2014 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2015 01

特濃中華蕎麦 いわし:不定期限定麺 濃厚煮干

 【27//2014】

今回はレギュラーは既に消費済みのこちらに訪問。
気まぐれで突発的に行われる限定の告知があったので行ってきました。
基本的に限定をいつ出すのかには規則性がないので
定期的にSNSを確認しないと見落としてしまう怖さがありますw
夜の部開始直後に突撃、先客既に1名と先を越される。
限定の濃厚煮干を口頭にて注文し到着を待ちます。
注文から5分程で到着、見た目的にそこまで大きな変化は無いですかね。

20141227.jpg

いつも通り写真を撮影していただきます、まずはスープを一口…
レギュラーの煮干感満載の物に比べるとニボ感はほんの少し抑え目で、動物系のコクが増している印象のシャバ系。
動物系は豚骨ではないかと思いますが主張は控えめで煮干の前に出る事はなく、あくまでも煮干を支える感じ。
本来なら黒っぽいスープの色合いも茶色っぽく濁りもあり、キレのあるカエシの効きもやや円やかな気がします。
塩分濃度は適正値で良い塩梅、塩気の尖り等も感じられませんね。

20141227-2.jpg

麺は加水率高めな中太平打ち気味の縮れ麺、モチプリ食感と店主が茹でる前に手揉みで付けた縮れが特徴的な麺。
スープとの絡みは良好、ニボ感の強いどっしりとしたスープの存在感に負けない麺のバランスが良いですね。


具材は海苔2枚、チャーシュー2枚、薬味のネギのシンプルな構成。
海苔は正方形カットの物でスープを軽く吸ってはいるが崩れず、海苔の香りがしっかりで良いですね。
チャーシューは脂身の少なめなロース肉が2枚、味付け薄めで適度な柔らかさで噛む事で旨味が染み出してくるタイプ。
薬味のネギは白を粗めにカットした物が充分な量投入されています、シャッキリ食感しっかりで鮮度良し。
辛味の方もしっかりと出ていて噛む度にネギの辛味が舌を刺激して締まりますね。


麺量はTwitterフォロワーサービスで大盛り無料だったので、大盛りにしており体感220gぐらいかな。
今回も非常に箸が進みまくりで5分ちょっとで完食、スープは完飲自重も残りは丼の1/4程度まで消費。
総評としてはレギュラーの煮干感が満載な一品に、動物系の旨味とコクを足して円やかに仕上がった感じ。
元からここはエグみは弱いですが、動物系の恩恵で更にエグみは削られて円やかでしたね。
レギュラーでもエグみが気になるという人にはこっちの方が評価されそうな感じ。
相変わらず麺もスープも具材も全てが素晴らしいレベルで満足度は高く不満無し。
今後もまた限定で何かチャレンジするのであれば、しっかりとあり付けるように頑張ります。

採点的には95点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサーサイト



Category: ラーメン:浦添市

Tags : 沖縄 浦添 ラーメン 煮干 丸仲特濃中華蕎麦 いわし 90点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

兎に角:全部乗せ油そば

 【26//2014】

松戸駅東口を降りてとみ田とは逆方向に向かいます、店に着くと既に5人ほどの行列が出来ていました。
店の外で待っていると良い匂いが漂ってきます、なかなか期待できそうな香りです。
5人待ちで20分程度の待ちを覚悟していましたが、回転は比較的速めだったので10分ぐらいで入る事が出来ました。
並んでいる途中に注文を取って頂いていたので、席についてから3分ほどで注文の品が到着。

20141226-3.jpg

見た目は普通にラーメンの汁が無いだけの物ですね、普段はスープから頂きますが油そばなので当然混ぜ混ぜ開始。
この混ぜている時も非常に良い香りが漂ってきます、構成は海苔、メンマ、ほぐしチャーシュー、チャーシュー、ネギ。
しっかりと混ぜて麺に醤油タレの色が付いてきたので早速麺を豪快に啜ります…旨い!これは予想以上の旨さ。
麺は太麺でモチモチとした食感が印象的、この麺にタレが非常に良く絡みます。
醤油タレもカエシは強く感じず柔らかい印象を受けます、タレが強いと麺が負けてしまうがこれは非常に良いバランス。
メンマは並みの太さですが軽い甘さが感じられて歯ごたえもあります、海苔は普通ですね特筆はありません。
チャーシューは燻製されており独特の香りがありますが、これが非常に旨い。
身も柔らかく油の旨みも乗ったジューシーなチャーシューでした、個人的にはかなりアリでしたね。
ほぐしチャーシューとネギも存在感は大きくありませんが、良いアクセントになっています。


