一杯。
鶏・魚介・海老がそれぞれ邪魔をせずに個々の主張を引き立てあっていて非常に良かった。
味玉は店主さんがサービスしてくれた物で感謝、まだ3回目の訪問なのに完全に覚えられてますな。
せっかくここまで来たので店内連食を敢行。

採点的には87点!ですね、次回に続く…w

Category: ラーメン:読谷村

Tags : 沖縄 読谷 ラーメン シロサキ 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

麺屋 シロサキ:期間限定 辛つけ麺

 【26//2016】

訪問日:6/19
訪問時刻:13時50分頃
店内状況:先客6名
値段:800円
注文:口頭注文・後払い制
形態:限定メニュー
ベース:鶏、豚
タレ:醤油
提供時間:約8分

20160626-2.jpg

20160626-3.jpg

麺や Gochiからの連食訪問となります。

20160626.jpg

鶏豚混合動物系ベースに辣油の辛味が効いた、名前通りの比較的シンプルな辛つけ麺

20160626-5.jpg

豚が強めでそれ由来と思われる独特のトロみのあるつけ汁で舌に旨味が貼り付く感じが良いですね。
匂いが非常に香ばしいのも好印象、後に大将に聞いた話だとニンニク等の香辛料を効かせているとの事でした。
見た目はかなり辛そうな色合いではあるが、実際には辛さは優しめで非常に食べやすい。
軽く舌にピリっと来る程度の刺激と発汗を促す感じで辛さ耐性低めの人でも案外大丈夫そう。

20160626-4.jpg

麺は多加水の中細ストレート麺、滑らかでプリっとした食感で個人的に大好きなタイプの麺。
つけ汁との絡みは良好、軽くトロみが付いているので麺にもしっかりと絡んでバランスが取れている。


具材は半玉、海苔、もやし、水菜、チャーシューの構成、ビジュアル不足はないですね。
半玉は黄身が固まり始め程度の半熟具合、軽く醤油の香りを感じられるが薄味で良い塩梅。
海苔は正方形カットの物でパリパリ感良好、海苔の香りもしっかりと感じられつけ汁に浸しても破れない繊維の強さも○
もやしはごま油と合わせて下味を付けたナムル系、適度なシャキシャキ感で辛つけ麺とは相性の良い味付けですね。
水菜は貴重な青味要員、独特の香りとパリパリとした食感がアクセントとなっていて美味い。
チャーシューはバラロールタイプが1枚、箸で簡単に切れる柔らかさで素晴らしい。
味付けも薄めで噛むと肉自体の旨味が出てくる、バラにしては脂身が少なく軽いのも良いですな。
つけ汁内に柚子皮も入っていた気がするけど、こっちはあまり自信がないのでスルーしますw


麺量はおよそ180g程度ですかね、二軒目ですが量的には特に苦はなく7分程度で完食。
スープ割をしたい気持ちには駆られますが、次の予定もあるので腹を膨らませるのは回避で我慢。
総評としては比較的スタンダードな辛つけ麺だが、香ばしい匂いの効きが非常に味があって良かった。
個々の具材の質の高さに盛り付けも非常に美しく、丁寧な仕事ぶりが見て取れる。
旨味の中に辛さが感じられるタイプで、辛さの中から旨味を探すタイプではない(似て否なる)のも好印象。
ここではK氏はつけ麺、E氏は塩ラーメンを注文し二人とも満足されていました。
来週に1周年記念限定で海老塩を出す予定との事なので、来週もどうにかして訪問したいですね。
まだ2回しか訪問してないが自分の中では既にお気に入り登録済の良いお店です。

採点的には90点!ですね、ご馳走様でした。

Category: ラーメン:読谷村

Tags : 沖縄 読谷 つけ麺 豚骨醤油 シロサキ 90点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

麺屋あぐり:期間限定 海老味噌つけ麺

 【07//2015】

訪問日:9/20
訪問時刻:13時15分頃
店内状況:先客3人
値段:850円
注文:口頭注文・後払い制
形態:期間限定メニュー
ベース:豚骨、海老
タレ:味噌
提供時間:約7~8分

20151007.jpg

麺屋 はちれんからの連食訪問となります。

20151007-3.jpg

濃度と粘度の高い白濁豚骨をベースに、海老出汁を合わせた感じのヘビードロンジョ系つけ汁。
メニュー名は海老味噌となっているが、味噌感はそこまで強くはなく軽めに感じる程度ですね。
豚骨は乳化度が高くドロっとした粘度の高さも加わり濃い豚の出汁感で重厚感がありますね。
海老出汁も殻から抽出した香りが強く濃度の高い系統で強い豚骨に強い海老をぶつけていく競り合いタイプ。
塩分濃度はやや高めだが許容範囲内で良好、塩気の尖りは特には感じられませんね。

