2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

麺屋武蔵 武骨外伝:外伝つけそば

 【11//2015】

久しぶりに渋谷へ遠征に行ってきたので、麺屋武蔵 武骨外伝さんへ訪問。
こちらのお店は以前に訪問していますので久しぶりですね。
渋谷駅から徒歩5分と立地はかなり良いこちらの店舗、細かく場所を説明したいけど難しいんだよなー。
初めての時にかなり迷ったのも思い出ですね、今は当然すぐに辿りつけますが。
店内入って左側にある券売機で食券を購入、購入したのは外伝つけそば1000円。
まぁ所謂全部乗せ的なものですね、値段設定が相変わらず強気です。


店内には自分を含めて待ち3名、店内奥から壁に張り付いて店内で待つシステム。
既に座って食事中の客の後ろで待つので後方からの視線が気になるんですよね、この手の待ち方って。
自分はあまり好きな待ち方じゃないんだよね、外待ちの方が気兼ねしないで済むし。
店員さんに食券を提示します、その際に麺を並・中・大から無料で選択できるのは良い所ですね。
大盛りでお願いして暫く空席が出来るまで待ちます。
その後約5分程度の待ちで空席が出来たので席に案内されます。
武蔵特有の湯切り時の掛け声等で店内はなかなか活気があって雰囲気は明るくて良いですね。
事前に食券を提示していたので2分程度ですぐに注文の品が目の前に到着、見た目は昔と変わらずすげー旨そう。

20150211-3.jpg

いつも通り写真を撮影して実食です、まずはつけ汁を一口啜ります…
うーん相変わらず甘いねぇ、いつも甘い甘いと言っている茨城大勝軒系のつけ汁よりも甘いよー。
昔食べた時と同じ感想を持つって事は安定してるって事でもあるんだけどねぇ。
ベースは豚骨魚介のシャバ系スープでかなりあっさりとした仕上がり、豚骨の存在感はほぼ無しで魚介がメインです。
甘みに比べると酸味もかなり控えめ、塩分濃度は適正値ですね。
麺は中太ストレート麺でプリプリ感が美味しい、湯で加減も丁度良いぐらい。
スープに浸けると絡みは良好で良い持ち上げ具合、甘さが少し後味を引くのがちょっと気になるかな。


具材は温玉、水菜、餡かけ豚角煮になっています、強気な価格設定の割には少しショボイ内容かな。
温玉は麺の上で潰して絡ませます、絡めた麺をつけ汁に浸けて食べると玉子のまろやかさが加わって悪くない。
水菜もシャキシャキとしたアクセントが変化球として効いてて良いですね。
餡かけの豚角煮は大きく厚切りにされていて、一見食べ難そうですが非常に柔らかく処理されています。
肉のジューシーさも巧く閉じ込められていますし、ここにしか無い面白い一品で旨いです。


大体10分ぐらいで麺を食べ終えたのでスープ割を注文、ちなみにスープ割もここにしかない独特の物。
水溶き片栗粉の様な割りが出てくるんですよね、トロみが追加される唯一無二で面白い一品です。
ただこのスープ割は甘さも強調されてしまうので、既にクドいと思っている方にはお奨めしませんけどねw
ただ珍しいので一度は体験してみるのもアリだとは思います。
総評としては武蔵らしく土台はしっかりしてるし、独創性があって個人的には悪く無いと思います。
ただやはり甘さがネックかな、これはかなり個人差が出る項目だと思いますが…
わざわざ訪問するまででは無いと思うので、近くに来た時に興味で入ってみたりするのが良いと思います。
独創的なアイディアに関しては高く評価しています。

採点的には60点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:渋谷区

Tags : 東京 渋谷区 つけ麺 豚骨魚介 麺屋武蔵 武骨外伝 60点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する