2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

壱寅家 新松戸店:かつお塩豚骨ラーメン

 【29//2015】

訪問時刻は21時頃で客席の埋まりは7割程度、食券を購入しようと券売機を拝見するとボタンの種類が増えてる…
カツオ豚骨醤油とカツオ塩豚骨が新たにメニューに加わっていました。
今までは麺物は醤油、塩、味噌、つけ麺だけだったんですけどね~
いつものデフォである塩豚骨で行くか、この新メニューで行くか…
少しだけ迷いましたが新メニューに挑戦する事に致しました。


塩派の私はカツオ塩豚骨の方のボタンをポチり、食券を店員さんに手渡して席へと付きます。
お好み調整には私的デフォの麺固めだけをお願いし、メニュー到着まで暫く待ちます。
店員はいつもの店主と初めて拝見する男性店員さん、少し作業がたどたどしいですが接客は良好。
新メニューの重要要素であるカツオが出汁なのか魚粉なのかと勝手に想像して楽しみます。
個人的には出汁の方が嬉しいではありますが、十中八九魚粉系だとは予想してるんですけどね。
理由は家系でしか修行をした事がない店主が魚介スープを炊けるとは思えないんですよね。
それにコスト的にも2種類も炊いてたら余裕がないと感じるんでね…
食券提示から5分ほどで注文の品が到着、見た目はノーマルの塩豚骨との大きな違いは無し。

20150329-3.jpg

表面には魚粉が浮いていて豚骨の色合いが少しブラウン掛かっていますねぇ。
それでは写真を撮影して実食です、まずはスープを一口いただきます…
いつも通りの濃厚クリーミーで臭みのない豚骨スープ、後からカツオの風味が追いかけて来ます。
予想通りカツオは魚粉だけで出汁は使われていないようですね、まぁ旨いから全然良いけどw
スープのこってり感が魚粉の影響で弱く感じるので、ノーマルの塩豚骨よりも飲み易い印象。
ただ個人的にはノーマルのこってり感が好きだったので、少し物足りなさを感じてしまいます。
塩分濃度はいつも通り良い塩梅、家系でショッパーじゃないのは非常に嬉しい。
麺はいつも通りの中太ストレート麺、好みの固茹ででコシがありスープとの絡みも充分。
個人的にはノーマルの塩豚骨スープの方が好みでしたが、大きく外れない辺りはさすがですね。


具材はメンマ、海苔、うずら1つ、チャーシュー、薬味としてネギの構成。
メンマは細めの物ですがコリコリとした歯応えがあり好印象、豚骨との相性も意外と悪くない。
海苔は少し大きめなサイズの物が3枚、スープを吸い易いタイプの海苔ですね。
スープの旨みを充分吸った海苔はメチャうまー、やはり家系には海苔は必須です。
うずらは完熟タイプの物が1個、特筆はないけどこれも相性は良いね~
チャーシューは脂身3割のバラタイプ、柔らかく程よい塩梅でこいつも普段通り旨い。
薬味のネギは一掴みぐらいの分量、薬味としてはこれぐらいの量がちょうど適正ですね。


麺量は150gぐらいで約5分ほどで固形物を完食、最後にいつも通りの飯割りで〆て終了。
総評としては麺・スープ・具材はいつも通り安定していましたね。
ここは土台がしっかりしていて安定しているので、新メニューも不安を感じないのが良いです。
個人的にはノーマルの塩豚骨の方が好みでしたが、こちらも普通に旨かったです。
ここの豚骨スープのこってり感を好む人間にとってはノーマルの方が好まれるでしょうね。

採点的には85点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:松戸市

Tags : 千葉 松戸 ラーメン 塩豚骨 壱寅家 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する