2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

登竜門:わったー那覇めし限定 チーズとろけるトマトラーメン

 【21//2015】

わったー那覇めしグランプリというイベントに行ってまいりました。
那覇のラーメン店が3店舗出店するとの事で当然連食してきました。
ラーメン限定ではないので他にもそばやカレーや中華など色々ありました。
フードチケットを販売所で一綴り1000円(500円×2枚)で先に購入。
店で提供しているメニューは全て500円で、チケットを渡して商品と交換する方式。
ラーメン店は3店舗参加なので1500円分必要だが、ばら売りがないので2000円分購入。
最初に目に入ったこちらにてチケットを店員さんに手渡して商品の到着を待ちます。
チケットを渡されてから麺を茹でている様で、茹で置きじゃない点は評価出来ます。

20150321.jpg

チケット提示からおよそ3分少々で到着、見た目は以前店舗で食べた限定に似ていますね。
店舗ブースから少し離れた所にある飲食ブースに移動、空いている立ち食い席にスタンバイ。
いつも通り写真を撮影していただきます、まずはスープから一口…
ベースは鶏清湯っぽい感じ、ホールトマトを合わせたイタリアンテイストのライトドロンジョ系スープ。
以前食べた同系統の時はトマトの酸味が目立ってましたが、今回は酸味がほんのりで好みに収まっている。
油はオリーブオイルを使用している様で香りがふんわりと感じられますし、トマトとの相性も抜群です。

20150321-2.jpg

麺は加水率高めな感じの中細弱縮れ麺、モチっとした食感と軽めのコシが特徴的な麺で良い感じ。
スープとの絡みも良好、トマトの酸味の乗ったスープと麺の小麦感のバランスが良い感じ。


具材はフライドオニオン、粉チーズ、バジル、クラッカー2枚の構成。
フライドオニオンはカリカリ感はありますが、単体では食感以外は弱くて特筆は無いかな。
粉チーズはスープの熱で溶ける事でまろやかさとコクを追加してくれます、スープの粘度もやや上昇。
トマトの酸味も更に丸められて終盤は酸味はほぼ感じなかったですね、相性は当然ながら良好で文句無し。
バジルは香り付けと多少の緑色で色味要素、トマトチーズとの相性はもはや言わなくてもですね。
クラッカーは塩の振られていないタイプでスープに浸して食べる事で良い塩梅になります。
小麦のクラッカーなのでパリパリした麺という感じで食べました、相性も案外良かったですね。
具材はやや物足りない感じがしなくもないですが、500円という値段を考えればむしろ多い方かと。


麺量はおよそ70g程度ですかね、イベント用メニューなので量が少ないのはしょうがない。
色んな店を食べて回る事を考えると逆にこのぐらいの量の方が客としては嬉しいでしょうしね。
適度な酸味でさっぱりした作りですし、量的にも全く苦もなく2分しない程度で完食。
総評としてはトマトの個性を生かした一杯、以前食べた同系統の限定よりも非常に食べやすく進化してた。
主役のトマトを活かす為にサポートも王道で固めたので外れる訳がないといった印象で完成度は高い。
この手のイベントメニューはもっとアレな物が出る事が多いですが、そんな事はなく良い仕事をされていました。
今度は機会を見つけて店舗の方にレギュラーメニュー消化にお邪魔したいですね。

採点的には80点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: イベント系

Tags : 沖縄 イベント ラーメン その他 登竜門 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する