2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

カテゴリ:ラーメン:品川区 の記事リスト(エントリー順)

らーめん凪 煮干王 五反田店:すごい煮干ラーメン

 【14//2015】

池袋で友人と別れて宿泊先のホテルがある五反田へ。
最近OPENしたばかりとの情報をGETしていたのでお邪魔しました。
丸仲特濃中華蕎麦 いわしの修行先でもあるし食べておかないとね。
店外にある券売機にて表題メニューの食券を購入し店内へ
訪問時刻は21時頃で店内には5名ほど、規模を考えると客入りは良好。
店員さんに食券を手渡してお好みは全て普通でお願いしました。
注文からおよそ5分少々で到着、煮干しの香りが漂ってきますねぇ。

20150114.jpg

いつも通り写真を撮影していただきます、まずはスープを一口…
煮干の旨味と苦味が最初に舌に乗り、すぐにカエシの塩気が追従してくる展開のシャバ系スープ。
濃厚な煮干の出汁が凝縮されたスープは旨味と一緒にエグみもそのまま出すタイプで苦味はそこそこ強め。
個人的には苦味はそこまで得意ではないので、もう少し弱い方が好みかなという印象。
煮干で唐辛子を炊いたという銀ダレの影響か、少し舌にピリピリ感がやってきますね。
カエシは甘味が少なめで塩気の切れ味重視な感じの醤油、輪郭も切れ味もしっかりで濃厚煮干との相性は良し。
塩分濃度はやや高めな印象も切れ味良好で悪くない、輪郭はしっかりですが意外にも尖りは感じられません。

20150114-2_201501130117155e2.jpg

麺は加水率かなり高めな感じの太縮れ麺、丸仲特濃中華蕎麦 いわしの麺と同じ感じのモチプリ麺でかなり好き。
スープとの相性も良好、煮干の強い存在感に負けない麺の強さでバランスは取れてますね。
そしての特徴の一つであるひもかわ麺の様な超極太の麺、ワンタンの皮みたいですが滅茶苦茶好き。
個人的には麺を全部これに変更出来るオプションがあったら間違いなく頼むぐらい好き。
独特のモチモチとした食感と小麦の香りの強さ、濃厚な煮干スープとの殴り合いの様な主張の強い個性の共存が良い。


具材はシンプルにチャーシューと薬味のネギの構成。
チャーシューは低温調理っぽいピンク色の残ったロースチャーシュー、適度に噛み応えのある柔らか仕上げ。
噛む毎に肉の旨味が溶け出してきて良いですね、味付けも薄めで塩気強めのスープと合わさって良い塩梅になる感じ。
薬味のネギは濃厚煮干系では定番とも言える粗く切った白ネギがゴロゴロ、ネギ特有の辛味が効いてて良いですね。
ひもかわ麺の上に少し乗っている煮干は単体では辛味と苦味がありますが、スープに混ざると同化しますね。


麺量はひもかわ分も合わせて180g程度ですかね、サクサクと箸は進んで5分もせずに完食。
総評としては濃厚煮干の王道を力強く歩いていて、ラーメンも良い意味で野生的でパワフルな印象。
濃厚煮干系でも苦味はケアしようという店も多い中、ここは出汁感もエグみも煮干を全部開放している感じですね。
個人的に苦味がやや苦手なのでこの点数ではありますが、出汁の旨味や濃度は素晴らしいと思います。
この力強くワイルドな感じがクセになって惹き付けられる人も沢山いるんでしょうね。
あと個人的には有田焼の器も気に入ってます、こういう見た目に気を使ってるのも個人的にポイント高いです。
今度は機会があれば豚王の方も試してみたいですね。

採点的には82点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサーサイト



Category: ラーメン:品川区

Tags : 東京 品川区 ラーメン 煮干 醤油 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

六厘舎 本店:辛つけ麺

 【09//2015】

以前つけ麺を頂き非常に美味しかった六厘舎さんへ、今回は辛つけ麺を食しに訪問。
訪問した時刻は14時半でピークを外したつもりだったのですが、大行列が続いていました。
40人行列の最後尾に並び、自分の時間が来るまでを今か今かと待ちます。
結局お店の中には入れたのは約1時間半後、まぁ並ぶ事は元から頭に入っているので特に気にする事はないですが。
さて話の脱線は置いておいて今回の辛つけ麺も事前注文の為に待ち時間は少なめ
2分ほどで汁と麺の両方が登場となりました、辛味の元は別皿で登場なんですね。

