2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

横浜家系ラーメン武蔵家 松戸店:全部入りラーメン(中)

 【21//2015】

松戸家系2店の内横浜家系ラーメン じゃん家さんは以前訪問して非常に良い印象を受けました。
なので、こちらも訪問しない訳には行きません。
松戸駅東口を出るとすぐにお店が見えますね、立地に関してはこちらの方が上ですね。
訪問時刻は11時の開店5分前に到着、開店まで少し待ちます。
11時になるとホールの女性店員さんが開けてくれたので中へ、券売機にて食券を購入します。
何にするか迷いましたが、とりあえず一番贅沢そうな表題の食券を購入。
店員さんに食券を手渡すと家系定番のお好み調整を聞かれましたので、麺硬めだけでお願いします。
無料のライスをお付けしますか?の確認もありましたので、そちらもお願い致しました。


更にお店の方からカウンター上の丼のチャーシュー片は御自由にどうぞとのお言葉も頂きました。
早い時間に訪問すると頂けるようですね、これは良いサービスだと思います
店員さんは厨房が男性二人、ホール担当の女性の3人で役割分担されていますね。
お店の雰囲気はなかなか良し、厨房内でお喋りをしていますが過度ではなく耳障りではないです。
食券提示から5分ほどで注文の品が到着、全部入りと言う事で見た目はなかなか豪勢。

20150321-3.jpg

それではいつも通り写真を撮影して実食、まずはスープを一口…
家系らしい豚骨と鶏をブレンドした濃厚スープ、そこへカエシの塩分が追従して来ます。
出汁重視の壱寅家 新松戸店や横浜家系ラーメン じゃん家に比べると
カエシの印象が強めで直系の流れを汲む王道家に近いタイプですね。
ただ王道家に比べるとショッペー度はギリギリ許容範囲内なので、こちらの方が食べ易い。
表面のチー油は少し多めですが、そこまでヘビーにはなっていないので充分許容範囲。
スープに動物系の臭いが少しあったので、チー油の香りと味の効果が少し弱かったのが残念。
麺は家系らしい中太ストレート麺、酒井製麺製との事ですが少しだけ細い気もしますね。
茹で具合は軽く芯が残るぐらいで、ツルっとした表面の滑らかさとコシがあって良いですね。
スープとの絡みはなかなか、許容範囲ギリギリのカエシの濃さも麺と一緒なら気になりません。


具材はキャベツ、海苔、ほうれん草、味玉、チャーシュー、薬味の浅葱の構成。
個人的に全部入りはチャーシューも増えてると思ったんですけど、違うんですねw
キャベツは軽く芯を残したボイル具合、食感が丁度良くスープとの相性も意外と悪くない。
海苔は水分を吸収しやすいタイプの物が3枚、個人的には家系の場合はこの手の海苔が好みなので○
ほうれん草はかなりの硬茹でですね、シャキシャキとした食感が残っており小松菜っぽい。
噛んでいると特有の青臭さを少し感じてしまったのが残念な点ですね。
味玉は半熟で黄身が程良くトロるタイプ、味付けも丁度良く個人的には好み。
チャーシューは家系らしいパサついたタイプ、あまりこの手のチャーシューは好みじゃない。
ただスープに沈めるとかなり回復するのでギリOKかな、柔らかさもあって悪くない。
スープに沈めていたのでカエシの塩分が移ってしまったのか、少し味が濃く感じました。
浅葱は薬味として多すぎず少なすぎずで丁度良し、投入量がセコくないのは良いですよー。


麺量は250gいかないぐらいで、スルスルと胃に納めて約5分ほどで固形物を完食。
出汁重視の家系では飯割りをするんですが、カエシが強いので飯割りは回避。
ご飯に少しだけスープを垂らして、入れ放題のチャーシュー片を投入してごちそう様。
総評としては凄く家系らしい、スタンダードと言える一品ですね。
個人的には壱六家系列の出汁重視の家系が好みなので、少し点数が伸びませんでしたが
家系初心者の方にも抵抗なく楽しめると思います、最初の触りとしてはかなりアリでしょう。
各方面に顔を出しているチェーンっぽい店らしく、基本的な所はしっかりと抑えてあります。
松戸は激戦区ですが、この味なら普通にやっていけると思います。

採点的には75点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:松戸市

Tags : 千葉 松戸 ラーメン 豚骨醤油 武蔵家 70点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する