2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

拉麺 笑和:醤油らーめん

 【28//2015】

工場勤務の後に続けてこちらに連食訪問。
今回で採点的には最後のレビューで完走ですね。
豚骨が基本のこちらですが、醤油も提供しているんですよね。
店内に入って空いているカウンターに着席、表題メニューを口頭注文。
20時少し過ぎの訪問で店内には2名とやや閑散としていますね。
注文からおよそ5分少々で到着、見た目は普通の豚骨とは全く違った醤油

20150128.jpg

それではいつも通り写真を撮影していただきます、まずはスープを一口…
鶏出汁をベースにした甘めのカエシを合わせた一昔前のオールドタイプな感じのシャバ系醤油ラーメン
出汁感とカエシのバランスは良く、基本の豚骨とは別系統ながらも作り自体は悪くないかな。
少し残念なのが油が多くて唇がヌルテカになる事、食べてる最中に油感で胃が重くなっていくのが分かる。
ラーメン自体の油が多いんじゃなくて、もやしと玉ネギを炒める際の油の量が多くてそうなってる感じやね。
塩分濃度はやや高めながらも許容範囲内で良好、塩気の尖りもあまり感じられませんね。

20150128-2.jpg

麺は加水率やや高めな感じの中太弱縮れ麺、適度なモチ感とコシがあって悪くないですね。
スープとの相性に関してはやや弱いか、麺優勢でこのスープにはもう少し細い麺の方が合うかなという印象。


具材はもやしと玉ネギを炒めた野菜、海苔、チャーシュー、薬味のネギとシンプルな構成。
野菜は適度な炒め加減でシャキシャキ感と玉ネギの甘味が出ていて悪くないが、やはりオイリーで油っぽいのが難点。
海苔は正方形カットの物が1枚で汁気を吸ってクタってますね、この系統のラーメンならパリパリ系の方が好み。
海苔の香りは感じられるものの微弱、醤油の香りの方が勝ってしまっていますね。
チャーシューは厚切りのロース肉が2枚、充分な大きさと厚みで量的にはかなりの満足感。
肉は少し硬さを残した歯応え重視なタイプ、噛むと肉のワイルドな香りが感じられて肉々しい感じの一品。
味付けはほぼプレーンな感じでスープの塩気と合わさって丁度良い塩梅になる感じ。
薬味のネギは青で色味の提供に貢献、ネギの香りは感じられるがスープに押し負けてしまいますね。


麺量はおよそ200g程度、量的には二軒目でも苦にならないが油感からくる胃の重さに苦しみ8分ほどで完食。
総評としては昔ながらのシンプルな醤油ラーメン、味の方は悪くないが油分の多さが足を引っ張ってしまった印象。
油が適切な量だったら普通に70点ぐらいは取ってた気がする、豚骨メインの店としては悪くないレベル。
今回でレギュラーメニューは完走、限定を出すタイプの店じゃないだろうから今回で完全に終わりかな。
近場で気が向いた時には悪くないが、近隣は選択肢が多いので生き残りは大変そうだし頑張って欲しい。

採点的には60点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:宜野湾市

Tags : 沖縄 宜野湾 ラーメン 醤油 笑和 60点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する