2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

豚骨拉麺 昇家:つけ麺

 【26//2015】

今回はレギュラーメニュー消化の為に訪問。
訪問日時は13時頃で先客は8名程とかなりの盛況。
店内入ってすぐの所にある券売機にて表題の食券を購入。
ラーメンばかり攻めているのでつけ麺に挑戦してみました。
空いているカウンター席に着席して店員さんに食券を手渡します。
注文からおよそ7分程で到着、家系ラーメンっぽいビジュアルですな。

20150226.jpg

いつも通り写真を撮影していただきます、まずはつけ汁をペロリーナ。
昇家らしい濃厚な豚骨をベースに切れ味鋭い醤油タレを合わせたライトドロンジョ系つけ汁。

20150226-3.jpg

豚骨の旨味と一緒に強めの塩気が追従する展開でパンチの効いたワイルドな作りですね。
つけ汁らしい甘味や酸味などは特に感じられず、醤油の風味と塩気が強い存在感を放っていますね。
塩分濃度はかなり高めな感じでギリギリ許容範囲内、塩気の尖りはほんのりと舌に感じる程度かな。
調整の効くつけ汁だから許容はされる感じですが、ラーメンのスープがこの塩分濃度で出てきたらまずアウト。

20150226-2.jpg

麺は加水率高めなストレートの太麺、多加水らしいモッチリとした食感が特徴的な麺ですね。
つけ汁との絡みは比較的良好、存在感の強いつけ汁にも負けない小麦の香りと弾力でバランスは取れていますね。


具材は麺の器の上にホウレン草、ナルト、海苔、つけ汁の中にチャーシューと薬味のネギの構成。
家系の定番とも言えるホウレン草は茎の部分と葉の部分が半々、つけ汁との相性は当然ながら抜群。
ナルトは特筆こそ無いが塩気の強いつけ汁と対照的に身の甘さが際立つので箸休めとして機能。
海苔は正方形カットの物が1枚、パリパリ感強めで海苔の香りがしっかりと感じられて○
チャーシューはつけ汁の中に沈んで見えませんが、サイコロ状の豚バラチャーシューが5個ほど入っています。
チャーシューは適度な柔らかさと噛み応えで旨味が噛む毎に出てくるタイプ、味付けはしっかりですが濃すぎず。
薬味のネギは白ネギですが投入量は少なめ、つけ汁の強さのせいでネギらしい辛味はあまり感じられませんね。


麺量はおよそ200g程度ですかね、量的にはそこまで苦もなくササっと胃に収めて5分程度で完食。
総評としては家系ラーメンをそのままつけ麺にした感じの一杯、つけ麺としてはあまり完成していない気がする。
家系ってラーメンに特化した作りという印象で、これまでも家系のつけ麺で当たりを引いた事がないんですよねぇ。
その中では健闘した方だとは思うんですが、やはりラーメンと同等もしくはそれ以上という評価にはなりませんね。
最後のとんこつ魚介ラーメンを食べればレギュラーメニューは全消費なので完走間近ですね。

採点的には78点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:浦添市

Tags : 沖縄 浦添 つけ麺 豚骨醤油 昇家 70点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する