2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

カテゴリ:ラーメン:南風原町 の記事リスト(エントリー順)

麺屋 虎威原:鰹香味つけ麺

 【11//2016】

訪問日:7/26
訪問時刻:16時30分頃
店内状況:先客3名
値段:900円
注文:食券制
形態:通常メニュー
ベース:鶏、節
タレ:醤油
提供時間:約10分

20160811-4.jpg

20160811.jpg

琉球チルダイからの連食訪問となります。
名称こそ鰹香味つけ麺となってはいるが、動物系である鶏白湯の濃度も効いたつけ汁。

20160811-5.jpg

味の印象からの鶏と節のバランス的にはほぼ半々~やや節が強いぐらいかな。
甘辛酸もつけ麺らしくそれなりに効いているが強すぎず良いぐらい、酸味>甘味>辛味といった感じ。
塩分濃度はやや高めながらも許容範囲内で良好、塩気の尖りも感じられませんね。

20160811-3.jpg

麺は多加水の中太ストレート麺、多加水らしい滑らかさとモチ感を感じられる麺で特につけ麺に向いている印象。
つけ汁との絡みは良好、つけ汁の甘辛酸を含んだ旨味と麺の小麦とのバランスが良いですね。


20160811-2.jpg

具材は麺の器に味玉、刻み海苔、もやし、キャベツ、キクラゲ、チャーシュー、カットレモンの構成。
つけ汁の方には大量のネギが投入されている、ビジュアル不足感はないかな。
味玉は黄身がほぼ固まりかけな感じの半熟具合、醤油の風味と甘味が感じられて美味い。
刻み海苔はパリパリ感と海苔の風味良好、ただ個人的にはつけ麺の場合は海苔は大判の方が好き。
もやしとキャベツはボイルタイプでややクタめ、つけ汁との相性良く噛み合いの良い具材ですね。
キクラゲはコリコリ感強めの細長タイプ、節出汁だけだと物足りないだろうが動物系の強さもあるので相性は○
チャーシューは炙りを入れたバラが1枚、炙りの恩恵で香りが非常に良く無駄な脂もカットされている。
脂身部分のトロトロ感と身の柔らかさも良い感じ、味付け薄めで肉自体の味を堪能出来ます。
カットレモンは途中から絞り入れる事で柑橘系の爽やかな酸味を提供、味変アイテムとして効果的な機能性。
ネギは白で少し幅を持たせたカットで食感を強く感じさせる、辛味は強くないが適度に感じられて薬味として機能。


麺量はおよそ200g程度ですかね、二軒目ですが量的には特に苦もなく10分程度で完食。
総評としてはメニュー名から節出汁主体のつけ麺と思われたが、案外動物系も効いた濃厚系のWスープつけ麺
メニュー名からの先入観を考えるともっと鰹が効いた一杯でもいい気はするが、これはこれで美味いのでOKかなと。
白虎系列の店舗の麺は個人的にはつけ麺向きの印象がありましたが、今回でそれをより強く感じましたかね。
つけ汁に入っている白胡麻の香りもなかなか効いていて良いアクセントで、トータルでの完成度は高いと思います。
次の機会があれば午前中限定のあっさり醤油に挑戦したいですね。

採点的には82点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサーサイト



Category: ラーメン:南風原町

Tags : 沖縄 南風原 つけ麺 豚骨魚介 虎威原 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

麺屋 虎威原:厚切りチャーシューメン

 【23//2016】

訪問日:6/16
訪問時刻:17時50分頃
店内状況:先客なし
値段:950円
注文:食券制
形態:通常メニュー
ベース:節、鶏
タレ:醤油
提供時間:約8分

20160623-2.jpg

20160623.jpg

琉球チルダイからの連食訪問となります。
見た目は動物系の強そうな印象だが、初動は圧倒的に節系出汁優勢で動物系は後方を支える感じ。
鰹節や鯖節などの節系出汁8:2動物系という印象、動物系はクセのなさを考えると鶏白湯かな。
節の味と香りを感じた後に動物系のコクのある旨味と醤油の塩気と風味が追従する展開。
塩分濃度はやや高めながらも許容範囲内で良好、塩気の尖りは感じられませんね。

20160623-3.jpg

麺は多加水の中太ストレート麺、適度なコシとモチプリ感を感じられる麺で好きなタイプ。
スープとの絡みは良好、節系の強さに負けない麺の小麦を感じられてバランスは取れている。


具材は海苔、もやし、キクラゲ、チャーシュー、ネギの構成、ビジュアル不足感はなし。
海苔は大判の物が3枚でパリパリ感良好、海苔の香りと食感もしっかりと楽しめ非常に好き。
もやしは軽くボイルしたタイプでシャキシャキ感良好、スープとの相性も良い感じですね。
キクラゲは細長いカットの物でコリコリ感良好、王道の豚骨との組み合わせではないが相性は意外と良い感じ。
チャーシューは厚切りのバラ肉が3個(枚ではない)、メニュー名を裏切らない分厚さで素晴らしい。
脂身のトロトロ感、適度に感じる身の弾力、薄めの味付けで肉自体の旨味が感じられて非常に良い。
惜しまれるのは脂身の比率が高いので、炙りを入れてある程度落としていても終盤脂の重みが胃に来る事かな。
ネギは長ネギの緑部分やや多めな感じで投入量多め、ネギの繊維と香りが歯で噛み潰すとしっかりと広がる。
ネギの爽やかさが脂感のリセットに貢献も、やはり肉自体の脂身が多いので完全には消しきれずかな。


麺量はおよそ160g程度ですかね、二軒目ですが少し時間を空けた事もあり全く苦はなく10分程度で完食。
総評としてはメニュー名通りの厚切りチャーシューメン、大きさ・厚み・数のどれも期待を裏切らない。
ただ、前途の通りに脂身の支配力が強いので、脂身が苦手な方は絶対に注文してはいけないタイプかな。
自分は割と脂身平気で食える方ですが、それでも終盤に重みを感じたので結構ハードですよ。
脂の影響を受けずに一杯を楽しむのであれば、通常の醤油ラーメンを注文すれば良いと思います。
今回の訪問でらぁふぇす南部の6件目をクリア、あとは琉球新麺 久だけで南部はコンプリートですね。
中部エリアの方があまり進んでいないので、今後は中部方面を攻める展開が多くなるかな。
初訪問の店舗でしたが他のメニューも気になるので再度訪問したいですね。

採点的には78点!ですね、ご馳走様でした。

沖縄県島尻郡南風原町兼城713

Category: ラーメン:南風原町

Tags : 沖縄 南風原 ラーメン 豚骨魚介 虎威原 70点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る