2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

麺屋武蔵 武仁:カリーつけ麺

 【24//2015】

友人と遊ぶために秋葉原へと突撃、せっかく外出した訳ですからラー食をしない訳にはいかない
という訳で友人を拉致ってこちらへと訪問、浅草の江戸きんさんも訪問した事はあったんですけど
いまいちパッとしない印象だったのを覚えていますね、移転によって劇的な変化があったのか楽しみです。
ココイチの隣にカレー系を出すラーメン屋ですか、なかなかシュールな立地選びですね…


訪問時刻は19時頃で客入りはなかなか、私達が入った時にちょうど満席になりましたね。
店内の券売機にて私はカレーつけ麺の食券を購入、友人は武仁麺の食券を購入。
無料で大盛りに出来ますがとの声掛けをいただいたので、当然ながら大盛りで注文させていただきました。
えどきんの時は活気がなくてダラダラした印象だったんですが、店員さんの動きと活気は良くなってますね。
武蔵系特有の湯切りの掛け声も出るようになっていて、移転によって店内の空気が良くなったのは確かです。
友人の頼んだ武仁麺の方が約7分ほどで到着、それから2分ほど遅れて注文したカリーつけ麺が到着。
つけ汁はカレー系らしい見た目、麺の器の方に具材が載っていますがなかなか個性的ですね。
それでは写真を撮影して実食です!まずはつけ汁から一口頂きます…

20150224-3.jpg

まず最初にカレーの味わいですが口内に広がりますが、ベースの出汁も感じられてバランスはなかなか良い。
ベーススープは恐らく豚骨魚介でしょうが動物系はあまり感じられず魚介系の出汁が強いですね。
魚介系出汁を感じるので和風カレーの印象を受けますね、辛さとスパイスの刺激も比較的弱め。
カレー系のラーメンを出す時に一番のネックはカレーの強烈すぎる存在感。
ベースのスープだけでなく具材などにも影響を与えてしまう事が多いですからね。
つけ麺の場合は更に酢・砂糖も投入されているので味が乱雑になりがちですが、上手い配分ですね。
つけ汁はカレー系にしては粘度は低目で比較的シャバ傾向なつけ汁。
麺は加水率高めなツルツルとした食感が強い中太ストレート麺、コシもなかなかで美味しい麺ですね。
つけ汁の粘度が低いので麺との絡みを少し心配はしましたが、ちゃんと持ち上げてくれて絡みも良好。
麺の上に載っている卵を崩して麺と絡めてつけ汁に浸すと、口当たりが少しまろやかさになりますね。
麺量は大盛りですがそこまで多い訳では無いですね、茹で前で300gぐらいでしょうかね。


具材は千切りキャベツ、豚バラ肉、卵黄、味玉、雷おこしの様な物の構成。
具材として疑問符のキャベツの千切りでしたが、つけ汁に意外と合いますね。
麺と一緒につけ汁に絡めて食すとシャキシャキとした食感が感覚としては面白い、食べる楽しさはある。
キャベツには黒いソー油がかかっており、つけ汁にコクや濃さを足してくれる役割も与えてますね。
つけ汁は徐々に味が薄れてくるので、このアイディアは個人的には悪くないと思いますよ。
ちなみにマー油+ソース=ソー油らしいです、カレー+ソースと似たような効果狙いですかね。


豚バラ肉は甘めの味付けで個人的には単品でご飯と食べたかったりw
カレーなのにつけ汁に甘みが出てしまうので、もうちょっとプレーンな感じの方が良いかな。
相性自体が物凄く悪いという訳では無いけども改善の余地ありかなー。
卵黄は上の麺との絡みで書いた通り、味玉は半熟トロトロで味付けも薄めで旨いです。
そして一番の異色具材である雷おこしさん、真っ白な見た目通り甘さはちゃんと抜いてくれてますw
つけ汁に溶けてくれる訳でも無いのでこいつはなかなか食べ辛い。
こいつは悪くはないんだけど、メニューに合ってるかと言われれば疑問符ですね。


スープ割を注文すると小さな器に入れられた割スープが提供されます。
普通のスープ割とは少し違って、表面に白いものが浮いていてトロミと甘みがあります。
スープ割は特筆は無く普通、カレーのつけ汁なのでやはりご飯割の方が良いと思います。
武蔵系列らしく麺・スープ・具材共に基礎土台はしっかりしていて旨い、大きく外れる事は無いですね。
後は武蔵系列特有の独創的な物がもっと巧く組み合わさればって所ですかね。
雷おこしやキャベツ千切りにソー油と、相変わらず武蔵さんの創意工夫に熱心な点は個人的に評価。
秋葉原に来た時には訪問してみる価値は普通にあります、後はCPがもっと良ければ80点台でしたね。

採点的には78点!ですね、ご馳走様でした。
スポンサーサイト



Category: ラーメン:千代田区

Tags : 東京 千代田区 つけ麺 カレー 麺屋武蔵 武仁 70点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

カラシビ味噌らー麺 鬼金棒:特製カラシビ味噌らー麺(大盛)