予想よりも旨かった事もあり残りが早くも1/3になってしまった所でスープ割を注文、スープ割用の割スープが到着。
割スープは魚介のスープですね、こちらを単体で啜ると口内で濃厚な煮干の風味を味わえるスープでした。
こちらの割スープの惜しむらくは魚介のエグみが少し出てしまっていた事、魚のワタ部分の独特な苦味を感じます。
そこまで気にするほどの物ではありませんが、このエグみが無ければもっと良かった。
こちらのスープを注いで最後はラーメンで頂きました、1メニューで2度楽しむ事が出来てお得感があります。
噂に違わぬ非常に美味しい油そばでした、最後のエグみ以外はケチの付けようは特にありませんでしたね。


採点的には95点!ですね、ご馳走様でした。

Category: ラーメン:松戸市

Tags : 千葉 松戸 汁なし 豚骨魚介 兎に角 90点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

林屋:味噌ラーメン

 【26//2014】

中華食堂ドラゴン 北谷店でやや消化不良感を感じ連食。
店内に入ると席は満席ではないが盛況で片付けが済んでない席あり。
当方が座る席が無いのでキョロキョロしてると店員さんが出てきました。
店員さんが片付けるので少しお待ちくださいとの事で30秒ほど待機
清掃の終わったカウンターに着席、表題を注文し到着を待ちます。
注文からおよそ3分ちょっとで到着、見た目はシンプルな味噌ですね。
それではいつも通り写真を撮影していただきます、まずはスープを一口…

20141226.jpg

細かい背脂の浮いた毎度お馴染みの鶏ガラベースを主体に味噌を溶かしたライトドロンジョ系味噌
鶏ガラの旨味を感じる前に味噌感がやってきて、最後まで味噌の印象が残る程の味噌主体な作り。
出汁の旨味は味噌の中に溶け込んでほんのりと感じる程度で、脇役としても存在が弱いかな。
塩分濃度はかなり高めでギリギリ許容範囲内の危険域、塩気の尖りも味噌特有の喉を刺す刺激が強め。

20141226-2.jpg

麺は加水率やや高めな感じの中細ストレート麺、適度なコシと軽いモチ感のあるタイプ。
スープとの絡みは微妙か、持ち上げは充分も味噌が強く圧倒的なスープ優勢で小麦の香りが微弱なのが残念。


具材はメンマ、チャーシュー、九条ネギのシンプルな構成ではあるが、ビジュアル的には物足りない。
メンマは細長いタイプの物でコリコリ感しっかり、味付け薄めでメンマの香りが味噌に負けずに感じられて良い。
チャーシューは脂身3割程度の薄切りのバラが2枚、非常に柔らかい作りでなかなか美味い。
味付けはほぼプレーンで肉自体の旨味を感じるタイプ、スープが濃いのでこの味付けは嬉しい。
薬味のネギは九条ネギで繊維質しっかりでシャキシャキ感抜群、噛む毎にネギの香りが飛んできます。
投入量は多くもなく少なくもなく普通、薬味として機能する上では充分な量ですね。


麺量はおよそ180g程度ですかね、後半は濃さにやられてペースダウンも5分少々で完食。
総評としては味噌の効きすぎた一品、許容範囲内で収まったがもう少し出汁との調和が欲しかったか。
味噌感が強すぎる意外は良いレベルにあると思うので、味噌の濃度を落とせば点数もすぐ伸びる感じ。
レギュラーメニューも残り少なくなって来たのできっちり完走したいと思います。

採点的には68点!ですね、ご馳走様でした。

Category: ラーメン:北谷町

Tags : 沖縄 北谷 ラーメン 味噌 林屋 60点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

こうかいぼう:味付茹たまごらーめん

 【25//2014】

前回、麺屋夢うさぎさんに訪問した後に訪問したのがこちらのこうかいぼう
お店に入ると空席に案内されました、接客は奥様が担当されているようですね。
メニューを確認して味付茹たまごらーめんを注文、つけ麺よりもラーメンの評判が良い様なので。
注文してから3~4分で注文の品が到着!見た目は渋谷の名店はやしと同じ感じの見た目ですね。

