2016 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2016 09

TAKANE men & bar:期間限定 煮干醤油らぁめん

 【31//2016】

訪問日:8/1
訪問時刻:14時30分頃
店内状況:先客なし
値段:750円+100円(大盛)
注文:口頭注文・後払い制
形態:限定メニュー
ベース:鶏、煮干
タレ:醤油
提供時間:約6分

20160831-2.jpg

20160831-3.jpg

20160831.jpg

非常にシンプルな煮干醤油、煮干は苦味などは排除して旨味と香りを上手く抽出。
煮干だけでは軽くなるのを鶏清湯が動物系の旨味を下支えしてカバーし厚みを持たせている。
醤油は香りも塩気も優しい物で出汁感を阻害しない、塩分濃度は良い塩梅で尖りもないですね。

20160831-4.jpg

麺は加水率やや高めの中細ストレート麺、ツルっとした滑らかさと適度なコシを感じられる麺ですね。
スープとの絡みはなかなか良好、少しだけスープの存在が強いがバランス的には問題ないレベル。


具材は味玉半分、海苔、メンマ、ナルト、青梗菜、チャーシュー、ネギの構成、ビジュアル不足感はなし。
味玉は黄身がほぼ固まりかけの半熟具合、醤油の味やや強めではあるがショッパではない。
海苔は長方形サイズが1枚、スープを吸ってヘタってしまっているが香りは悪くない。
メンマは細長シニョコリ系、味付けは薄めでメンマの風味も感じられて良好。
ナルトはピンク模様タイプで色がよく栄える、弾力強めのムニっとした物で箸休めとしても充分機能。
青梗菜は貴重な青味要員、独特の青っぽさも相性が良く意外と良い組み合わせの具材ですね。
チャーシューはロースが2枚、ロースらしく肉の繊維を感じるが硬くはなく香りもあって良い。
肉自体の味付けは非常にプレーンに近く、噛む事で肉の味が染み出してくるタイプ。
ネギは青い部分主体で投入量は普通、ネギの辛味は少なくシャキシャキの食感が良く出ている。


麺量は大盛指定でおよそ250g程度ですかね、量的には全く苦もなく7分程度で完食。
煮干の旨味と香りを上手く抽出し、醤油や具材との噛み合わせも纏まった比較的完成度の高い一杯。
個人的にはもう少しニボ感強めでも良かったが、割と初心者でも食べやすい万人向けチューニング。
ラーメンの味自体は満足出来る物だったが、店内の匂いの方が少し気になったかなぁ。
清掃用のワックスなんかの匂いなのか、その匂いが強かったのでラーメンの匂いを邪魔して勿体無かった。
次は基本となる塩を試してみたいですね。

採点的には85点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサーサイト



Category: ラーメン:宜野湾市

Tags : 沖縄 宜野湾 ラーメン 醤油 TAKANE 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Stripe Noodles:イベント限定 豚清湯醤油らーめん

 【30//2016】

訪問日:7/31
訪問時刻:16時30分頃
店内状況:先客4名
値段:500円
注文:口頭注文・先払い制
形態:限定メニュー
ベース:豚、煮干
タレ:醤油
提供時間:約6分

20160830.jpg

鶏だし工房 Garyu-yaからの連食訪問となります。
豚清湯ベースに煮干を合わせた一杯、メニュー名からのイメージよりも煮干の方が強いですね。
豚は動物系の補助という感じ、煮干の風味と軽い苦味が前面に出ていて主役感アリ。
醤油は香りはしっかりと楽しめるが塩気は柔らかく尖りなし、塩分濃度は適正値で良い塩梅。

20160830-2.jpg

麺は加水率やや高めの中細ストレート麺、滑らかで適度にコシを感じさせる麺ですね。
スープとの絡みは良好、スープのニボ感と麺の小麦感とのバランスは良いですね。


具材はもやし、メンマ、チャーシューの構成、500円と考えれば内容的には妥当ですね。
もやしはボイルタイプでシャキシャキ感良好、スープとの相性は良く良い組み合わせ。
メンマは細長タイプでコリコリ感強めの物、味付けはプレーンに近くメンマ自体の味を感じさせてくれる。
チャーシューはロースが1枚、ロース肉らしい繊維を感じさせてくれる。
味付けはこちらもほぼプレーンで噛むと肉自体の味とロース肉らしい匂いが広がります。


