2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

中国ラーメン 揚州商人 新松戸店:ワンタン麺(塩)

 【20//2015】

新規開拓で行って来ました、訪問時刻は1時半と夕食には遅すぎる時間帯
店内には客は4名と時間的にこんなもんですよね、酔っ払いリーマン2人が小宴会中でした。
とりあえず空いてる席に着席です、客席に置いてあるメニュー票をとりあえず確認、チェーンのくせに高い…
麺物単品で800円以上とか、どこの濃厚な出汁抽出のお店ですかーw
ファーストアタックで思わぬパンチを喰らいながらも、とりあえず何が良いかを選ばないとね。
黒酢やスーラータン等のメニューが目に付くが、初めてなのでスタンダードな醤油やで攻めよう!
という訳で表題のメニューを注文する事に決定、ボタンを押して店員さんを呼んで口頭注文。
麺が太麺と細麺を選べるという事だったので、太麺(刀切麺)で注文致しました。
店員さんは店名通りの中国系なお兄さん、意外と接客態度は悪くはないですね。
注文から7分ほどでお目宛の品が到着、透明な澄んだスープですねぇ。

20150320-3.jpg

それではいつも通り写真を撮影し実食、まずはスープから一口啜ります…
スープは鶏出汁メインのあっさりシャバ系、出汁の濃度は高くなく業務用のスープでしょうね。
口当たりは軽いので万人受けするチェーンらしい作り、分濃度も適正値ですね。
スープは鶏出汁の旨みの後に気が追従して来るタイプ、温度の方は熱々でこの点は良いですね。
麺は平打ちの極太強縮れ麺でかなり強いコシと適度なモッチリ感を持っています。
ラーメン二郎 府中店の麺をもう少し平たくしてゴワゴワ感を弱めた感じですかね。
麺の太さや食べ応えは個人的には大好きな部類ですけど、いかんせんシャバ系のスープとは合いませんw
濃厚ドロンジョじゃないので絡みが弱いですし、麺の存在感が圧倒的に勝っています。
これに関しては自分で決めた事なので減点は当然無しでございますけどw


具材はメンマ、ほうれん草、完熟玉子が半分、メインのワンタンの構成。
メンマは細めの物でしたがコリコリとした食感は好印象、嫌味な甘ったるさもなかったです。
ほうれん草は特筆は無し、濃厚系スープだと染みると美味しいんですがこのスープでは変わり無し。
完熟玉子はしっかりと黄身が固形化したタイプ、個人的な好みからは外れてしまっている。
ワンタンはもっちりとした皮が印象的で、肉の量もそれなりに入っている方ですね。
具材では一番ベストで旨いですが、特筆は無く評価的には普通ですね。


麺量は恐らく150gぐらいでしょうかね、そこまで量的には多くありませんでした。
約5分ほどで固形物を全て完食しスープを軽く飲んでごちそう様でした。
総評といたしましては全体的にはよく纏まっている一品だと思います。
チェーンらしく一般受けしやすいチューニングですし、メニュー数も多く楽しめるとは思います。
ただその分これといった特徴が無く、刀切麺以外にこれといって物珍しいものはありませんでした。
そして何よりもCPが悪すぎる、ワンタン麺で840円はちょっと高すぎです。
スープの出汁に多額のコストが掛かっているとは思えませんし、具材に関しても同様。
悪くはないですがもう少しCP面を考慮してくれないと次訪は遠いですね。

採点的には55点!ですね、ごちそう様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:松戸市

Tags : 千葉 松戸 ラーメン 揚州商人 50点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する