2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

ラーメン工場 無双:マーボーラーメン

 【27//2015】

久しぶりに工場勤務してきましたよー
訪問は19時半を少し過ぎた辺りで客数は3組ほど。
空いているカウンター席に着席して表題メニューを注文。
注文から5分程度で目の前に到着、マーボーな見た目ままの一品。

20150127.jpg

それではいつも通り写真を撮影していただいます、まずはスープを一口。
鶏出汁をベースにしたスープの上にマーボーが掛かった一品、麻婆豆腐とスープは完全に分離したタイプ。
片栗で半固形化したマーボーはシャバ系スープに溶けて混じる事はなく、餡との境界線がはっきり。
ベーススープはカエシ弱めで優しい味わい、麻婆豆腐の辛味や塩気が混じる事で丁度良い塩梅になる感じ。
麻婆豆腐の辛味は弱めで軽く下にピリっとした刺激が乗る程度、辛さが苦手な人でも余裕かな。
塩分濃度は適正値で良い塩梅、塩気の尖りなども感じられず辛味はあるが優しい作り。

20150127-2.jpg

麺は加水率高めな感じの中細ストレート麺、適度なコシとモチ感が感じられて良いですね。
スープとの絡みに関しては微妙、ベースのスープは出汁感は悪くないが塩気が薄いので麺が勝ちすぎてしまう。
麻婆豆腐は半固形化しているので麺に絡む訳はなく、蓮華で麻婆豆腐を掬って口内での調整が必要。


具材は麻婆豆腐を構成する豆腐と挽肉、これを除けば薬味のネギのみのビジュアル的には物足りない構成。
豆腐は絹ごしで崩れやすいタイプ、言うまでもなく豆腐はラーメンの具としてはイマイチやね。
挽肉はそこそこ入っていて量的には妥当、豆腐も含めて麻婆豆腐としてなら充分合格点という感じか。
薬味のネギは白でネギらしい辛味を感じられる、投入量も充分で違った刺激を舌に与えるので薬味として機能。


麺量は200gない程度ですかね、量的に苦もなくササっと食べ終わり5分程度で完食。
総評としてはマーボーラーメンの名称ながら、麻婆豆腐とラーメンの要素は分離して別々で独立してしまってます。
そもそも麻婆豆腐自体がラーメンとあまり合わないので、このメニューはどこで食べても点数は伸びませんね。
麻婆豆腐単体としてはなかなか美味そうな感じだったので、普通にご飯と食べたいかなぁ。
まだまだメニューはあるので今後も定期的に訪問するとしますか。

採点的には65点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:宜野湾市

Tags : 沖縄 宜野湾 ラーメン その他 無双 60点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する