麺量はおよそ150g程度ですかね、三軒目ですが量的には問題なく6分程度で完食。
個人的にはメニュー名からイメージしていた物とは違いましたが、野外出店の一杯としては充分なレベルの物。
豚清湯よりも煮干の冠が付いていれば違和感なく楽しめた気がしますね、点数が伸びなかったのにも多少関係あるかなw
あと当日は凄く暑かったので、熱々のラーメンを食べるにはコンディションは最良ではなかった。
クーラーの効いた店内とかなら問題なかったでしょうが、外気温で食べると感じる印象も変わってきますね。
次は店舗の方で未食メニューに挑戦したいですね。

採点的には78点!ですね、ご馳走様でした。

Category: イベント系

Tags : 沖縄 イベント ラーメン 醤油 Stripe Noodles 70点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

鶏だし工房 Garyu-ya:つけ麺

 【29//2016】

訪問日:7/31
訪問時刻:15時40分頃
店内状況:先客8名
値段:780円
注文:口頭注文・後払い制
形態:通常メニュー
ベース:鶏、節
タレ:醤油
提供時間:約12分

20160829.jpg

TSUKEMEN GTからの連食訪問となります。
鶏白湯ベースに魚粉アシストっぽい魚介感を感じるミドルドロンジョ系つけ汁。

20160829-3.jpg

鶏白湯らしく動物系の濃度はあるが臭味や脂の重ったるさは特にないですね。
塩分濃度はやや高めながらもつけ汁としては普通で良い塩梅、塩気の尖りはないですね。

20160829-2.jpg

麺は一日30食限定の激太麺に変更を依頼、饂飩の様な極太麺が登場。
多加水らしい非常に滑らかなツルシコ系でモチモチ感も強い、個人的にはかなり好きなタイプですね。
つけ汁との絡みは普通、スープにある程度の粘度はあるが麺の存在感の方がやや強いですね。


具材は味玉半分、海苔、キャベツ、ホウレン草、つけ汁内にチャーシューとネギの構成。
小皿には日替わりのおまけダレも付いており、ビジュアル的な不足感はないですかね。
味玉は黄身がトロる程度の半熟具合、味噌の香りと仄かな甘味を感じさせるもので美味い。
海苔は大判が1枚でパリパリ感良好、スープを吸い込んでも海苔の香りは消えない良い海苔ですね。
キャベツはボイルタイプでオーバーボイル気味のクタクタ系、つけ汁との相性は悪くない。
ホウレン草はキャベツとは対照的に食感をしっかり感じられる、独特の青っぽさも鶏白湯との相性は良い。
チャーシューはサイコロ状にカットされた豚バラチャーが数個、脂身3割程度の物。
脂身のトロトロに適度に身の繊維を感じさせるが柔らかい仕上がり、味付けはプレーンで肉自体の旨味を感じるタイプ。
ネギは白主体で投入量は少な目かな、ネギの食感と香りは感じさせるがもう少し多ければなお良しかも。
終盤は本日のおまけダレ(当日はきのこポタージュ)で味変をしながら堪能、最後まで飽きはなかったですね。
ただ、きのこポタージュという情報だったが、カレーっぽい感じだったかな…w


麺量はおよそ250g程度ですかね、二軒目ですが量的には特に問題なく10分程度で完食。
鶏だし工房の店名通りに鶏白湯を堪能出来る一杯、日替わりのおまけダレも面白い試みですね。
激太麺も名前に違わぬ太さで面白かった、今度はノーマルの麺と他のおまけダレを堪能したいですね。
おまけダレを全部堪能するまでは通ってレポ上げようかな?