20151007-4.jpg

麺は魚粉練り込みという加水率少し高めの中太ストレート麺、独特な粘り気を感じるムッチリ系の麺。
悪くはないんですけども、個人的にはここまで粘りの強い麺よりは普通のモチ麺とかの方が好きかな。
つけ汁との絡みは良好、ヘビドロ系のつけ汁がしっかりと絡んできますね。


20151007-2.jpg

具材は麺の器にハーフの味玉、海苔、メンマ、ナルト、炙りチャーシュー、大葉、つけ汁にネギの構成で具材豊富。
味玉は黄身がトロトロの半熟具合、醤油の香りは感じるが味付け自体は薄めで非常に良い塩梅で結構好き。
海苔は正方形カットの大きなものが1枚、パリパリ感と繊維強めで香りも強く個人的に好きなタイプ。
メンマはコリコリ感普通ぐらい、味付けは割とプレーンでメンマの風味が強く出たタイプ。
ナルトは特筆はないが身の甘味が箸休めとして機能、アングルの問題で目立たないがビジュアル面の効果も○
チャーシューは炙りのバラロールが1枚、脂は炙りでほとんど落ちているので脂の重さはないですね。
身は炙りの効果で少し硬さが出てきてはいるが、それでも箸で普通に切れるので柔らかさの問題はなし。
大葉は細切りの物で爽やかな香りが特徴的、ただ匂いの主張が強いので別になくても良かったかな。


麺量はおよそ180g程度ですかね、三軒目なので少し重さもありましたが10分程度で完食。
スープ割が卓上のポットで自分で割るスタイル、胃のキャパの問題もあり残す可能性があったので回避。
総評としては海老感をしっかりと活かした濃厚なつけ麺味噌感はそこまででしたが海老の冠に恥じない一杯。
濃厚系は結構好きなのでつけ汁は好みなんですけど、麺の粘りと大葉の香りの強さが少し引っかかったかな。
それ以外は気になる所も特になくレベルの高い一杯で、個人的に好きな海老の強さが好印象でした。
読谷三連食は満足度の高い物ばかりで非常に満足出来ました。

採点的には75点!ですね、ご馳走様でした。

Category: ラーメン:読谷村

Tags : 沖縄 読谷 つけ麺 海老 味噌 あぐり 70点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

麺屋 はちれん:八層麺

 【06//2015】

訪問日:9/20
訪問時刻:12時10分頃
店内状況:先客10人以上+外待ち6人
値段:680円+100円(味玉)
注文:食券制
形態:通常メニュー
ベース:鶏、豚、節
タレ:塩
提供時間:約11~12分(外待ち8~9分)

20151006.jpg

麺屋 シロサキからの連食訪問となります。
豚主体の動物系と節出汁を合わせたシャバ系、動物系と節出汁の比率は1:9ぐらいかな。
非常にあっさりとした作りではあるが出汁の旨味は詰まっていますね、個人的にはもう少し動物系強くても良いけど。
八層というのは八種類の香りが重なって香るという事みたいですね、確かにかなり香りは良いです。
多分全種当てるのは無理でしょうけど、節粉・胡椒・柚子辺りはしっかりと感じられました。
塩分濃度は適正値で良い塩梅、塩気の尖りは感じられませんね。

20151006-2.jpg

麺は加水率高めの中細麺、モッチリとした食感が強めに出た麺ですね。
スープとの絡みはなかなか良好、麺の方が少し強い印象もあるがバランス的には全く問題なし。


具材は味玉、海苔、ナルト、挽肉、ネギ、糸唐辛子の構成、ビジュアルは良好ですね。
味玉は黄身がほぼ液状の生に近いタイプ、白身も軽く固まった程度でプルプル、味付けはほぼプレーン。
海苔は大きめの正方形カットの物が2枚、パリパリ感しっかり目で海苔の香りも強くて良い海苔ですね。
ナルトは特筆はないですが中央で輝くビジュアル、身の甘味が箸休めとして機能している。
挽肉は投入量多め、スープを吸いこんで肉自体の旨味がスープと一緒に出てくる。
肉自体の味付けはほぼプレーンに近い薄味、スープがシャバなので底に溜まって拾い難いのだけが難点かなw
ネギは白髪と青の2種類、白髪のシャキシャキ食感と適度な辛味が薬味として機能している。
青は投入量自体がかなり少なく、ほとんど青味の提供のビジュアル面での役割ですかね。
糸唐辛子も単体では辛味は特にないのでビジュアル面を考慮して乗せられている感じですかね。


