2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

琉家:期間限定麺 極辛担々麺

 【05//2015】

麺屋 だるまで一杯いただいた後に連食訪問。
前回訪問時に振られてしまいましたが今回は大丈夫でしたw
訪問時刻は12時半前、既に先客8名程と安定した人気。
店主とあけおめことよろのご挨拶を交わして空いている席に着席。
表題メニューを口頭注文し到着を待ちます、こちらも某雑誌企画の限定です。
注文から5分程で目の前に到着、胡麻の香りが効いていますね。
店主が今回のはかなり辛いですよと持ってきたので少し怖い…w
いつも通り写真を撮影していただきます、まずはスープを一口いただきます。

20150205.jpg

出汁の旨味とカエシの塩気を感じた直後に強い辛味が到来、最後に胡麻の香りが鼻を抜ける展開のシャバ系スープ。
店主の一言通り辛味はかなりしっかりしていて強いですね、何とか限界ギリギリに収まるが厳しいw
鶏白湯に豚足等を使った動物系が土台、出汁の旨味は感じるが辛味で詳細分析は出来なかったので雑誌情報w
辛味は唐辛子、生姜、自家製辣油で構成、大量の擦り胡麻が優しい香りで刺激を少し緩和してくれる気がする。
塩分濃度は高めながらもキレ良好、塩気の尖りはないと思うが唐辛子の刺激で感知が鈍いので謎w

20150205-2.jpg

麺は加水率やや高めな感じの軽いウェーブの入った中細麺、コシの強さが特徴的ですね。
スープとの絡みは良好、圧倒的な存在感のスープに飲み込まれておらず小麦感も感じられて良いですね。


具材はボイルキャベツ、低温調理のロースチャーシュー、糸唐辛子でビジュアル的にはやや不足感あり。
キャベツは適度な茹で具合で葉はシャキシャキ、芯はポリポリと強めな食感があって良好。
キャベツの甘味が非常によく出ており、辛味に対しての緩衝材として抜群の機能性。
投入量自体は普通ですが芯の部分が多めで長く噛んで甘味を抽出出来るので救世主扱いw
このボイルキャベツの配分を上手く調整して出来ると、辛味の強いこの担々麺も楽しむ事が出来ますね。
低温調理っぽいロースチャーシューは綺麗なピンク色、しっとり柔らかな仕上がりで良いですね。
噛むと肉の旨味が出てくるのですが、辛さの刺激で舌の感知が緩いのがやや勿体無い感じ。
糸唐辛子は飾りの意味合いが強いか、スープ自体の辛味が強いので単体で食べても辛さは感じませんでしたね。


麺量は150gぐらいですかね、量的には余裕なのですが辛さに苦労し10分程で完食。
総評としては辛味が鋭く出た担々麺、胡麻の香りがよく出ており香りは非常に良好。
当方の辛さ耐性的には限界ギリギリだった事もあり点数の伸びはどうしてもイマイチになってしまいますね。
ただ相変わらずサービス精神は旺盛で食前と食後のおまけは今回も付いてきましたし、接客は素晴らしかったです。
店主さんは一回の来店で顔を覚えてくれましたし、話術も軽快で本当に客商売に向いてる方ですね。
会計時に少しラーメンの話もして退店、750円という値段もサービス込みで考えるとお得に感じるのがこの店の凄い所。


ちなみに今回の食前の提供はミニサイズのジューシー、食後のカキ氷はグレープ味でした。

20150205-3.jpg

ジューシーはひじきと醤油の香りを感じる一品、味付けも薄めで実に美味しかったです。
カキ氷もグレープの甘味が辛い物を食べた後なので舌の癒しとして大活躍でした。

20150205-4.jpg

毎度限定の時だけお邪魔している状態なので、そろそろ機会を見つけてデフォルトもいただかないと悪いなぁ。
このエリアには気になる店が結構あるので機会を見付けて行かないとですね。

採点的には72点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:那覇市

Tags : 沖縄 那覇 ラーメン 担々麺 琉家 70点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する