採点的には85点!ですね、ご馳走様でした。

Category: ラーメン:沖縄市

Tags : 沖縄 沖縄市 つけ麺 鶏白湯 Garyu-ya 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

TSUKEMEN GT:夏季限定 冷やしつけ麺

 【25//2016】

訪問日:7/31
訪問時刻:14時10分頃
店内状況:先客8名
値段:650円
注文:口頭注文・後払い制
形態:限定メニュー
ベース:節、煮干
タレ:醤油
提供時間:約12分

20160825-2.jpg

20160825.jpg

節煮干系の魚介系出汁を使った冷やし、麺だけではなくスープまでキンキンに冷えているタイプですね。

20160825-4.jpg

カットレモンが入ってはいるが、そのままの状態では特に酸味は出ていないので気にはならないかな。
塩分濃度は適正値で良い塩梅、塩気の尖りは特に感じられませんね。

20160825-5.jpg

麺は加水率高めの太縮れ麺、独特の弾力の強さとビロビロ感が特徴的な麺ですね。
つけ汁との絡みは普通かな、やや麺が優勢の印象だがバランス的には問題なし。

20160825-3.jpg

具材は味玉半分、メンマ、水菜、チャーシュー、カットレモンの構成、ビジュアル不足は特になし。
味玉は黄身が軽くトロる程度の半熟具合、醤油の風味を仄かに感じる物で味付け薄めで良い塩梅。
メンマは細長タイプのシニョコリ系、薄めの味付けでメンマ自体の味を感じさせるものですね。
水菜は貴重な青味要員で視覚面で良い働きぶり、シャキシャキとした食感も非常に良い感じ。
チャーシューは鶏モモ肉、パサ付きはなく下味程度の味付けで噛むと鶏肉自体の味を感じられるもの。
カットレモンは一切れ、果肉を噛むとレモンの爽やかな酸味で舌を強制的にリセットしてくれます。


麺量はおよそ180g程度ですかね、量的には特に苦もなく7分程度で完食。
夏季限定の新メニューとしてはそれなりに仕上がっており、季節に合った一杯となっている。
ただ、オペレーションがあまり良くなく、待ち時間が長い点は少し気になったかなと。
もう一つの新メニューで喜多方が出ているので次はそちらですね。

採点的には82点!ですね、ご馳走様でした。

沖縄県中頭郡北谷町伊平458-1 イーグルロッヂ1F

Category: ラーメン:北谷町

Tags : 沖縄 北谷 つけ麺 醤油 TSUKEMEN-GT 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

池袋大勝軒 宜野湾店:味玉ラーメン

 【24//2016】

訪問日:7/29
訪問時刻:18時10分頃
店内状況:先客なし
値段:800円
注文:食券制
形態:通常メニュー
ベース:豚、節、煮干
タレ:醤油
提供時間:約7分

20160824.jpg

豚骨と節煮干の魚介を合わせたスタンダード豚魚、大勝軒らしいテイストを感じさせる仕上がりは流石。
動物系と魚介系は魚介系がやや優勢な配分、塩分濃度は適正値で良い塩梅で円やかで塩気の尖りもなし。

20160824-2.jpg

麺は多加水の中太ストレート麺、ツルっとした滑らかさと小麦の香りが非常に良いですね。
スープとの絡みは良好、スープの旨味をしっかりと引っ張ってくれて麺とのバランスが取れている。


具材は味玉、海苔、メンマ、ナルト、チャーシュー、ネギの構成でビジュアル不足感はなし。
味玉は黄身が少しトロっとする程度の半熟具合、醤油の香りは感じられるが薄味で良い塩梅で美味い。
海苔は長方形タイプが1枚でパリパリ感は比較的良好、海苔の香りもしっかりと感じられる。
メンマは細長のシニョコリ系、味付けは薄めで比較的メンマの風味が出たもので良いですね。
ナルトは身の甘味が箸休めとして機能、チャーシューは肩ロースが1枚で大きさも厚みも充分なもの。
ロース肉らしい匂いで繊維も感じるが噛むと解れる感じで硬くはなく、良いチャーシューですね。
ネギは白主体で投入量は比較的多め、ネギの香りと食感が効いていて薬味として機能している。


麺量はおよそ160g程度ですかね、量的にはまったく苦もなく7分程度で完食。
大勝軒らしい味わいで期待を裏切らない一杯、いつ行ってもこれが食えるのは非常にありがたいですね。
優しい味なのでスープを無意識に完飲しちゃいそうになる魅力がありますね。
既に食べた事のあるメニューですが、過去の古いラーメンレポと差し替えで投稿させていただきます。
非常に満足度の高い一杯でした。

採点的には92点!ですね、ご馳走様でした。

Category: ラーメン:宜野湾市

Tags : 沖縄 宜野湾 ラーメン 豚骨魚介 大勝軒 90点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