20141225-3.jpg

スープを一口…お店の謳い文句である「毎日食べられる味噌汁の様なラーメン」との謳い文句通り
普通のラーメンの様な強烈な塩分や脂分は全然感じられません。
動物系と魚介系のダシでしっかりと旨さはありますし、そのダシからしか出ていないであろう油分
本当に必要なタレ分の塩分しか無いんでしょうね。
普通のラーメンを食べ慣れていると薄いと感じるかも知れませんが
ダシの旨さがしっかりと出ているので個人的には物足りなさを感じる事はありませんでした。
動物系も魚介系も両方とも非常に絶妙のバランス(微妙に魚介強い)で出来上がっていると思います。
麺は中細ストレート麺、一口啜る…個人的には少し柔らかく物足りなく感じる、もうちょっと強くても良いですね。
ただスープのインパクトが強くは無いので麺との絡みに関しては良いと思います
これ以上の太麺にしてしまうとスープが麺の存在感に負けてしまうでしょうね。


具材の方は海苔、味付茹たまご、メンマ、チャーシューとなっています。
海苔は普通ですねスープに溶けやすい物だったので、もう少し溶けにくい物でも良いと思います。
味付茹たまごは半熟気味で状態は良い、味付となっているが味に関してはかなり薄味であまり感じられませんでした。
まぁスープの繊細で弱々しい存在感を壊さない為の措置なんでしょうね。
メンマは極太で歯ごたえを残しながらも非常に柔らかく仕上がっている好みのタイプ、こちらも味付けはかなりの薄味。
チャーシューは脂身が少なくシンプルな物、肉の旨みはちゃんとあって良いです。
非常に美味しく頂きスープまで全部飲み干しました、基本スープは全部飲まない派なんですけどね。
今回の一品の場合はそこまで体に悪そうな感じもなくスルスルと収まったのも理由でしょうね。
非常に全体の完成度の高い一杯、好みは分かれるかと思いますが好きな人はハマるタイプだと思います。

採点的には90点!ですね、ご馳走様でした。

Category: ラーメン:江東区

Tags : 東京 江東区 ラーメン 豚骨魚介 こうかいぼう 90点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

中華食堂ドラゴン 北谷店:天津ラーメン

 【25//2014】

安くてボリューミーなこちらに2度目の訪問にまいりました。
空いている席に適当に着席し、メニュー表を確認します。
メニュー表と睨めっこして表題メニューを口頭にて注文。
今回は限定に釣られずにレギュラーメニュー消費です。
こちらはメニューは大量にあるんですが、上に乗る具材が違うだけで
基本は醤油・塩・味噌の3種のスープの違いしかないんですよね。
当方の方針は明確な違いで一種類扱いなので意外と少ない訪問で終わりそう。
五目とかなら明確に違うって思えるので別途で試しますけどね。
注文理由は餡かけ状の天津が入るなら普通の醤油ラーメンとは違う扱いにする予定だったからです。
実際に5分程で目の前に到着したのは通常の醤油ラーメンの上に玉子焼きが乗った物、なので醤油ラーメン扱いですw

20141225.jpg

いつも通り写真を撮影していただきます、まずはスープから一口いただきます…
ベースは鶏ガラを使用した清湯のあっさり系スープ、この系統のお店で良くあるタイプのシャバ系スープ。
濃厚な出汁感などはないですが、値段から考えるとベースとしての旨味はまぁ充分でしょう。
スープには揚げネギも入っているのですが、量が少ないのでほとんど香りは感じられず…
カエシは甘味少なめながら塩気も強くない円やかタイプ、カドがなく非常に丸まっていますね。
塩分濃度はほんの少し薄めながらも充分適正値、塩気の尖りも感じられず飲みやすいですね。

20141225-2.jpg

麺は加水率やや高めな感じの軽くウェーブの掛かった中細麺、やや柔めの茹で具合でモチ感が強めな印象。
スープとの絡みはまぁ普通かな、スープの塩気自体が強くないのでヤワで存在感の弱めな麺でも良いぐらいですね。