 【21//2015】

滞在最終日、2015年一杯目はこちらとなりました。
元々はソラノイロ japanese soup noodle free styleとソラノイロ salt & mushroom
に訪問予定でしたが変更、次の機会に取っておく事にしましょう。
ストライプ ヌードルズに世話になってる身としては、大元の味を知りたかったですがw
友人が見送りに来るという事なので、ラーメン一杯なら大丈夫でしょうが
連食に付き合わせる訳にはいかないし、集合場所も秋葉原だったのでね。
友人は武蔵系は結構好きみたいなので、近場で武蔵の流れを汲むこちらをチョイス。
以前からBMには入れてありましたし、元日から空いていて良かった。


店内に入ると先客は2名、いらっしゃいませと一緒にあけましておめでとうございますの挨拶をいただきました。
店内の券売機にて表題メニューの食券を購入、店員さんに食券を提示しカラとシビは両方普通でお願いしました。
友人はカラシビ共に控えめでオーダー、到着までたわいもない会話で時間を潰します。
中華鍋を振りながら野菜を炒めているのが見えましたが良い火力です、そして山椒も結構投入してましたね。
そんなこんなで注文から5分少々で目の前に到着、なかなか食欲をそそる色合いと味噌&山椒の香りが漂います。

20150121.jpg

いつも通り写真を撮影していただきます、まずはスープから一口いただきます。
辛味と痺れで細かい分析は難しいですが豚メインな感じの動物系ベースのミドルドロンジョなスープ。
ベーススープの旨味やコクは感知し難いですが伝わってきますので、出汁はしっかりと抽出されている模様。
出汁の旨味を感じた直後にすぐさま辛味と山椒の香りがやってきて、最後に山椒の痺れが舌に残留する展開。
カラシビは両方普通で頼んでいますが、バランス的には辛味3:7痺れで山椒の主張が強いですね。
スープにはマー油も入っているのですが、山椒の香りが強く出ているのでマー油の香りが弱いのがやや残念。
塩分濃度は味噌らしく高めですが許容範囲内、塩気の尖りは山椒の痺れで感知出来ていない可能性もあるが無し。

20150121-2.jpg

麺は加水率高めな感じの軽くウェーブの掛かった平打ち気味の中太麺、適度なコシとモチ感の混在タイプで結構好み。
スープとの絡みはまぁ悪くないですね、どうしても香辛料の刺激でスープ優勢な感はあるが麺も負けてはいない。


具材は味玉、炒めたもやしとヤングコーン、チャーシュー、薬味のネギの構成。
味玉は黄身がほぼ固まりかけの半熟具合、味付けは薄めで非常に良い塩梅。
もやしとヤングコーンは加熱具合が適切でシャキシャキ&コリコリ感がしっかり残っていて良好。
もやしは味噌との相性は言うまでもなく、ヤングコーンも意外と味噌との相性は良いですね。
チャーシューは角煮タイプのトロトロとした大ぶりの物が3個ほど、このチャーシューは実に武蔵っぽいですね。
トロトロの脂身とホロホロの身でとにかく柔らかい作りだが、厚みがあるので適度に肉を噛む楽しみも味わえる。
色合いからショッパーな印象を受けるが、醤油の味と香りはしっかり付いているものの濃くはない。
ネギは青と白の混合で色味と飾りがメインですね、ネギ特有の香りや辛味はスープに押されて弱い。


麺量はおよそ220g程度ですかね、肉と野菜もあったので結構お腹一杯になりましたね。
総評としては辛味と痺れが特徴の個性的な一杯、カラシビの中に旨味を感じられて好みを選びそうだが案外悪くない。
山椒の主張がやや強いのでバランスを取るなら痺れを辛味よりワンランク弱めにするのが良いかも。
あとは自分が山椒の刺激耐性がそこまで強くないのが分かったのは良い経験になったかな。
終盤は舌に乗った痺れで味の感知が悪くなって、やや食べるのに苦労したんですよね。
なので今回は点数を少し低めにさせていただきました、ベースは良いので痺れ弱めなら80点以上付けれたと思う。
食後10分ぐらいは舌に痺れが残りましたが面白い経験でした。

採点的には78点!ですね、ご馳走様でした。

Category: ラーメン:千代田区

Tags : 東京 千代田区 ラーメン 味噌 鬼金棒 70点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

九段 斑鳩:特製ラーメン

 【07//2015】

九段下に行く機会があったので、以前から気になっていたこちらの店舗に訪問を決定。
九段下駅で下車して少し歩くとお店に到着、先客が5人外待ちの状態でした。
先に食券を購入しておいてくださいとの店員さんのお声により食券を購入
こちらはラーメン以外にも油そばなど種類が豊富で悩みましたが最初は定番のラーメンから頂く事にしました。
10分ほど待つと店内に案内され、少し待つと注文のラーメンが到着。