麺屋 白虎:豚骨醤油らーめん

 【23//2016】

訪問日:7/28
訪問時刻:19時20分頃
店内状況:先客6名
値段:700円
注文:食券制
形態:通常メニュー
ベース:豚
タレ:醤油
提供時間:約8分

20160823.jpg

琉球島豚 麺屋なりよしからの連食訪問となります。
トロみのある乳化豚骨をベースに醤油を合わせたシンプルなライトドロンジョ系豚骨醤油
醤油は風味のある物だが塩気のキレは強くなく、比較的優しい印象で万人向けタイプの仕上がり。
塩分濃度は適度で良い塩梅、塩気の尖りは感じられませんね。

20160823-2.jpg

麺は加水率高めの中太ストレート麺、モッチリ感の強い麺で個人的にはかなり好きなタイプ。
スープとの絡みは比較的良好、やや麺が優勢ではあるがスープのトロみで持ち上がりは悪くない。


具材は海苔、もやし、キクラゲ、チャーシュー、ネギの構成、ビジュアル不足は特に感じない。
海苔はパリパリの大判物が1枚、海苔の香りと食感共に良好で非常に良いですね。
もやしはボイルタイプでシャキシャキ感良好、投入量も比較的多めでスープとの相性も良い感じ。
キクラゲは少し幅のある細長タイプでコリコリ感強め、豚骨ベースなので相性に関しては当然問題なし。
チャーシューは炙りを入れたバラロールが1枚、炙りの効果で香り良く無駄な脂も落ちているので重くない。
味付けは薄味で良い塩梅、炙りで少し締まった身の繊維を楽しめる。
ネギは青で投入量やや多め、視覚的に貴重な青味要員でネギの香りが鼻から抜けて薬味として良い仕事ぶり。


麺量はおよそ160g程度ですかね、三軒目ですが量的には特に問題なく完食。
優しい味わいの豚骨醤油で家系のギラギラした感じの豚骨醤油とは違うが、これはこれで非常に良いですねぇ。
ラーメン的には物珍しさはなくスタンダードですが、万人向け仕様のメニューなのでそれが逆に良いですね。
ラーメンばかりなので次の訪問ではつけ麺を攻めてみましょうかね。

採点的には82点!ですね、ご馳走様でした。

Category: ラーメン:那覇市

Tags : 沖縄 那覇 ラーメン 豚骨醤油 白虎 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

琉球島豚 麺屋なりよし:期間限定 シビレ辛味噌つけ麺

 【22//2016】

訪問日:7/28
訪問時刻:18時10分頃
店内状況:先客10名以上
値段:880円+税
注文:口頭注文・後払い制
形態:限定メニュー
ベース:豚
タレ:味噌
提供時間:約10分

20160822-2.jpg

20160822.jpg

琉球新麺 久からの連食訪問となります。
豚骨ベースに味噌と唐辛子と胡椒の効いたシビカラ系のヘビードロンジョつけ汁。

20160822-4.jpg

豚骨の旨味と味噌の風味を感じた直後に山椒の香りと痺れ、唐辛子の辛味が追従する展開。
シビカラは痺れが辛味よりもやや優勢、軽くビリビリとするが強すぎず弱すぎずで良い具合。
塩分濃度は味噌系らしくやや高めではあるが許容範囲内で良好、塩気の尖りも特には感じないですね。

20160822-3.jpg

麺は多加水の太ストレート麺、滑らかでしっかりとしたコシを感じさせる麺で個人的に好きなタイプ。
つけ汁との絡みも良好、粘度高めのつけ汁は存在感があり太麺にも負けていないのでバランスが取れている。


具材は麺の器に味玉、チャーシュー、つけ汁の器に玉ネギとキクラゲ、ネギの構成、ビジュアル不足はなし。
味玉は黄身が軽くトロっとする程度の半熟具合、塩気は適度で醤油の風味を感じさせるもので美味い。
チャーシューは大きさのあるイベリコチャーシューが3枚、これは素晴らしいの一言。
ロース肉らしい肉の繊維を軽く感じさせるが箸で切れるので硬くない、味も適度な塩気で肉自体の味を噛み締めるタイプ。
玉ネギは細く切られた物でシャキシャキの食感に玉ネギの甘味が良く出ている、シビカラの緩和材としていぶし銀の働き。
キクラゲは大きな花びら型の物が1個、肉厚でムギュっとした弾力とコリコリ感があって良好。
ネギは青で投入量多め、地味な色合いになりがちな味噌系には必須な色味要員でネギの香りも良い働きぶり。