具材は中央に頓挫する玉子焼き単体のみ、良くも悪くもシンプルすぎる構成w
玉子はカニカマの切れ端で少し蟹の匂いがする一品、ネギも入っているがネギの香りはほぼ感じられず。
玉子焼きは完全に固形化したタイプ、個人的にはもう少し半熟の方が面白かった気もする。
味玉と違って同じ玉子なのに何故こうも麺と合わないんだろう、それぞれ独立して噛み合わない感じ。
味自体が悪い訳ではないので減点はないですが、相乗効果がないのでプラス加点もないんですよね。


麺量はおよそ150g程度ですかね、麺量自体は多くないですが今回も唐揚げ付きで内容的には充分で5分程で完食。
総評としては中華料理屋や古いラーメン店で出てくる王道の醤油ラーメン、特筆は無いが外れもしない感じですね。
安く量を食わせてくれる店でクオリティは並という印象があるので、特にガッカリ感とかもないんですけどね。
600円程度でラーメンと唐揚げが食えれば充分でしょうし、損した気はないのでOKですかね。
今回で醤油は消費したので次は塩を攻めてみましょうかね。

採点的には65点!ですね、ご馳走様でした。

Category: ラーメン:北谷町

Tags : 沖縄 北谷 ラーメン 醤油 ドラゴン 60点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

麺屋 夢うさぎ:特製つけ麺

 【24//2014】

本日は久しぶりに遠征をしようと考えてお出かけ、そして訪問を決めたのがこちら。
事前調査で辺鄙な立地の割になかなかの高得点を叩き出していたので、期待を込めて訪問してきました。
駅から降りてかなり歩きますね、事前に分かってはいましたがなかなかキツイ。
約15分ほど歩いてようやくお店の前に到着!夜の部が始まったばかりで待ちは出ていませんでした。
お店の中に入ると店主の奥さんかと思われる女性が席に案内してくださいました。
何にしようか迷いましたが駅から歩いて暑かったのもあったので特製つけ麺を注文する事にしました。
お店の中で品が出てくるまで待っていましたがカップルや親子連れも多く、かなり入りやすいお店のようですね。
小さい子の為に子供用食器や椅子等も用意されていましたし、お店の雰囲気も非常に和やかな物でした。
注文から7~8分程で注文の品が到着!見た目は今流行の豚骨魚介系の物ですね。

20141224-4.jpg

写真を撮影して早速スープを一口…
動物系と魚介系のバランスが良いですね、インパクトはありませんが優しい感じに仕上がっています。
麺は中細系のストレート麺で少し柔らかめに仕上げられています、小麦の香りは感じますがコシが少し弱いかな。
スープに浸けて食べてみると麺との絡みは普通、もう少し絡んでも良い気はしますが及第点と言った所か。
味玉は半熟で味付けも薄く美味、海苔は特筆する事は無く普通。
メンマは細めだが味が染み込んでいて柔らかく旨い、チャーシューは非常に柔らかく仕上がっていて旨い。


麺量300gは個人的に少なくあっという間に完食しスープ割を注文。
濃かったら仰ってくださいとなかなか気が利いた一言もちゃんと付いてきました。
スープ割は少し濃い目でしたが気になる程ではなくそのまま飲み干しました、胡椒が多目だったので少しキツめでした。
全体的に良くまとまっている印象、麺の弱さと胡椒の多さ以外は非常に良かったです。
遠出してまで食べた価値はありました、今度はラーメンに挑戦したいと思っていたんですが閉店してしまいました。
ラーメン屋は重労働で店主さんの体が厳しいので蕎麦屋になるらしいです、お疲れ様でした。


採点的には85点!ですね、ご馳走様でした。

Category: ラーメン:江戸川区

Tags : 東京 江戸川区 つけ麺 豚骨魚介 夢うさぎ 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Stripe Noodles:2014年12月限定麺 SIOJIRO

 【24//2014】

今年最後の限定と言う事で行ってまいりました。
提供開始日にトップバッターでありついてきましたよ。
店内の券売機にて目的の食券が分からなかったので店員さんに確認。
限定用のボタンがないので限定と同額の別メニューの食券で対応。
1000円の食券を購入して手渡し、案内されたカウンター席に着席。
食券提示から5分程で目の前に到着、二郎系らしい野菜よりも肉の量に目が行くw
この肉祭り状態で1000円とは正直破格やね、肉好きにはたまらんですよ。

