2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

花銀琉:濃厚担々まぜそば

 【14//2015】

今回は久しぶりにこちらへレギュラーメニュー消費へ。
基本のラーメンとつけ麺を食したので次は汁なし狙いです。
店内に入って少し進んだ所にある券売機にて表題の食券を購入。
空いている席に着席して店員さんに食券を手渡します。
訪問時刻は平日13時頃で店内には先客が6名程と客入りはそれなり。
ランチタイムでライスと具材を一種類選べる嬉しいサービスがあるとの事。
追加のメンマとライスをお願いして到着を待つ事に。
注文から5分程度で目の前に到着、見た目はなかなか良い感じですね。

20150214.jpg

混ぜ込む前に具材の確認、もやし、海苔、メンマ、挽肉、生卵、ネギ、白胡麻、糸唐辛子の構成。
追加のメンマは別皿にて提供されているので、実際にはメンマはもっと多いですw
それではいつも通り写真を撮影し、汁なしなのでしっかり混ぜてからいただきます。

20150214-2.jpg

まずは麺を一掴みして豪快に啜ります、担々麺らしい甘辛いタレの味を第一印象に感じます。
タレの甘辛い味わいを最初に感じ、次に麺の小麦の香りを感じて最後に胡麻の香りが抜ける展開。
土台になる出汁は他のメニューでも使われる物と同じ鶏豚混合の動物系出汁ですかね。
それに辣油や芝麻醤等の調味料を合わせて甘辛く仕上げたタレが味を付けてくれていますね。
辛さはタレ自体はそこまで辛くはない感じですが、挽肉に入った唐辛子が混ざる事で徐々に辛味がアップする印象。
ただし生卵があるので、これを潰す事によってコク増しと辛味の抑制が効くので最終的に食べやすい辛さに収まります。
麺は加水率高めな感じの中太ストレート麺、ラーメンの麺と比べると太さが段違いですね。
モッチリ感と適度なコシの強さを残した麺で個人的には好み、タレとの絡みのバランスも優秀です。


具材の詳細はボイルもやしがシャキシャキ感の提供に貢献、水気でタレが薄まる影響は意外に少なめで問題なし。
海苔は正方形カットの物が1枚、汁気に強くパリパリ感良好で海苔の香りもバッチリで個人的には好み
ただ汁なし系に合わせる海苔としては硬めで、一緒に混ぜる事が出来ないので刻みでも良いかもと感じた。
メンマは細長いカットの物でコリコリ感は強めで良好、やや甘めな味付けも嫌味はなく結構好き。
別皿で提供された追加のメンマも合わせると画像の2.5倍くらいの量になるので満足感充分。
挽肉は唐辛子が混ざっていて単体だとピリっとするも、タレの甘味と合わさる事で優しくなりますね。
麺と一緒に口の中に入り、噛む事でタレの甘辛さと肉の脂の旨味が溶け出して混ざって美味い。
生卵は麺の熱で白身が凝固するので、意外にも白身の生っぽいドロドロ感は弱めで気になりません。
黄身は白身よりも凝固に熱が必要なのでほぼ生のまま、麺と潰して絡まる事でコクが増します。
薬味のネギは白ですが青い部分も多いですね、ネギ特有の辛味とシャキシャキ感が効いていて薬味として機能。
白胡麻は飾りとしての機能と噛む事で香りが発する形で貢献、この胡麻感あっての担々麺ですね。
糸唐辛子は飾りとしての意味合いが強いですね、単体で食べてみても辛味はそこまで強くない。


麺量は200g程度ですかね、具材の量と合わせると300gはあるので量的な満足度は高く7分程で完食。
サービスで付いてきたライスで飯割を実行、底に溜まったタレや挽肉を最後まで堪能出来るのはありがたい。
総評としては完成度の高い汁なし担々麺、独特の甘辛い感じがクセになり個人的にはかなり好みな作り。
ランチタイムであればサービスが盛り沢山、値段以上の物が出てくるのでお得感があり非常にオススメ出来ますね。
今回の一杯で個人的にここの評価がワンランク上がった印象で次回以降の訪問が楽しみになったかな。
メニュー数がなかなか多いので今後も通う事になりそう。

採点的には92点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:浦添市

Tags : 沖縄 浦添 汁なし 担々麺 花銀琉 90点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する