麺量はおよそ180g程度ですかね、二軒目ですが量的には全く苦はなく8分程度で完食。
沖縄では貴重なシビカラ系で味の纏まりも良く、普通にレギュラー化して欲しい一杯ですね。
スープ割も気になったんですが、残念ながら次の予定があるのでスルーとなりました。
前回の限定はイベリコチャーシューの良さが然程感じられなかったのですが、今回はそこも目立っていて非常に良かった。
次の限定はどんな物が出てくるか楽しみですね。

採点的には95点!ですね、ご馳走様でした。

Category: ラーメン:那覇市

Tags : 沖縄 那覇 つけ麺 味噌 なりよし 90点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

琉球新麺 久:裏メニュー 酸辣湯麺

 【21//2016】

訪問日:7/28
訪問時刻:15時10分頃
店内状況:先客2名
値段:750円
注文:食券制
形態:裏メニュー
ベース:鶏
タレ:
提供時間:約6分

20160821.jpg

鶏清湯ベースに辣油の辛味と酢の酸味が加わった期待通りの酸辣湯麺の味。
味自体は期待通りの物ではあるが、珍しいのは醤油タレではなくタレで仕上げられている事。
醤油タレで仕上げたものと比較するとらしいスッキリ感が感じられて面白い、分濃度は適正値で良い梅。
酸味と辛味は酸味がやや優勢ではあるが、どちらも軽く効いてくる感じで優しくて食べやすい。

20160821-2.jpg

麺は加水率やや高めの中細ストレート麺、滑らかで弾力を感じさせる麺で良いですね。
スープとの絡みは良好、ややトロみのあるスープなので麺にもしっかりと纏わり付きますね。


具材は玉子、ニラ、キクラゲ、エノキ、チャーシュー、ネギの構成、ビジュアル不足は皆無。
玉子はフワフワでベストと言える加熱具合、ニラは独特の香りと視覚面での青味の提供をしておりスープとの相性も良い。
キクラゲとエノキはコリコリ感強めの物で食感良好、エノキからの茸の味の広がりも非常に良い。
チャーシューはロースを細かくカットした物が入っている、脂身なしで肉自体の食感を楽しめる。
ネギは白で投入量多め、ネギの食感と独特の香りが薬味としてしっかりと機能している。


麺量はおよそ160g程度ですかね、一軒目なので全く苦もなく8分程度で完食。
自分が今まで食べてきた酸辣湯麺は醤油が多かったので、で食べれたのは非常に良い経験でした。
こちらのメニューは仕込みが別で必要なので、事前に電話で提供出来るか確認しないと基本的にはありつけません。
電話をしたら快く了解していただけました、本当に素晴らしい対応に感謝申し上げます。
味も接客も両方で完璧な一杯でした。

採点的には98点!ですね、ご馳走様でした。

Category: ラーメン:那覇市

Tags : 沖縄 那覇 ラーメン 90点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

和風らーめん はるや:夏季限定 冷やし麺

 【20//2016】

訪問日:7/27
訪問時刻:19時20分頃
店内状況:先客6名
値段:750円
注文:口頭注文・後払い制
形態:限定メニュー
ベース:煮干
タレ:醤油
提供時間:約7分

20160820.jpg

つけめん SAKURAからの連食訪問となります。
タレは甘味強めの醤油タレで煮干系の旨味を閉じ込めている、甘味強めだが嫌味な感じは無い。
酸味も感じられるが甘味と比較すると控え目、塩分濃度も良い塩梅で尖りなし。
麺はいつものはるやの中細ストレート麺、しっかりとしたコシを感じられる麺ですね。