20141224.jpg

いつも通り写真を撮影していただきます、まずはスープを一口…
出汁は鶏豚混合の清湯で旨味は充分抽出されているが、あっさりとして優しい作りのシャバ系スープ。
ニンニクは別皿提供なのでデフォでは入っておらず、二郎っぽいワイルドさとは対極の上品なラーメン
野菜の上に乗った揚げニンニクは香りは感じるが、辛味は抜けていますから二郎っぽさは出てないです。
ニンニクなしのこの状態でラーメンとして出して普通に成立するレベルで完成していて美味い。
分濃度は適正値で良い梅、輪郭はハッキリしていてキレもあるが気の尖りは感じられず。

20141224-2.jpg

麺は加水率高めな感じの中太平打ち気味のストレート麺、適度なコシとモチ感が感じられて好みなタイプ。
スープとの絡みは比較的良好、麺がやや優勢だがパンチの加わるニンニク投下前と考えればこのぐらいで丁度良い。


具材はもやし&キャベツの野菜、7枚カットの100g程のステーキ肉、牛スジ肉がゴロゴロ入った構成。
野菜は適度なボイル具合でシャキシャキ感しっかり、キャベ率が5割程度と非常に贅沢な配分。
野菜の山の高さ的には二郎系としては低めではあるが、野菜の質を考えれば充分なレベル。
ステーキ肉はミディアムぐらいの焼き加減、柔らかめに仕上がっているが噛むと肉の旨味が良く出て食べ応えあり。
味付けはプレーンな感じで味のスープに浸かる事で適度な塩気になるので、味付けは特に不要といった感じか。
スジ肉は脂身がトロトロになった一品で肉自体も柔らかく、質も量も満足出来る一品ですね。
こちらも味付けはプレーンでスープの塩気で良い塩梅になる感じですね。
そして野菜の下にロースチャーシューが1枚隠れていました、こっちは適度に味が付いていますが薄めでこれも○
適度な噛み応えを残した柔らかさで、噛む毎に肉の旨味が脂と共に溶け出てきて美味い。

20141224-3.jpg

1/3ほど消費した所で別皿で提供されていた刻みニンニクを投下、充分な量がありニンニクのワイルドな香りが漂います。
麺を啜るとニンニクの香りと辛味がやってきます、舌に乗る感じは完全に二郎系に姿を変えています。
先程までの上品な一品とは売って変わっての変化で全く飽きが来ずに引き込まれますね。
麺とスープの絡みもスープの存在感が増す事で丁度良いバランスに、ニンニクの強さに負けない麺が優秀です。
2/3ほど消費した所で別皿提供されたもう一つの味変アイテム、ガーリックマッシュバターを投下。
バターのコクと円やかさがスープに溶けてニンニクの刺激が多少弱まり、また違った印象のスープに変わりますね。
個人的にはガーリックマッシュバターはスープに溶かすよりも、ステーキ肉と合わせて食うのが好きでした。


麺量は200g程度ですかね、野菜と大量の肉もあるので総量は350gオーバーといった感じですかね。
量的にはなかなかなボリュームですが、味変の恩恵もあって全く飽きも来ずに楽しめて7分程度で完食。
総評としては上品な淡麗系の塩ラーメンとワイルドな二郎系を一度に楽しむ事の出来る面白い一品でした。
最初からニンニクを入れていた場合はこの楽しみ方は出来ないので、別皿提供ならではのメリットと言えますね。
デフォの値段が1000円と聞くと高い印象もありますが、これだけの内容量と質を考えれば割安すぎと言えますね。
一番乗りという事で形の悪い味玉もどうぞとタダで貰ってしまって更にお得感がアップする嬉しい恩恵もw
正直同じ店で90点台連発するのはどうよと思いつつも、加点はあっても減点対象がないので結果こうなりますね。
今年最後の限定も非常に楽しませてもらいました。

採点的には98点!ですね、ご馳走様でした。

Category: ラーメン:北谷町

Tags : 沖縄 北谷 ラーメン Stripe Noodles 90点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

つけめん TETSU:特製あつもり

 【23//2014】

西日暮里の大人気店、つけめん TETSUに訪問。
焼き石サービスで有名なお店ですね、以前から訪問したいと思っていたんですが機会があったので訪問。
12時頃に訪問すると店外待ちが5人ほど、先に券売機で食券を購入し行列に接続します。
10分程で行列は無くなり店内へと通されました、厨房を見ると焼き石サービス用の焼き石が七輪に乗っていました。
そして店内で5分程待つと注文の品が出てきました、非常に濃厚そうな見た目ですねー。

