2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

らーめん豚喜:小つけ麺+豚増し+ニンニクヤサイアブラ

 【24//2015】

前回いただいたラーメンがかなりの好印象でしたので、今度はつけ麺をいただきに訪問してまいりました。
訪問時刻は12時半頃で外待ち2人とそれなりに盛況、並んだ直後にお姉さんが注文を取りに来たのでつけ麺をオーダー。
追加で豚増しとトッピングにニンニクヤサイアブラをお願い、並んで2分ほどで先客が帰ったので空席に。
厨房には若い助手さんと亀有名物キャラの両さんにそっくりな店主が黙々と調理をしています。
店内は軽快なBGMが流れており、二郎系特有の重苦しい空気は皆無。
ホール係のお姉さんもいつも通り笑顔を見せながらテキパキと働いており非常に好印象です。
注文から約8分ほどで注文の品が到着しましたが、店主さんがニンニクを入れ忘れたので一時回収w
その後ニンニクを投入されたつけ汁がカムバック、豚と野菜はスープINスタイルですね~

20150324-3.jpg

それでは写真を撮影して実食です、まずはつけ汁を一口すすります…
微乳化シャバ系のつけ汁は豚骨出汁の旨味がしっかりと溶け込んでいますねぇ。
最初にカエシの塩分がガツンと到来し、その後豚骨と香味野菜の出汁と風味が追従してきます。
つけ麺なので塩分濃度はラーメンよりも高く、つけ汁単体ではショッパーマンです。
つけ汁の温度が最初から温めなので、つけ麺の特性を考慮すればもう少し熱ければ嬉しい。
麺はラーメンと同じで二郎基準では太麺、一般基準では極太の軽くウェーブの掛かったタイプ。
ムッチリとした食感が特徴的でコシも強め、二郎系に多いゴワゴワとした食感は弱めですね。
つけ汁に浸けていただくと絡みは良好、つけ汁単体では目立ったカエシの濃さも気にならず。
この麺あってのカエシの濃さでしょうね、一緒に食べるとバランス的には良い感じです。


具材は麺の器に海苔が1枚にニンニク、ヤサイ、増量したブタの構成。
海苔は特に特徴のない普通の物、やや溶けやすいですが箸休めとしては充分な一品。
ヤサイはコールしましたが標高は低めですね、内容はモヤシ8:2キャベツの割合。
シャキシャキとした食感が良い感じに残っており、茹で具合は非常に好み。
豚さんは前回と同じく増量で4枚、ヤサイの下に隠れるスタイルなのはラーメンと変わらず。
やや脂身が多いお肉なので好みは分かれる所、個人的に脂身の多さは気にならない派です。
相変わらず肉の食感をしっかりと残した一品ですが、繊維っぽさは皆無で柔らか仕上げ。
大きさも厚みも充分で非常にクオリティの高い一品、こちらに訪問したなら豚増しは必至ですね。
ニンニクは辛味の少ないタイプでスープに溶かすと風味は出てきますが効きは弱め。
ニンニクを効かせたい方はニンニクダブルにする必要がありますね。


約7~8分ほどで固形物を完食、スープ割は出来るかわかりませんが注文せず。
二郎系のスープは体に悪いという意識があるので、スープ割を注文しようと思えないんですよね。
総評としては麺・スープ・具材共に非常にレベルが高く、満足度の高い一品でした。
非常に良くまとまっており、これと言った欠点も無かったです。
味のみの評価で82点、普段は二郎系の場合はCP加点が付きますが今回は無しです。
デフォの値段がラーメンに比べて少し高く、更にヤサイの標高が低かった事が影響していますw
まぁヤサイはトリプルまでコールできるので、コール次第ではいくらでも挽回できますね。
まぁ二郎系を食べ慣れている人であればヤサイダブルぐらいが丁度良いと思います。

採点的には82点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:葛飾区

Tags : 東京 葛飾区 つけ麺 豚骨醤油 豚喜 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する