2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

ラーメン二郎 松戸駅前店:ラーメン+ニンニクカラメヤサイマシ

 【17//2015】

ホームでもある松戸二郎へとお邪魔させて頂きました。
松戸駅西口からは徒歩で5分ちょっと、松戸駅前店という名称が少し微妙に感じますw
到着は12時半頃で並びは15名ほどで自分の前にはカップル、これは少し嫌な予感がしますねー
明らかにイチャついて浮ついた雰囲気、脳内でこのカップルは確実にやらかすとレッドシグナルが鳴っている。
事前調査で二郎の中でも相模大野、武蔵小杉、仙川等と同じく融通が効かず
雰囲気が悪い為に敷居が高めと言われる松戸には合わない雰囲気。
まぁ自分は松二ルールをちゃんと覚えてきたから、それさえ守れば自分に被害は無いさと言い聞かせる事に。


回転は凄く早い訳ではないですね普通、大体20分ぐらいで2枠しかない店内待ちに。
食券は初めてなのでラーメンを選択、とりあえず野菜マシにする予定だったので豚は回避。
店内待ちの間に貼られまくっている注意書きを再度確認、これを見てないと大変な事になるw
すぐに空きが出来たのでそこへ座ります、入り口じゃなくて店の奥側だったのでラッキー。
とりあえずプラ券を丁寧にカウンター上に置きます、この時に強く置いたら駄目らしいですね。
パチンと鳴らすと二郎の名物女性店員の一人である松子さんに注意されるらしいので、丁寧に置きましたw
小金井のおばちゃんも凄いらしいので是非とも一度見てみたいものですけどw


プラ券を確認した松子さんから「ニンニク入れますか?」お声が、落ち着いて冷静にコールするんだ!
「はい、それと野菜多めとカラメでお願いします」
「野菜多めの方はスープ以外は残さないで頂きたいですが大丈夫でしょうか?」
「はい、大丈夫です」
よし、ちゃんとコールは通って何の問題も無かったようだ、ここでは呪文系コールは禁句らしいですからね…
とりあえず一番の心配事は通り過ぎた、後はちゃんと食べ切るだけだ。


と思ったらさっきのバカップルの男が野菜マシマシと言い出した、バカヤロー!ww
「野菜多めで宜しいですね?」←松子さんの口調が少しきつくなる
禁句が出た事でただでさえ無音で冷たい店内の空気が更に冷たくなった。
禁句と知ってる人達が明らかに表情が固くなったのには笑ったww
とりあえず空気がかなり悪くはなりましたが、携帯弄りでラーメンが到着するのを待ちます。
ところが再度事件発生、またしてもバカップル男がやらかすw


彼女の隣の客が食い終わって立ち上がった瞬間に移動しようと動き出した。
これは二個目の雷が落ちる!誰もが悟ったその瞬間に見事に来ました。
「はーい、勝手に席移動はしないでくださーい」
松子さんのキレ気味注意で見事に動けなくなるバカップル男、店に入って5分で2注意とはなかなかの駄目っぷりだ。
カップルで二郎食いたいなら野猿やひばりに行くべきだよ…
そんなこんなで着席から7分ぐらいで注文の品が到着、野菜は多目でも意外と盛りは少ないですねー
ただ丼自体がデカイので麺量があるはずなので、これぐらいの方が逆にいいか。

20150217-6.jpg

いつも通り写真を撮影して、それでは実食です!まずはスープから一口頂きます…
豚骨系のダシはあまり強くなくカエシの味わいが多く感じられます
二郎基準で言えばいわゆる非乳化ライト系になるんですかね。
背脂が大量に浮いている代わりに油膜自体はあまり厚くないですね。
カエシも思っていたよりはキツくない、普通のラーメン基準なら濃いですけど予想よりは優しい味わい。
麺はやや平打ち気味なストレートの太麺、デフォの茹で具合は緩めでちょっとコシが弱い。
せっかくの太麺なのでもうちょっと強い方が良かったな、次回からは固めは必須ですね。
緩めの麺なのに存在感は凄いです、口の中がとにかく麺を食ってる感で一杯。
普段はスープとの絡みとか気にするんだけど、そんな事を考えるのがなんか野暮な気がしてきた。
とにかく麺の存在感が凄いので、麺を楽しんで食えという事なのでしょう。


具材は野菜と豚、野菜はもやし9:1キャベツぐらいの比率。
ボイル具合はかなりのクタで好みから外れる、まぁこれは調査通りだったのでカラメにしておいて正解でした。
豚は大きなブロック状の物が2個、二郎基準では普通ぐらいの大きさでしょうかね。
豚は外れた場合はパサパサでシーチキンみたいな物が出てきて美味しくないらしいですが、今回は当たりでした。
柔らかく仕上げられていますが分厚いので肉を食ってる感があって良いですね、味付けも濃すぎず良い感じでした。


麺量は茹で前250gぐらいですかね、なかなか量が多くて最後は少し苦しかったですが完食。
650円でこの満腹感は確かに凄いCPだと思います、それに麺だけでなく野菜も肉も食わせてくれますしね。
麺が少し緩かった事と野菜がクタってる事以外はなかなか悪くなく、意外と予想よりは旨かったです。
味だけならたまには良いかな程度で70点ぐらいなんですけど、抜群なCPに配慮して80点。
それでもここ以上に麺量や野菜の盛り具合が凄い所があるなんて凄いもんですね。


ちなみに最後にバカップル男がまたやらかしました。
帰り際に怒っていたせいなのか椅子を倒して騒音を撒き散らしていました。
バカップル男が店外に出た時に店主が「チッ!うるせーな」と小言を言ったのを俺は聞き逃さなかった。
最後のお怒りは松子さんではなくて店主でしたね、あの強面店主に凄まれたら怖いよ。

採点的には80点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:松戸市

Tags : 千葉 松戸 ラーメン 豚骨醤油 二郎 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する