20150109-3.jpg

という訳でまずは普通に汁を啜る、相変わらず濃厚な豚骨魚介スープで非常に旨いですねー。
そして辛味の元を投入!私は辛い物も結構平気なので全部投入
混ぜ混ぜすると唐辛子の浮いた辛そうなスープへと変貌を遂げました。
実際にスープを啜ってみると量は多くなかったはずですが確かな辛味を感じます。
麺を漬けて頂くと相変わらず濃厚なスープと良く絡み旨い、更に辛味がアクセントを感じさせてくれます。
夢中で啜るとすぐに麺が無くなってしまいました、少し物足りなく感じる。
美味しい物を食べている時って普段よりも多く食えるのが不思議ですね。


最後にスープ割りを頼むと前回と同じく魚介スープで割ったあっさり目のスープ割りが登場
特徴の柚子胡椒も入っているはずなのですが辛味のせいか感じられず。
六厘舎のスープ割りの特徴とも言える柚子胡椒の風味が感じられなかった事が減点の対象とはなりましたが
相変わらず非常に旨いつけ麺でした。
今度は最後のメニューである中華そばに挑戦してみたいと思います!
しかし、中華そば注文してる人が誰もいないので注文してもいいのか不安だ(苦笑

採点的には96点!ですね、ご馳走様でした。

Category: ラーメン:品川区

Tags : 東京 品川区 つけ麺 豚骨魚介 六厘舎 90点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

六厘舎 本店:あつもり

 【14//2014】

以前から気になっていた超有名店の六厘舎についに訪問!
大崎という場所から敬遠していたのですが、近場に来た際に行って参りました。
大崎駅から降りて地図通りに進むだけで到着、駅から少し遠いので暑い日に行くと道中の坂道が大変。
店に到着すると既に待ちの客が20名近く居る、噂に違わぬ行列数。
六厘舎は総入れ替えシステムのお店なので客数は減る時は一気に減るが待ち時間が長く感じる。
今回は並び始めて2順目で入店することにあいなった。
入店前に注文していたあつもり+豚ほぐし+海老玉が少しして登場!
見た目のビジュアルと香りは完全に自分の好みで期待ができる。

20141214-2_20141214013842bb9.jpg

スープを一口…非常に濃厚な魚介系の味!ただ負けずと動物系の味も感じられる。
濃厚ではあるがくどさは無く非常にバランスの取れた味
表面に浮いている油膜が少し多いのは気になったが問題にはならないレベル。
浅草開化楼製の極太麺はコシと弾力が混在する素晴らしい出来栄え、麺とスープ単体でも非常に高評価が出来る。
いよいよ麺をスープに浸けて啜る…麺とスープが非常に絡む!相性も素晴らしい。
この麺とスープの絡みは素晴らしく夢中で食すと大量にあったはずの麺がドンドンと消費されていく。
最初は麺量が多いと思ったが全然気にならないほど食が進む。


海老玉の方も頂くと確かに海老の香りがして海老玉らしい出来となっているが
私的には少し海老の香りが強くスープの香りが海老の香りに負けてしまう。
個人的には海老玉よりも通常の味玉の方をお勧めいたします。
麺を完食しスープ割りを注文、スープ割りをすると柚子胡椒を入れてくれるようだ。
この柚子胡椒が実に良い!濃厚なスープを味わっていたので柚子が出してくれるアッサリ感が非常に心地良い。
スープ割りも完飲してお会計、非常に満足した気持ちで店を後にする事が出来た。
六厘舎は噂通りの実力店でした、また今度機会があれば再訪したいと思います。
スープの油膜と海老の香りの強さがほんの少し減点対象でしたが、実に素晴らしいお店でした。

採点的には97点!ですね、ご馳走様でした。

Category: ラーメン:品川区

Tags : 東京 品川区 つけ麺 豚骨魚介 六厘舎 90点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る