20150107-3.jpg

ラーメンの器の中は非常に綺麗に整理されていました。
雑誌の取材時のみ綺麗に盛り付けている店などもありますが
こちらは常に見た目の面もちゃんと気にしているようですね、こういう所は個人的に評価してあげたい所です。
中華そば 青葉に似ていると事前に情報を頂いておいたんですが、見た目は確かに豚骨魚介系のWスープの見た目。
それではスープを一口…Wスープではありますが少し動物色の方が強いですね。
少し優しい感じの豚骨スープって感じですね、魚介色はあまり感じません。
味玉は非常にトロトロな作りで半熟加減は○、メンマは細めの物ですが食感良くこれまた○
チャーシューは脂身の少ないプレーンな物、味付けは抑え目で脂身の少ない部分ではありましたが固さも無く柔らか。
スープが温いとの事前の情報通りスープは確かに熱々ではなく、少し温い作りになっていました。
こちらのお店は寸胴に温度計を挿しているので、一番美味しくなる温度をちゃんと調整しているのだと思われます。
全体的に非常に高レベルなお店で非常に良いですね、インパクト系のラーメンを求めている方々に物足りないか。
上品なバランス系のラーメンを求めている方には合うかと思います。
メニューの種類も多彩なのでまた機会があれば訪問したいなと思いました。

採点的には92点!ですね、ご馳走様でした。

Category: ラーメン:千代田区

Tags : 東京 千代田区 ラーメン 豚骨魚介 斑鳩 90点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

めん徳二代目つじ田 御茶ノ水店:二代目らーめん

 【04//2015】

※訪問がかなり前なので器が古いタイプのものです。

上品な豚骨魚介系がスープが売りのつじ田さんに前回食べたつけ麺ではなくラーメンを食しに訪問
店外待ちが8名程で中に入るまでに10分掛かりましたが人数を考えると回転率は悪くないか…
カウンターに着席し待つ事3分ほどで注文の品が到着、見た目はやはり典型的な豚骨魚介系スープのラーメン

20150114-2.jpg

さっそくスープを一口頂きます…動物系も魚介系もどちらか片方が主張する事無く共存して良いバランスです。
以前のつけ麺の採点時は動物系が強かったので少し濃く感じたんですが、今回は非常に絶妙なバランスでした。
具材は海苔、メンマ、味玉、チャーシューとなっていますが、どの具材も非常に高いレベルになっています。
メンマは太さは普通ですが柔らかく食感もしっかりと残っています、味玉は薄い味付けの半熟で旨い
チャーシューも薄い味付けで非常に柔らかくすぐに崩れる状態。
麺、スープ、具材共に非常にバランスの良い一杯でした。

採点的には92点!ですね、ご馳走様でした。

Category: ラーメン:千代田区

Tags : 東京 千代田区 ラーメン 豚骨魚介 つじ田 90点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

めん徳二代目つじ田 御茶ノ水店:二代目つけ麺

 【13//2014】

※限定シリーズは消費し終えたので、今後12時のアップは過去に訪問した首都圏の店でも上げて行こうと思います。
かなり昔に書いたレポの再UPなのでレポの質がかなり低いのでご了承ください。

以前からずっと気になっていたお店、つじ田にようやく訪問。
お昼休み時間帯を少し回避した14時半頃に訪問しましたが外の椅子待ちが5人程、やはり人気店。
待ち時間は10分ほどで店内に入り、待つ事7分ほどで注文した二代目つけ麺が登場。
スープの見た目は豚骨魚介系のWスープの色と香り、麺は非常に太くうどんの様ですが太麺好きな私的には好感触。

20141213-5.jpg

まずはスープを一口…
うーん、思っていたよりも動物系が強めなスープで魚介系の印象は薄く、スープ単体で味わうと正直濃い。
麺を一口噛むと感触的にはやはりうどん、コシとモチモチ感が同居していて結構好みのタイプ。
スープを単体ですすると味が濃かったのだが麺を浸けると相性は抜群、この麺とスープはかなり合っている。
メンマは固めだが食感が良く好感触、チャーシューも少し触れるだけで崩れて非常に柔らかく仕上げられている。
ある程度食べ進んで店のお勧め通りにすだちを投入。
酸味が増えて非常に美味しい、しかも通常の酢で酸味を出している物よりも酸味が爽やかに感じる。
麺とスープ更にはすだちとも相性は抜群、このお店は麺やスープの単体評価よりも相性を評価してあげたいお店ですね。
最後に3段階目の黒胡椒を投入、刺激が出て変化的には面白いですが正直普通の胡椒でもいいかなと個人的にはw


最後にスープ割りを注文しましたが割ってもスープ単体では味が濃い
スープ割りに関してはもっと美味しいお店があるので少し減点でしたが
全体的に相性が良く完成度高めに纏まっていると思います。
スープ割りがもっと美味しければ更に高評価に繋がったかも…
あと、ここのお茶は非常に美味く高評価対象でした。

採点的には87点!ですね、ご馳走様でした。

Category: ラーメン:千代田区

Tags : 東京 千代田区 つけ麺 豚骨魚介 つじ田 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る