2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

ラーメン工場 無双:豚キムチラーメン

 【15//2015】

遅めの晩御飯として22時頃に訪問。
既にピークタイムを過ぎてはいますが先客6名程と盛況。
空いているカウンター席に着席し、表題メニューを注文。
基本的にラーメン屋ではラーメンしか食べない人間なのですが
夜も遅いので一食で済ませる為に半チャーハンも注文。
注文からおよそ5分程度で到着、見た目はキムチっぽくはない。
いつも通り写真を撮影していただきます、まずはスープから一口。

20150215.jpg

鶏出汁と醤油タレを土台に炒めた野菜類の甘味とキムチっぽい酸味と辛味の混ざったシャバ系スープ。
甘辛酸が揃ってはいますが、甘味は野菜からの物ですし酸味は微弱で辛味も弱めなのでつけ汁っぽい印象はなし。
塩分濃度はやや高めな印象も許容範囲内、塩気の尖りも感じられず辛さも弱いので意外と食べやすい。

20150215-2.jpg

麺はやや黄色味掛かった中細ストレート麺、少し硬めな仕上がりで普段よりもコシが強めな感じ。
スープとの絡みは悪くないですね、独特な甘辛酸混じったスープの存在感はありますが負けてはいないです。


具材はキャベツ、ニンジン、青梗菜、キクラゲ、豚肉を一緒に炒めた物。
キャベツは芯の部分がやや多め、シャキシャキ感が残っており食感良好でスープとの相性も良し。
ニンジンは適度なコリコリ感でこちらも火の通り具合としては良い感じ、噛むとニンジンの甘味がよく出てきます。
青梗菜も芯の部分はシャキシャキとしており、葉の部分は独特な青っぽい香りが出ていて良し。
キクラゲは大きめに正方形気味にカットされたタイプでコリコリ感しっかりで食感良好。
豚肉は脂身少なめで身が締まっているので肩ロースですかね、火の通り具合は良好で硬くなりすぎてはいないですね。
豚肉は噛む事で脂の旨味や肉自体の身の旨味が出てきますね、塩が下味で付いている感じですが薄めで○
各具材共に火の通り具合は良好、調理してたのが店長やからかね、この人が作る時は安牌なんよね。


麺量はおよそ180g程度ですかね、量的には特に苦もなく5分しないぐらいで完食。
総評としては豚キムチ炒めとラーメンを合体させた一品で特筆は無いが無難に纏まっている印象。
前回のマーボーと違って今回は豚キムチ炒めの汁がラーメンのスープと馴染んでいたので良かった。
特別にラーメン用にチューニングしたって感じでもないので、豚キムチ単体とご飯で食っても美味そう。
相性のイマイチな丸器タイプでは現時点では一番当たりかな、これ以上があればいいですね。
まだレギュラーメニューは残っているので少しずつ消費していきたいと思います。

採点的には78点!ですね、ご馳走様でした。


半チャーハン
20150215-3.jpg

スポンサードリンク

Category: ラーメン:宜野湾市

Tags : 沖縄 宜野湾 ラーメン その他 無双 70点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する