2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

山勝角ふじ:味噌ラーメン+小豚+野菜マシ

 【22//2015】

山勝角ふじさんに訪問、いつも通りの閉店近くの時間帯に訪問で待ち無しでした。
店内の券売機にて味噌ラーメンと小豚の食券を購入します
店員さんに手渡しし麺固め、脂多目、そして今回はじめての野菜マシに挑戦してまいりました。
前回の訪問時で学んだ事はこちらの店舗のベーススープは意外とこってり感がそこまで強くないので
脂多目にして食った方がこってり具合と二郎系らしいジャンクさが出て旨いという事ですかね。
極太麺なので相変わらずの茹で時間、面を茹で始めてから約7~8分ほどで麺上げでした。
味噌ラーメンは少しのカエシと味噌ダレ、辛肉味噌を下地に、そこにスープを注ぎこんでいきます。
脂多目注文という事で背脂を大量に入れ、そこに上げた麺を投入してトングで混ぜて馴染ませます。


そして注目の野菜マシですが、普通のコールだとトング1掴み半ぐらいなんですが
野菜マシの場合は3掴みでしかも結構押し込んで入れてくれますので標高は充分。
初の野菜マシですが標高の高さにこれはやってしまったかな…と感じます。
増した野菜の上に玉ねぎを載せ、周りに注文した豚を小豚なので4枚貼り付けていきます。
最後のニンニクコールが来たので普通でお願いして、注文の品が眼前に到着。
この標高は完全にやってしまったかなー、しかし注文した限りは食べ切るのがルールである。

20150122-5.jpg

とりあえず写真を撮影してみましたが、標高が高すぎて上の方が少し途切れてるし…撮影の方も失敗したな。
それでは実食!まずはスープを一口啜ります…うーん、特に驚きはない普通の味噌ですね。
麺は相変わらずのゴワゴワとした極太麺、固めで注文しているのでポキポキとした食感もあって面白い。
豚は相変わらず柔らかく薄い味付けで美味しい、毎回言うが厚さだけがネックかw
野菜は味噌ダレとの相性は抜群、ボイル野菜ではなく炒めた野菜であればもっと美味しかったかも知れないですが。
二郎系ラーメンを食べ慣れている人は天地返しなる野菜と麺をひっくり返す技量をお持ちのようですが
私はそのような技術は持ち合わせていないので野菜を側から崩してスープに絡めて麺と一緒に消費していきます。


標高が半分以下になって来た時にとある問題が発生し始めた、野菜の影響でドンドン味が薄くなってきている!
野菜のせいで味が薄くなっていく事を全く計算していなかった、濃い目で頼んでおけば良かった。
卓上には一応ラーメンタレはあるんですが、味噌にラーメンタレを使うと味の変化でとんでもない事になって
逆に食い切るのが難しくなるかもしれないと思い回避し、黙々と消費していきます。
黙々と食べ進めていき後はスープに沈んだ麺と野菜を処理するだけになりましたが、ここで第2の問題が発生。
後少しと気が緩んでしまい一気に満腹感が襲ってくる、マラソンでもゴールを意識し始めてからがキツイと言いますが
そんな感じでしょうかね、水と一緒に流し込む作戦でラストスパートし大体15分位で完食する事が出来ました。


後半はほとんど作業になってしまったが、これは私自身が野菜マシを選択して起こした事なので致し方なし。
具材と麺・野菜は良質だったがどうしてもスープの没個性さもあってか好感触とまではいきませんね
味噌で個性出すのって難しいですよね、今後野菜マシは自重しようと思うのですが喉元過ぎれば何とやらだろうなw

採点的には72点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:松戸市

Tags : 千葉 松戸 ラーメン 味噌 山勝 角ふじ 70点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する