2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

めん処 夢ノ弥:期間限定麺 濃厚海老味噌つけ麺

 【03//2015】

らーめん工房 赤まる 那覇店での一杯の後に訪問。
元々は琉家に行く予定でしたが、まさかの昼の部臨休w
振られてしまったので行き先を変更してこちらに。
こちらもおきなわ倶楽部の限定企画の一品となります。
訪問時刻は13時少し過ぎ、店内は先客7名程となかなか盛況。
空いているカウンター席に着席し、表題メニューを口頭注文。
こちらは人気店の三竹寿のほぼ正面に店を出した事で話題に。
対面に出すだけはあると味の方の評判も良いんですよね。

以前から気になってはいましたが私は出不精で機会がないと遠出しないので、今まで一度も訪問する事なく。
今回は限定メニューに釣られて重い腰を上げ、やってきたという次第でありますw
そんなこんなで注文からおよそ7~8分ほどで到着、見た目はいわゆる豚骨魚介つけ麺の王道ビジュアル。

20150203.jpg

いつも通り写真を撮影していただきます、まずはつけ汁を軽くペロリーナ。
豚骨と魚介の出汁の旨味を感じた後に味噌の風味と海老の香りが鼻から抜ける展開のヘビードロンジョ系つけ汁。

20150203-2.jpg

豚骨と魚介の体感比率は豚8:2魚介ぐらい、豚を強めに感じるこってり系の作りですね。
濃厚な出汁感をベースにしているので味噌はあくまでも支え程度、海老感はそこまで強くはない。
海老好きの当方としてはもっと海老感があった方が嬉しいですが、出汁の濃度が高い好みの作りで概ね満足。
塩分濃度は高めながらも許容範囲内で良好、強烈ではないが塩気の尖りを多少感じるのが勿体無いかな。
麺は多加水の太ストレート麺、多加水らしい滑らかさと食感が特徴のモチプリ麺で非常に好み。
つけ汁との絡みはヘビドロ系でもあるので当然抜群、絡みつく濃厚なつけ汁に負けない麺の存在感は素晴らしい。


具材は刻み玉ネギ、キクラゲ、チャーシュー、ネギの構成、具材が沈んでる事もありビジュアル的にはかなり寂しいw
刻み玉ネギはシャキシャキ感と玉ネギ特有の甘味と辛味を提供も量が多くはないので効果は少なめ。
キクラゲはラー油と和えているのか微弱ながら辛味が感じられる、コリコリ感しっかりで個人的には好み。
チャーシューは短冊切りのバラが3枚ほど、厚みは充分で量的には満足出来ますね。
適度な柔らかさで肉を噛む楽しみも感じられる一品、味付けは良い塩梅で個人的には好みなチャーシューですね。
ネギは青で香りと色味の提供に貢献、ベースの豚骨比率が高いので青ネギは良く合いますね。


麺量はおよそ150g程度ですかね、二軒目でしたが量的には苦もなく3分少々で収めて完食。
ランチタイムサービスで付いてきたご飯をつけ汁に投入して飯割で〆て完飲完食。
総評としては所謂またおま系の豚骨魚介ではあるが、レベルが高く充分楽しませるだけの力量あり。
つけ汁・麺・具材各種レベルが高かっただけに、塩気の尖りがあったのが本当に惜しいなぁ。
海老味噌という名称の割には海老感が大人しいので物足りなかったかな、味噌感は今ぐらいで充分だったが。
あとは具材がビジュアル的にやや物足りないのと、つけ麺なのでデフォルトの麺量がもう少し多いと良いかな。
モノが良かっただけに気になる所が目に付いてしまっただけで、点数から見ても満足度は高いんですけどね。
次はデフォルトメニューに挑戦したいですね。

採点的には85点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:那覇市

Tags : 沖縄 那覇 つけ麺 海老 豚骨魚介 味噌 夢ノ弥 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する