2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

天下一品 浦添店:屋台の味 担々麺

 【13//2015】

前回はこってりの担々麺をいただいたので今回は屋台の味に挑戦。
ちなみに屋台の味ってのは以前レポしたこっさりの事ですね。
こってりとあっさりを混ぜて作った中間タイプのスープで作った一杯。
最近メニュー上の表記が変わったらしく、屋台の味表記になっています。
訪問時刻は18時頃で既に店内は8割埋まった状態、相変わらず盛況ですね。
空いているカウンター席に着席し、表題を口頭注文し到着を待ちます。
注文からおよそ3分少々で到着、見た目だけでは前回とほぼ違いはなし。

20150313.jpg

いつも通り写真を撮影していただきます、まずはスープから一口…
天下一品らしい鶏出汁の旨味を土台に感じますね、ただ前回と違ってライトドロンジョ系で飲みやすい。
前回はこってりスープを使ったヘビードロンジョ系だったので、それとの違いは明確に出ていますね。
粘度が落ちて飲みやすくはなっていますが旨味が落ちる事はなく、良いバランス感覚だと思います。
辛さはちょい辛、ピリ辛、大辛の中から選べますが、今回はちょい辛にしてるのでほぼ辛味は無し。
ほんの少し辛味を舌に感じたかな?程度なので、辛いのが苦手な人向けなチューニングですね。
塩分濃度は少し高めだが余裕の許容範囲内、塩気の尖りも特には感じられませんね。

20150313-2.jpg

麺は天下一品定番の多加水中細ストレート麺、やや硬めの茹で具合で強めのコシを感じられる麺で良いですね。
スープとの絡みに関しては良好、前回のこってりは持ち上がりが強いと感じたが今回は非常にバランス良し。


具材はもやし、肉味噌、チャーシュー、薬味のネギの構成、前回と同じくビジュアル感はやや不足傾向。
もやしは適度な茹で具合でシャキシャキ感良好、スープが薄まる可能性もありましたが特に気にはならず○
肉味噌は甘めの味付けで混ぜ合わせても辛味がアップするという事はなく、普通にコク増し要素という感じですね。
チャーシューは毎度お馴染みの薄切りチャーシューが2枚、薄切りなので2枚で普通の店の1枚分ぐらい。
味付けは薄めでほぼプレーンな肉感重視タイプ、スープの塩気と合わさって良い塩梅でいただけますね。
薬味のネギは白で投入量は充分、鮮度が良くシャキシャキ感と辛味が良く出ており薬味としての機能性◎


麺量はおよそ150g程度ですかね、量的には特に苦もなく5分しない程度でササっと完食。
総評としては鶏の旨味がよく出たまろやか系の担々麺、万人向けのチューニングだが味のレベルは高い状態を維持。
個人的にはこってりの方が僅差で好みですが、あくまで僅差でこってり好きでも充分満足は出来ると思います。
辛さの鋭いタイプの担々麺が好きな人には否定されそうな作りですが、まろやか系が好きな人はハマると思います。
多少CP面が割高な印象があるので点数的にはこの程度にしてますが、味の方は特に文句はないですね。
レギュラーメニューの数も少なくなって来たので完走したいですね。

採点的には90点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:宜野湾市

Tags : 沖縄 浦添 ラーメン 担々麺 天下一品 90点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する