2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

山勝角ふじ:カレーラーメン+味玉+小豚

 【18//2015】

ご近所の角ふじさんに夜中にラーメンを無性に食べたくなる持病が発生したので、訪問してまいりました。
こちらのお店は夜中の1時までやっているので、この持病が夜中に出てきた時には大変重宝するお店です。
閉店間際に到着した為か待ちの客はゼロで券売機で食券を購入して、すぐに着席する事ができました。
店員さんには麺固めと脂多目を告げてラーメンが出来上がるのを待ちます。
普段は混雑しているお店ですが客数が少ない為か店員さんも少し緩い空気で調理されています
いつも忙しそうですしこの時間ぐらいはゆとりを持って作らせてあげたいですねぇ。
角ふじ特有のゴワゴワもしくはボキボキと表現する極太麺なので、やはり湯で時間が掛りますね。
固めオーダーでも6~7分程度茹でていましたね。


こちらのお店のラーメンで評価するべき点としては器の湯煎を行っている事でしょうか
盛り付けの寸前まで器にお湯を張っているので通常よりもスープが冷めにくくなっていると思います。
湯煎は必須では無いですけどやはりやってくれると嬉しいものですよね。
カレーラーメンの調理手順を見ているとまずは醤油タレを投入、その後カレー粉を投入しています。
出来上がり後に側に乗せて置くのではなく最初からスープと混ぜるようですね。
タレをセットした器の中にスープを注ぎこんでいきます、脂多目を注文しているので背脂をかなり掬ってくれました。
スープはカレー粉の影響もあり少し黄色っぽい色になっていますねー
それを丁寧にかきまわしてカレー粉を馴染ませてくれています。
その後麺を投入しヤサイ、ブタ、玉ねぎを載せて最後のニンニクコールとなり、普通でお願いして注文の品が到着。

20150118-3.jpg

見た目はいつも通りの角ふじラーメン、少し色の付いたスープとカレーの香りが漂います。
まずはスープを一口…うん、カレーだ。
カレーの味と香りが口内に広がります、脂多目で注文した為か少しまろやかな感じもします、これは正解だったかも。
麺はいつも通りの極太麺、固めで注文していたので通常よりもボキボキとした感触が楽しめます。
ヤサイはいつ食べても茹で具合が秀逸、もやしとキャベツの食感が固すぎず柔らかすぎず丁度良い感じで残ってます。
そしてカレーと茹でヤサイが意外と合うんですね、これは結構面白い発見。
味玉は相変わらず半熟具合が良好で良いですね、味付けも濃すぎず丁度良いです。
ブタは二郎系としては厚みや大きさに少し物足りなさを感じますが、相変わらず柔らかくジューシーで旨いです。
ニンニクは多目にしなくて正解、漬けニンニクから醤油が染み出るので後半は少しカエシの存在感が出てきます。
多めにするとかなり濃くなってであろうかと思うとこれで正解でしたね。
予想以上の旨さであっという間に完食し非常に美味な一品でした。

採点的には87点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:松戸市

Tags : 千葉 松戸 ラーメン カレー 山勝 角ふじ 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する