具材は味玉、胡瓜、トマト、豚肉、カイワレ、玉ネギ、カットレモンの構成、ビジュアル不足はなし。
味玉は半熟で醤油の風味と甘味を感じさせる物で美味い、パリパリ感の強い刻み海苔も香りと食感良く相性○
胡瓜は個人的に青っぽさが麺と食べる時に邪魔と感じる事が多いが、このタレには非常に合っていて良いですね。
トマトはらしい酸味と甘味が感じられる、視覚面でも赤色が中央にあるのは栄えますね。
豚肉は湯通ししたしゃぶしゃぶ肉系で部位はロースかな?脂は少なく肉自体の繊維を感じられるが硬さは無い。
味付けはほぼプレーンで肉自体を楽しめるタイプ、タレの塩気と合わさる事で良い具合になる。
カイワレと玉ネギは薬味として機能、青味と辛味が効いており舌や鼻腔をリセットしてくれる。
カットレモンは途中から絞る事で爽やかな酸味を追加、酸味が強くなる事で甘味が抑えられて終盤サッパリに変化。

20160820-2.jpg

ご自由にお使いくださいと渡されたマヨネーズとからしを最終盤に使用、相性的にどうかと思ったがめっちゃ合う…w
マヨネーズのコクで円やかになるのに、辛子が上手く〆てくれるのでもたれないし良いアイテムでした。
麺量はおよそ180g程度ですかね、量的には特に苦もなく7分程度で完食。
夏季限定物で昨年は食べ逃がしてしまったので、今年はちゃんと堪能する事が出来て満足です。
最後のからしマヨネーズまで隙のない仕上がり、とても完成度の高い一杯で楽しかったです。
次はデフォにするか裏メニューにするか迷いますね。

採点的には92点!ですね、ご馳走様でした。

Category: ラーメン:浦添市

Tags : 沖縄 浦添 汁なし 醤油 はるや 90点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

つけめん SAKURA:つけめん

 【19//2016】

訪問日:7/27
訪問時刻:18時頃
店内状況:先客なし
値段:800円
注文:口頭注文・後払い制
形態:通常メニュー
ベース:豚、節、煮干
タレ:醤油
提供時間:約10分

20160819.jpg

らーめん 名嘉商店からの連食訪問となります。
やや匂いを残した豚骨と節煮干の魚介を合わせた豚骨魚介系、比較的またおまな系統。

20160819-3.jpg

豚骨の比重はラーメンの時よりも低めな印象、魚粉と煮干油が引き立っている感じかな。
甘味と酸味は微弱なもので強くはなく良い効き具合、辛味は特に感じなかったかな。
塩分濃度はやや高めながらも許容範囲内で良好、塩気の尖りは特に感じられませんね。

20160819-2.jpg

麺は加水率高めの中太ストレート麺、滑らかさと適度なコシがを感じられるツルシコ系。
つけ汁との絡みは普通、やや麺の小麦感が勝っている感じではあるがバランス的には問題ないかな。

20160819-4.jpg

具材は全て別皿提供で玉子、茎ワカメ、ゴーヤー、玉ネギ、チャーシューの構成で物足りなさはないかな。
玉子は完熟タイプで味付けはほぼプレーンな感じ、個人的には半熟が好みなので少し趣向から外れる。
茎ワカメは強いコリコリ感が特徴的、つけ汁との相性も良い感じでアリな組み合わせですね。
ゴーヤーは塩漬けにした物で独特な青味と苦味が箸休めとして機能、好みは分かれるだろうが個人的には○
玉ネギは細切りにしたものでシャキシャキとした食感と玉ネギの甘味が感じられて良好。
チャーシューはロースの短冊切り、パサ付きなく味付けも薄めで肉自体の味が噛む毎に出てくるタイプ。


麺量はおよそ280g程度ですかね、二軒目ですが量的には特に問題なく10分程度で完食。
総評としては比較的またおま系の豚骨魚介、個人的にはもう少し豚骨の豚臭さの力強さがあっても良かったかなと。
ラーメンに比べると魚介が引き立っている印象で、スープ割まで想定して動物系比率を高くしすぎてないのかな?
スープ割は頼まなかったので分からないが、魚介出汁であっさりと割るなら豚骨はこのぐらいの方が良いでしょうしね。
それにしても、4時までこのレベルの一杯が食べれると考えると非常に重宝される店ですね。
今回の訪問でデフォメニューは完全制覇、今後のレポ上げは限定物だけになりますね。
次はどんな限定を出してくれるのかが楽しみですね。

採点的には82点!ですね、ご馳走様でした。

Category: ラーメン:那覇市

Tags : 沖縄 那覇 つけ麺 豚骨魚介 SAKURA 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る