20141223-3.jpg

スープを一口…少し粘度があって濃厚ですが魚介のおかげで、そこまでコッテリではありません。
酸味も甘みも控えめでダシの強さで勝負が出来ています。
麺は中太ストレートの自家製麺、コシの強さもあり中々美味しいですがこのスープならもう少し太くても良いかも。
普通に旨いので減点ではないですけどね、そしてスープに浸けて麺を食べてみるとスープとの絡みも良く旨い。
具材の味玉は薄味半熟で旨い、メンマは細めですが食感が強くこれも旨い。
チャーシューは非常に柔らかく味付けも薄くこちらも大満足の一品、スープや麺だけでなく具材のレベルも高いです。


非常に美味しくすぐに麺を食べ終えてしまいましたので、卓上のポットにてスープ割を。
そしてTETSUの代名詞でもある焼き石を注文、店員さんが素早く焼き石を持ってきてくれました。
焼き石を投入するとグツグツとスープが沸き立ちます、少しスープ跳ねはしましたが焼き石に付いていた小皿で防ぐ。
熱々になったスープ割を頂くとこちらも旨い、スープ割も最後まで楽しむ事が出来ました。
スープ割を温かい状態で頂けるのは非常に良いですね、温くないスープ割りは美味く感じる。
客の立場に立てば暖かいスープ割は非常にありがたい物ですね。
味的には95点にしようと思ってましたが、とある事でサービスが良かったので加点しておきます。

採点的には98点!ですね、ご馳走様でした。

Category: ラーメン:文京区

Tags : 東京 文京区 つけ麺 豚骨魚介 TETSU 90点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

麺処 鍵:木曜限定麺 名称未定 汁あり

 【23//2014】

本来は木曜日は定休日のこちらですが、気まぐれで限定をやるんですよね。
そして今回は珍しい汁ありと告知があったので行ってきました。
11時50分頃の訪問で既に店内は私が入って満席になる盛況っぷり。
限定の時は他のメニューは頼めないので、小か大を選ぶだけですので大を選択。
今日も店員さんは一人だけで作業をこなしており忙しそうですね。
ちなみに一回のロットで作れるのは2杯だけっぽいので効率はイマイチ。
この辺は一人の限界もあるでしょうが、オペレーションの効率化も必要かな。
1ロット約7分で待ちが6名と考えると、3セットで25分ぐらい待ちと予想。
そんなこんなでほぼ予想通りの待ち時間で目の前に到着、見た目は野菜タワーの目立つ二郎系ですが上品な印象。

20141223.jpg

いつも通り写真を撮影していただきます、まずはスープから一口いただきます…
意外にも鰹出汁が前面に出ており豚骨は微乳化の支え程度で弱め、ぶっちゃけ沖縄そばっぽい第一印象。
野菜タワーの上にある鰹節の影響もあるだろうが、印象としては魚介8:2豚骨ぐらいの配分に感じる。
野菜の上から普通の白い背脂と、醤油に浸けて味の付いた茶色い大きい目な背脂の2種類が垂らされており
白い方の背脂は目が細かくスープに混ざって豚感を増すのに貢献している感じですかね。
茶色い背脂は野菜と絡めて一緒に食べるのに適したタイプで単体でも結構美味い、それぞれ違った背脂を楽しめる。
分濃度はやや高めも二郎系としては適正値で良い梅、気の尖りも感じられず意外と円やか。

20141223-2.jpg

麺は加水率少し高めな印象の平打ち気味の太麺、茹で加減やや柔らかめのデロ傾向な麺ですね。
完全にデロった麺は好きじゃないのですが、軽く程度で適度にモチ感も残っているので許容範囲内。
スープとの絡みはなかなか良好ですね、デロ麺に適度に持ちあがったスープは口内でのバランス案外良好。


具材はもやし&キャベツの野菜、野菜の下に隠れた豚、野菜の上に乗った鰹節の構成。
もやしとキャベツの茹で具合はややオーバーもシャキシャキ感は死んでないので充分許容範囲内。
キャベ率は1~2割程度でほぼもやしでの構成、スープとの相性は悪くないですね。
豚は脂身3割程度の大きく厚めのカットのバラが2個、大きさの割には適度な柔らかさで肉の噛み応えもあって○
味付けはプレーンな感じでスープの気と一緒に食べるのを前提とした作り、個人的には結構好きかな。
鰹節は香りの提供とスープを吸った状態のものを噛む事で出汁の旨味が出てきて案外マッチしている。


