2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

手打ちラーメン かなざわ:塩バターラーメン

 【24//2015】

前回からそれほど間を空けずにメニュー消費&手打ち麺を堪能しに。
今回はタウン誌のクーポン付きで半額の350円で食べれますしねぇ。
訪問時刻は閉店間際の20時前にギリギリ滑り込み、すまんね。
おばちゃんは嫌な顔一つせずに対応、クーポンを見てメニューも即座に理解。
親父は既に奥に引っ込んでしまったのかおばちゃんがラーメンを作ります。
普段は親父の担当ってだけで調理は出来るようで無駄なくスムーズに調理。
注文からおよそ5分程で目の前に到着、昭和の香りのするTHEバターやね。

20150324.jpg

いつも通り写真を撮影していただきます、まずはスープから一口…
鶏ガラ主体の動物系出汁にスッキリとしたが効いたオールドタイプのシャバ系ラーメン
バターは完全に溶けてはいないですが既にスープに油分が流出していて、バターのコクも感じられますね。
昔ながらのラーメンという表現がピッタリですね、たまにはこういうラーメンも良いですわ。
は甘味を感じるタイプので柔らかい塩気、舌への刺激は皆無で非常に優しい作りですね。
塩分濃度はほんの少し高めな感じも余裕の許容範囲内で良好、前途の通り尖りなど微塵も感じず。

20150324-2.jpg

麺は多加水の中太平打ちの手打ち縮れ麺、モチプリ感が感じられる麺で素晴らしいですね。
スープとの絡みも良好、このスープに対して麺が強すぎな感じもしますが意外にも合ってます。
麺に付いた縮れとバターの油分が上手くスープを拾ってくれているようでバランスは良い感じ。


具材はもやし、ワカメ、メンマ、薬味のネギ、そして重要アイテムのバターというシンプルな構成。
もやしは相変わらず完璧な髭取りで美しい、茹で具合も適度でシャキシャキ感良好ですね。
もやしは個人的に塩とはあまり相性が良いとは思いませんが、バターの油分のおかげで意外と悪くない。
ワカメもラーメンの具材として評価してない具材ですけど、まぁこれも悪くはない感じですね。
ただどっちも醤油との相性の方が良いんじゃないかなとは思いましたね。
メンマは細長いカットの物でコリコリ感は普通、味付けはほぼプレーンでメンマ本来の風味を感じる作りで結構好き。
薬味のネギは白で投入量は普通かな、シャキシャキ感に香りと辛味が良く出ており薬味としての機能性◎


麺量はおよそ150g程度ですかね、量的にもタイプ的にも苦はなく5分しない内に完食。
総評としては懐かしさを感じる塩ラーメン、食べるとホッとするような優しさを感じる一杯でした。
個人的にはもっと濃いこってり系が好きではあるんですが、ここのはあっさりでも結構満足度高いですね。
その一因はやはり手打ち麺なんでしょうけど、今回も素晴らしい麺で堪能させていただきました。
ちなみに前回と微妙に粉の配合とかが違うらしいんですけど、素人には全く分からない領域ですねw
今回は肉好きの私には精神的な満足度が低い肉無しだった事もあり、点数は前回よりもやや低め。
前回は肉入り注文でニンニク醤油で味付けした肉が入っていたのですが、ここは基本的には肉無しなんですよね。
ただクーポン使用で350円でこれが食べられた満足度を考えると帳尻が合ってほぼ減点無しといった所か。
残りの味噌と夏季限定のつけ麺も消費したいですね。

採点的には82点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:宜野湾市

Tags : 沖縄 宜野湾 ラーメン かなざわ 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する