麺量はおよそ150g程度ですかね、物凄く熱々だったので少し時間が掛かって10分程度で完食。
総評としては魚介強めの豚骨魚介系、またおま感も多少はあるがあっさりとしていて万人受けする系統。
メニュー説明通り香りはとても良く、麺を啜るごとに鼻から抜けていく香りのインパクトが強かった。
味玉無しで680円だとビジュアル不足感ありそうだけど、味玉付き780円だと不満のない見た目に仕上がってるかな。
らーめん まるよしの姉妹店らしく、ラーメンの雰囲気は割りと似ていました。
前食と同じく結構レベルが高く機会があれば寄りたいお店ですね。

採点的には80点!ですね、ご馳走様でした。

Category: ラーメン:読谷村

Tags : 沖縄 読谷 ラーメン 豚骨醤油 はちれん 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

麺屋 シロサキ:数量限定 豚骨醤油

 【05//2015】

訪問日:9/20
訪問時刻:11時40分頃
店内状況:先客6人
値段:750円+100円(海苔)
注文:口頭注文・後払い制
形態:通常メニュー(数量限定)
ベース:豚骨
タレ:醤油
提供時間:約7~8分

20151005.jpg

乳化した白濁豚骨をベースに旨味の強い醤油を合わせたシンプルなライトドロンジョ系豚骨醤油。
豚はしっかりと旨味が抽出されているが乳化度の割には脂っぽさはそこまで強くなく、臭みのないクリーミー系。
醤油は塩気の尖りとは無縁で角がなく円やかで旨味が強く、出汁との噛み合わせも良く豚骨醤油にしては上品な作り。
塩分濃度は少し高めだが許容範囲内で豚骨醤油らしく良好、塩気の尖りは前途の通り皆無。

20151005-2.jpg

麺は加水率やや高めのウェーブの掛かった中細麺、コシとモチ感のバランスが良いですね。
スープとの絡みはなかなか良好、麺の存在感がやや優勢ながらもバランス的には問題なし。


具材はハーフの味玉、もやし、海苔、キクラゲ、チャーシュー、ネギの構成、種類は充分でビジュアル良好。
味玉は黄身がゼリー状になった感じの半熟具合、味付けは薄めだが醤油の香りがしっかりと乗ってて美味い。
もやしはボイルタイプで投入量自体は普通、シャキシャキの食感が心地良くて良いですね。
海苔はトッピングで追加したので7枚入り、通常が1枚だと考えると100円で6枚なのでCPは良いんじゃないかな。
正方形カットの大きめの海苔で豚骨の旨味をしっかりと吸い込み、海苔の香りもしっかりと感じられて素晴らしい。
ご飯は注文しなかったけど、このスープの吸い込み具合だとご飯と一緒に食ったら最高に美味そう。
キクラゲは細長いカットの物でコリコリ感しっかり目、豚骨スープとの相性は言うまでもなく最高。
チャーシューはバラロールが1枚でプルプルした脂身3割程度、肉自体も柔らかく簡単に箸で切れる系。
味付けは適度で良い塩梅、肉自体の旨味と脂身の甘味がしっかりと溶け出てくる良いチャーシュー。
ネギは白と青の混成、白の食感と辛味に青の香りがそれぞれ機能していて薬味として良い仕事ぶり。


麺量はおよそ150g程度ですかね、当日の一軒目という事で量的に苦もなく5分少々で完食。
総評としては豚の旨味と醤油自体の旨味がしっかりと合わさった上品系の豚骨醤油でレベルの高さを感じる一杯。
初訪問店ではありますが、今回の一杯から感じたポテンシャルから想定するに他のメニューも外れはまずなさそう。
基本的にこのエリアに来る事はないので、次の訪問がいつになるかは分からないですが近くに来る時は狙いたい店ですね。
今回はシルバーウィークの4日間バス乗り放題のチケットが手に入ったので、ぶらり旅ついでに遠征しているだけなのでw
なのでここから暫くのレポは普段行かない店を攻めるシリーズになっております。

採点的には87点!ですね、ご馳走様でした。

Category: ラーメン:読谷村

Tags : 沖縄 読谷 ラーメン 豚骨醤油 シロサキ 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る