ちなみにニンニクはデフォでは入っていないので、必要なら店員さんにお願いして出して貰うスタイル。
ここは元々ニンニクを無料で提供しているので、そういう形にしているんでしょうね。
半分ぐらい食べた所でニンニクをお願いし投入、ニンニクはおろしタイプなので刻みとは少し違った効き方ですね。
刻みだと噛む事で香りと辛味が出て、口内がニンニクの臭みで充満してワイルドさを感じるのですが
おろしだとスープに溶け込んでしまって辛さや香りがそこまで強く漂って来ないですね。
二郎系としてはやはりワイルドなニンニク臭が欲しいので、刻みニンニクを入れる形が良い気がする。


麺量はおよそ250g程度ですかね、野菜と合わせて350g程度で7分程度で完食。
総評としてはやや沖縄そば感のある二郎系、上品な作りでパンチのあるクサウマを求める人には物足りない印象。
個人的にはそこまで不満はないのですが、もう少しだけワイルドさがあっても良かったかなと思います。
最近FBを見たら鬼金棒のラーメンに感銘を受けて挑戦してるらしいので、今後の展開も結構楽しみですね。
レギュラーメニューも消化してないので今後も訪問機会は多々ありそう。

採点的には78点!ですね、ご馳走様でした。

Category: ラーメン:西原町

Tags : 沖縄 西原 ラーメン 麺処 70点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

滝野川大勝軒:もりチャーシュー味玉野菜

 【22//2014】

東池袋本店でもりそばを頂いた後に訪問したのがこちらの滝野川大勝軒。
本家大勝軒よりも旨くてボリュームがあると言う情報を事前にキャッチしていたので
本家大勝軒を食べ終わった後に適当に時間を潰して訪問。
午後の部開店直後に入った為に客は自分と合わせても2名だけ
事前情報にて野菜もりが旨いと言う事だったのでもりチャーシュー野菜を注文。
食券を渡して8分程で注文の品が到着!す、凄い量だ…想像よりもはるかに多い。
麺量もさる事ながら具材の盛り方も半端無い、大勝軒系の中でもサービス精神旺盛と聞いてはいたが…w

20141222-3.jpg

野菜が少し邪魔でしたが早速つけ汁を一口啜ります…典型的な古いタイプのつけ汁の中では格段に旨い。
甘さが本店よりも控えめで炒めた野菜の油から野菜の旨みもスープに溶け込んでいる
醤油タレの存在感も強くなく優しくバランスを取っている。
麺に関しては本店と大差は無く感じます、中細ストレート麺で大勝軒特有の柔らかさも本店より固めですがあります。
麺をスープに浸けて食べると…旨い!このスープの旨さが存在感の弱い麺の分をカバーしています。


野菜は厨房で中華鍋を振りながら炒めていましたが、野菜の旨味が出た油分があるのでボイルでよりも良いですね。
チャーシューはかなりの大きさと厚さの物が6枚、本店で感じたような固さは無く軽く触れば崩れてしまいます。
味付けも濃く無く程良い状態だったので高得点、しかし他の具材に関しては本店と同じくやはり弱い。
海苔は本店よりは大きかったのですが大きな差は無く、味玉は完熟の状態だったので個人的には微妙。
メンマはへたれた物がスープの中に沈んでいました、こちらも細いメンマでフニャフニャだったので普通でした。
途中までは非常に美味しく頂けていたのですが、やはり量が半端無い為に後半はかなりの消耗戦を強いられました。
水と一緒に飲み込む形で何とか麺とスープ内の具材を全消費しました、しかしスープ割まで注文は出来ませんでした。


本店よりも好みの味でサービス精神も旺盛、今まで行った東池袋大勝軒系のお店の中ではトップですね。
今回は自分が大量に頼みすぎたせいで苦しみましたが、CPは非常に良かったのでお奨め出来ますね。
微妙な暖簾分けも多い大勝軒ですが、こちらは良い意味で本店的な良さを残しながら洗練されていました。

採点的には80点!ですね、ご馳走様でした。

Category: ラーメン:北区

Tags : 東京 北区 つけ麺 醤油 滝野川大勝軒 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る