2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

麺や Gochi:2015年3月限定 Gochiのまぜつけ麺(エビ)

 【31//2015】

前日に定休日で振られたこちらに新店開発で訪問。
2日連続で沖縄市方面に用事があったので良かったですわ。
沖縄市方面に来る事は基本ないんですけど、以前からチェックはしてた店です。
ブログでこの限定の告知があって物凄く気になっていたんですよね。
そこにちょうど用事が出来たとなると行かない手はないですよねw
訪問時刻は15時頃、先客は一人と昼のピークを過ぎたので時間的には妥当か。
空いている席に着席、既に注文は決まってはいるがメニューも一通り確認。
中華そばや醤油・塩・味噌のラーメンにつけ麺とバリエーションは豊富ですね。
メニュー確認が終わった所でバーテンダーの格好をしたイケメンな兄さんを呼び、口頭にて表題を注文。
つけ汁がエビ、辛、バジルの中から選択出来るとの事なので、私の大好物であるエビでお願いしました。
口頭注文から約8分ほどで到着、美しく整った状態での提供で素晴らしいですね。

20150331.jpg

バーテンダー店員さんが食べ方の説明、まぜつけ麺はまだ慣れてない人も多いでしょうし気が効いていて宜しい。
店員さんの説明通りにまずはまぜそばからですね、麺をしっかりとタレと混ぜてから一掴み啜ります。
煮干出汁と醤油を合わせたシャバ系のタレが多加水の平打ち太麺によく絡み持ち上がりますね。

20150331-3.jpg

麺は適度なコシと強めなモチっとした食感が特徴、非常に好みのタイプの麺ですね。
出汁は最高級の伊吹島産いりこを使った出汁とメニュー表の中に記載がありましたので、間違いなくそれでしょう。
しっかりとした魚の旨味と香りが出ていますが、ワタは丁寧に取り除かれているようでエグみは皆無。
塩分濃度はかなり控えめで薄味、まぁつけ汁に後々浸けて食べる事を想定しての薄味でしょうね。
ただ煮干のしっかりとした旨味が強く出ているので、塩気が弱くても単体で充分成立する美味さに仕上がっている。
麺とタレのバランスは構成上どうしても麺が少し優勢になりますが、特に問題になるような偏りではないです。

20150331-4.jpg

つけ汁は鶏感強めの鶏豚混合の動物系白湯出汁をベースに、海老の出汁を混ぜて合わせた感じのミドルドロンジョ系。
動物系出汁の旨味に海老の旨味と香りが喧嘩する事なく混ざり合っていて調和が取れています。
ただ海老の引き立て方が上手いので、存在感が弱かったりチープさを感じたりする事はないですね。
麺との絡みも良好ですね、平打ち麺の強さに負けない海老の旨味と香りのバランスが良好。

20150331-2.jpg

具材はもやし、キャベツ、メンマ、アーサ、刻み玉ネギ、炭火焼きチャーシュー、カイワレ、ネギと具沢山。
もやしはシャキシャキ感良好、キャベツは少しクタ気味で葉の柔らかさと甘味が強いですね。
どちらもボイルタイプなので、まぜそばだと水気で元から薄めの味が更に薄まるのが気になるかな。
濃い目のつけ汁とは逆に良い具合に馴染んでくれるので総合的には及第点かな。
メンマはかなり細長いカットの物でコリコリ感は普通、個人的にはもう少し厚みと食感が欲しかったかな。
味付けは薄めで良い塩梅、メンマの香りもよく出ているのでこちらも及第点ですね。
アーサは麺と一緒に食べる際に香りが仄かに香りますが、この具材の面子の中ではややアピール不足か。
刻み玉ネギはシャキシャキ感良好、辛味よりも甘味がやや優勢なタイプで舌を爽やかにしてくれますね。
チャーシューは炭火焼きの香りの良いロース肉、柔らかいですが肉の繊維を残して噛み応えもありますね。
味付けは薄めで良い塩梅、炭火焼きしてるから提供に少し時間掛かった感じなんかな?
カイワレはシャキシャキ感と適度な辛味を提供して舌を〆てくれます、アーサやネギと共に青味の提供にも貢献。
ネギは青で投入量はやや少なめ、ネギの香りがよく出ていてこちらは鼻腔をスッキリとさせてくれます。
つけ汁内には柚子皮も入っており、爽やかな香りと甘味が感じられてこれも良かったですね。


麺量はおよそ150g程度ですかね、具材が方豊富なので実際はもう少し量は多いですが苦もなく5分少々で完食。
残ったつけ汁に追い飯を投入、海老雑炊みたいな感じで最後まで楽しんで完飲完食でフィニッシュ!
総評としては煮干と海老の2種類の出汁に、まぜ・つけ・雑炊の3種類の食べ方と面白さが詰まった一杯。
出汁は実際は鶏豚も混ざってるんですけど、あくまでメインとなっていたのは煮干と海老だったので…
色々な旨味と食べ方でとにかく飽きさせる事がなく、食べていると楽しくなるのが良いですね。
恐ろしいのはこれが海老だけではなく辛とバジルもあるって事ですよね、どんな感じなのか気になってしょうがない。
少しだけケチを付けるとすると麺量が少ない事ですかね、麺量がもう少しあったら楽しめる時間がもっと増えたのだがw
まぁ贅沢な意見だってのは分かっているのであくまで個人的な意見です、味に関しては一切文句なしです。
沖縄市まで行く事が滅多にないのでコンプは無理そうですが、無理に機会作ってみようかな…
レギュラーもメニュー写真を見る限りでは美味そうだったので、近くに寄る場合は是非ともお邪魔したいと思います。
単純な美味さ以外にも楽しさが詰まった素晴らしい一杯でした。

採点的には95点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:沖縄市

Tags : 沖縄 沖縄市 汁なし つけ麺 海老 麺や Gochi 90点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する