2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

麺屋 宵 ‐yoi‐ 大謝名店:トンコツ黒ラーメン

 【30//2015】

麺屋 弥助 大謝名本店で一杯いただいた後に新店開発!
こちらは那覇に本店のあるお店の支店となります。
那覇まで行くの面倒臭いと思ってたので近場に出来て嬉しい。
本店は飲み屋街にあり、夜~朝までの営業の典型的な〆ラーメン用の店。
こちらは昼営業をやってますが、提供メニューは一緒の様ですね。
こちらは唐揚げも専門店の物を提供してるらしく、それの評判は結構良いようです。
訪問は16時頃で人入りの少ない時間ではあるが先客無し!
さすがに時間帯の影響もあるにせよ、これは不安を感じますね。


どこでも好きに座れる状態なので好みの場所に着席し、テーブルに置かれたメニュー票と睨めっこ。
ノーマルの豚骨を基本にして辛味のある赤、マー油でコクを出した黒とがある様ですね。
それ以外にも塩と醤油、サイドメニューのみならず日本蕎麦まであるという幅広いメニュー展開ですねw
基本的にメニューが多い店に当たりなしという印象があるので、これも不安を感じるが表題メニューを口頭注文。
麺の固さを選べるようなので豚骨なので硬めで注文し到着を待ちます。
注文からおよそ3分しないぐらいで到着、見た目はマー油が入っているので熊本ラーメンっぽいですね。
マー油の香ばしい香りと豚骨の香りが混ざって飛んできて非常に食欲をそそりますねぇ。

20150130.jpg

それではいつも通り写真を撮影していただきます、まずはスープから一口いただきます。
スープを飲んで最初に頭に浮かんだのは出汁感の分析よりも先に「あぁー、このタイプか…」
白濁豚骨はコクがあってクリーミーで臭みなどもなくて良い感じなんですが、残念な事に甘い…
自分は豚骨は好きなんですけども、極稀にある甘いタイプの豚骨が苦手で今回がまさにそれでした。
この甘さって何で出したらこうなるんだろう?まさか砂糖入れたりとかしてる訳はないだろうし…
スープが甘いので対照的なマー油の苦味が鮮明に出るので甘苦いという不思議なスープになっていますね。
塩分濃度は尖りを感じないので恐らく塩梅的には良いんじゃないかな、甘さのせいで断言出来ないけどw

20150130-2.jpg

麺はこの系統では定番の加水率低めの細ストレート麺、硬め注文でコシがあり小麦の香りも強く悪くない。
スープとの絡みに関しては良好、スープの存在感と麺の存在感のバランスは良いが甘味のせいでモヤモヤする。


具材は半熟のゆで卵ハーフ、キクラゲ、海苔、チャーシュー、薬味のネギの構成。
ハーフのゆで卵は黄身がほぼ固まりかけぐらいの半熟具合、味付けなしでスープの塩気と一緒に食べる感じ。
海苔は正方形カットの物が1枚、パリパリ感は普通ながらもスープに浸かっても崩れておらず強度はなかなか。
海苔の香りも感じられて悪くはないかな、スープを沢山吸っているのが今回のスープの出来だとアレだが…w
チャーシューは脂身部分はカットした感じのバラロール、適度な身の硬さで肉を噛む感じを味わえて悪くない。
味付けも薄めで個人的には結構好きかも、しかし肉単体で評価爆上げ修正は難しい。
薬味のネギは充分な投入量でシャキシャキ感とネギの香りを感じるが、この甘いスープとネギの香りの相性は…


麺量はおよそ120g程度ですかね、量が少ないおかげで箸があまり進みませんでしたが5分程で完食。
総評としては甘味がなければ結構評価出来そうな作りの豚骨だが、申し訳ないが個人的には好みじゃないタイプ。
当方は酒を飲まないので分からないのですが、お酒飲んだ後ってこういう作りのが美味しく感じるんですかね?
飲み屋街で営業している本店と提供しているのは同じだと思うので、本店も同じ味だと思うんですが…
本店の方は結構評判自体は良いみたいですし、単純に酒飲まない俺との相性が悪いだけなのだろうか?
ベースの豚骨がこれって事はノーマルや赤も恐らくは自分との相性は悪いはずなんだよなぁ…
完走の為に今後も定期的に通う必要があるが、あまり足が向かない感じだなぁ。
とりあえず今回が甘かっただけと言い聞かせて次に訪問したいと思います。

採点的には52点ですね!、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:宜野湾市

Tags : 沖縄 宜野湾 ラーメン 豚骨 50点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する