2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

つけ麺屋 やすべえ 渋谷店:つけ麺+大盛り

 【23//2015】

こちらの店舗も大体2年ぶりぐらいの訪問ですかね、久しぶりの訪問なので楽しみです。
訪問時刻は21時頃とピーク時刻を少し外しての訪問、しかし中待ち7人+外待ち5人となかなかの繁盛ぶり。
近くの仕事終わりのリーマンが結構並んでいますね、麺量が同一料金で増やせるから人気があるんでしょう。
約5分ほど店外で待っているとすぐに店内待ちに昇格、店内待ちになると食券の購入を促されます。
麺量は並(220g)中(330g)大(440g)を自由に選ぶ事が出来ます。
今回はつけ麺(大)のボタンをポチり、食券はすぐに店員さんが回収に来ます。
食券を渡してから10分ぐらいで空席が出来たので案内され、注文の品もそれから1分も経たずに提供となりました。
オペレーションが良いので回転がとにかく速い、食券預かり→見込み茹で→着席→提供の流れで無駄が無いですね。
つけ汁は典型的な豚骨魚介系の見た目、麺は中細系のストレート麺ですね。

20150223-3.jpg

とりあえず写真を撮影して実食です!まずはつけ汁を一口啜ります…
魚介系が前面に出ていて動物系はかなり弱め、スープの炊き出し具合も弱めで濃厚感は無いですね。
その分あっさりと仕上がりサラサラとしているので女性や一般受けは良さそう、カップルや女性客が多いのも納得。
同じ渋谷の麺屋武蔵 武骨外伝さんほどではないが、甘みが多いつけ汁なので苦手な人も多そう。
系統的には東池袋大勝軒系のつけ汁に近いテイストを感じます。
麺は中細系のストレート麺で茹で具合は少し弱め、モッチリ感はあるがコシはあまり感じないですね。
まぁ柔らかすぎる訳ではなく及第点内なので減点にはしません、麺とスープの絡みは普通ですね。
麺量は大盛り440gとの事でしたがかなり軽い、恐らくは茹で後の麺量ではないでしょうかね。


具材は海苔が1枚、それ以外は全てつけ汁内でメンマ、ブロック状のチャーシュー、ネギの構成。
海苔はスープに溶け易いものですが悪くはない、メンマは細めの物でコリコリとした食感を残していて及第点。
ブロック状のチャーシューも個数的にはそこそこ入っていて、柔らかく味付けも薄めで旨いです。
ただ麺の量から考えると具材の量的なバランスはあまり宜しくないかな。
ただ卓上に置いてある魚粉と刻み玉ねぎは投入し放題なので、それで色々と調整が出来る点は良いですね。
スープ割を頼んだのにイマイチ記憶に残っていないという事は、まぁ普通だったと言う事でしょうね。
私的に忘れている事は珍しいので自分でも驚きですw
旨いのは当然忘れないとして不味くても逆に忘れないですからね、つまり普通だったんでしょうw


総評としてはスープと麺は充分及第点の出来栄え。
具材も量的な物足りなさはありますが、魚粉と玉ねぎの投入が効く点でプラマイゼロと言った所ですね。
720円で茹で後のg数とは言え、440gも食べれるならCP的は悪くないでしょう。
チェーン店としては充分な力量でCPも悪く無いので基礎点68+CP点って感じかな。

採点的には72点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:渋谷区

Tags : 東京 渋谷区 つけ麺 豚骨魚介 やすべえ 70点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する