2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

手打ちラーメン かなざわ:肉入りラーメン(醤油)

 【07//2015】

今回は久しぶりの限定目当てではない通常での新店開発としてこちらへ。
20年以上前から営業を続けているという名店ですね。
手打ち麺が食べられる貴重な白河ラーメンのお店。
訪問時刻は18時を少し過ぎたぐらい、平日で先客無し。
いわゆる家族経営の食堂っぽい昭和の雰囲気の残るお店。
空いてる席に着席し口頭にて表題を注文、味は醤油でお願いしました。


厨房では肉を炒めており、ニンニクと肉の焼ける良い匂いが漂います。
肉の調理をしながら機を見て麺の茹で具合を確認と動きに無駄がない。
長年の経験から来る無駄のない動きで親父さんは寡黙に厨房で調理、その間に奥さんはもやしのヒゲ抜き。
親父さんの調理が終わる頃に奥さんが丼を準備と経験の成せる華麗な連携
そして完成した一品を奥さんが届けてくれます。
見た目はよくある醤油ラーメンでどこか懐かしさを感じるが、古臭さを感じさせない凜とした美しさがありますね。

20150207.jpg

それではいつも通り写真を撮影していただきます、まずはスープから一口…
鶏・豚ガラをメインにした動物系出汁に塩気のおとなしめな優しいカエシを使ったシャバ系醤油スープ。
上に乗せた肉の味付けが甘辛で、そのタレが流れ込んでいるのでスープに甘味を感じますね。
同じく肉を炒める際に使ったおろしニンニクの影響もあって、軽く舌を刺激するパンチもあって面白い。
塩分濃度はほんの少し高めな印象も適正値で良い塩梅、塩気の尖りも皆無で優しい味わいですね。

20150207-2.jpg

麺は手打ちの多加水中太平打ち麺、麺に独特なシワの様なウェーブが細かく入っていて特徴的な麺ですね。
茹で具合は少し柔らかめですがコシは死んでいませんし、多加水らしいモッチリ感があって非常に美味い。
スープとの絡みも良好ですね、硬いと麺の方が勝ちそうですが柔らかめの茹で具合のおかげで良い均衡が取れている。


具材はボイルのもやし、玉ネギと牛肉の甘辛炒め、薬味のネギの構成。
もやしは適度なボイル具合でシャキシャキ感良好、全体的に茶色が多いので白さが際立って色味としても良いですね。
玉ネギと牛肉の炒めは甘辛い味付けにニンニクが効いた一品、単体でご飯と一緒に食べても美味しいタイプ。
使っている肉は肩ロースかな?脂身は少なめで引き締まった身は噛む事で肉の旨味が出てくるタイプ。
麺やスープとの相性も意外にも悪くなく、投入量も多めで満足感は結構高いですね。
薬味のネギは白で投入量は少なめ、シャッキリとした食感とネギらしい辛味は効いていて薬味として機能している。


麺量は180g程度ですかね、予想以上の美味さに箸が進み5分しないぐらいで完食。
総評としてはシンプルな古いタイプの醤油ラーメンながら、古臭さは感じさせない洗練された一杯。
手打ちの麺の美味さは素晴らしく、スープもニンニクが効いて適度にパンチもあったので飽きませんでしたね。
20年以上営業を続けられるのも納得の実力、近所にあれば間違いなく定期的に通ってしまうでしょうね。
写真を見れば奥さんが黙々とこなしていたヒゲ抜きが地味に貢献しているのが分かります。
ヒゲがあるともっと雑な見た目になるはずですが、ヒゲ抜きのおかげで上品さがありますね。
寡黙な店主としなくても特に問題はない細かい作業をしっかりとこなす奥様の仕事ぶりは良いですね。
手打ち麺が食えて予想以上に美味かったので点数爆上げしてる感もあるが、お祝儀採点でも構わんわ。
塩も味噌も気になるので次回訪問も確実にしますし、その時には落ち着いた点数も出るでしょうしね。
歴史とご夫婦の職人仕事を感じる素晴らしい一杯でした。

採点的には85点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:宜野湾市

Tags : 沖縄 宜野湾 ラーメン 醤油 かなざわ 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する