2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

天神矢:2014年10月限定ラーメン 旨辛味噌ラーメン

 【23//2014】

登竜門を食べた後に新店開発&限定目当てで訪問。
元々近所のこの三店舗を連食する事は確定事項だったのですが
先の二店舗で予想以上にサービスを受けてしまって胃の容量がやや心配w
こちらは地図を確認しながら訪問しましたが、パッと見だと分かり難いですね。
看板等も出ていないので事前にストリートビューで建物確認しといて良かった。
店舗の外観は昭和感の漂う古臭い見た目、店内の内装もレトロな感じです。
先客が既に3人、自分が入った後からも3人となかなか人気がある模様。


カウンター席に着席して今月の限定をと口頭で注文し到着を待ちます。
辛さが1~10段階の中から選べるとの事なので、辛すぎるという悲劇を回避する為に低めの2でお願い致しました。
通常メニューにも辛味噌があるみたいですが、今回の限定との違いについては確認する事が出来ず。
後々に分かったのは今回の限定が通常メニューに昇華して載ってたって事らしいです。
そんなこんなで注文から7分程度で目の前に到着、見た目は文句の付け所がないぐらいに美しい一品ですね。

20141123-2.jpg


いつも通り写真を撮影していただきます、まずはスープから一口いただきます…
豚鶏混合で豚がやや強めに主張する出汁感、追従して辛味が舌に乗り最後に味噌の塩気と風味がやってきます。
味噌ラーメンのスープにしては比較的サラサラとしていて飲みやすい系統のスープ。
味噌の風味と塩気は強めに出ていますが、出汁感も感じられるので味噌主体で食わせる古いタイプとは違いますね。
塩分濃度はやや高めながらも余裕の許容範囲内で塩気の尖りも感じられず、むしろ味噌系にしては普通ぐらいか。
少し気になったのは辛さが予想以上に強かった事、辛さ2のはずなのに結構辛い…
食えないほど辛いって訳ではなく舌にピリピリとした刺激が強めに乗ってくる感じで、食べてると結構発汗します。
それにしてもこれでレベル2という事なら、たぶん4ぐらいで自分は限界で10なんて絶対無理そうだなぁ。
通常メニューの辛味噌頼んでる人にも辛さ聞いてたから、もし食べるとなった時にはおとなしく1にしておこう。

20141123-3.jpg


麺は多加水の中太ストレート麺、滑らかで適度なコシとモチ感があって結構好みの麺ですね。
スープとの絡みも良い感じで、味噌系の濃い目のスープに負けずに小麦の香りが感じられて良いですね。


具材はメンマ、チャーシュー、カイワレ、糸唐辛子、薬味ネギの構成でやや物足りないかな。
メンマはやや太めの一品で柔らかさの中に適度な歯応えを残し、プレーンな味付けでメンマの香りを感じられ非常に好み。
チャーシューは脂身3割ぐらいのバラロールで、バラ系の肉にしては柔らかさの中に肉の噛み応えを残した一品。
プレーンな味付けで肉本来の旨味を感じられ、脂も溶けるような感じで甘みが良く出ていて美味い。
カイワレは色味目的が強い感じではあるが、ネギと同じくシャッキリ感と独特な辛味が口内を〆てくれます。
糸唐辛子は基本的に飾り目的の物が多いですが、この糸唐辛子はしっかりと辛さを感じられ飾り以外の効果も果たしています。
ネギはカイワレの時に書いた事とほぼ同じなので割愛、粗めのカットで存在感があったのは好感触。


麺量は200g程度ですかね、さすがに3軒目という事でペースが落ちて10分以上掛かっての完食。
総評としては切れ味鋭い辛さの光る一品、辛味も味噌感もしっかり感じられるが作りは上品といった印象。
個人的には辛さがもう少し抑えてあった方が好みなのと、具材の物足りなさが気になったかな。
味噌系は基本単価高めなのを考えると700円でこの内容なら頑張っているとは思いますけどね。
まぁ新店開発としてこのレベルの店が出てくれば個人的には満足、11月も限定の提供があるみたいなので楽しみ。

採点的には75点!かな、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:那覇市

Tags : ラーメン 沖縄 那覇 味噌 天神矢 70点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する