2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

麺や KEIJIRO:季節限定 豚骨ラーメン

 【01//2015】

麺や Gochiにて素晴らしい一杯をいただいた後に連食訪問。
訪問時刻は16時頃で先客は4名、時間から考えると盛況ですね。
前日に券売機を見た時から気になっていた限定麺と書かれたボタン
店員さんに限定は何を出しているのかを聞いた所、豚骨ラーメンとの回答。
お店入って正面のボードに限定は何かちゃんと書いてあるのね、普通に見逃してた。
限定のボタンをポチって空いているカウンター席に着席し食券を提示します。
食券提示からおよそ5分程で到着、見た目はシンプルな豚骨のビジュアルですね。
いつも通り写真を撮影していただきます、まずはスープから一口いただきます…

20150401.jpg

こってりとした豚の旨味がしっかりと出た白濁濃厚なミドルに近いライトドロンジョ系豚骨スープ。
豚の旨味を感じた後にカエシの塩気が追従し、最後にマー油の軽い苦味が〆る展開。
濃度は高いですが臭みはしっかりと処理されており、豚骨の良い匂いと香ばしいマー油の香りが引き立ちます。
カエシは切れ味のあるタイプの醤油ですが、そこまで前面に出ている訳ではないので豚骨醤油までは行かないですね。
塩分濃度は高めで許容範囲内ではあるが強いですね、塩気の尖りもほんのり感じられます。
最初から高菜が乗っている影響もあるんですかね、高菜から出た様な青っぽい感じの塩気も感じるんですよね。

20150401-2.jpg

麺は加水率高めな感じの中細ストレート麺、しっかりとしたコシの強さとプツリと切れる歯切れの良さが特徴。
スープとの絡みは比較的良好、スープの塩気が強めなので麺より目立ちますがバランス的にはまぁ問題ない程度。


具材はハーフカットの味玉、メンマ、高菜、炙りチャーシュー、辛味噌、薬味のネギの構成でビジュアルは良好。
味玉は黄身が軽くトロる程度の半熟具合、醤油の香りはしっかりとしているが味付けは適度で良い塩梅。
メンマはスープに隠れていますが細長いカットの物が入っています、コリコリ感しっかり目で食感は非常に好み。
味付けはプレーンでメンマの香りを活かした作り、スープの塩気が強いのでプレーンな作りで正解。
高菜は独特のシャキシャキ感がアクセント、唐辛子とは合わせていないタイプなので辛味は無し。
単体の塩気は高菜としては普通ぐらい、ただスープの塩気も混ざるのでちょっとショッパーかな。
チャーシューは炙ったバラ肉が2枚、脂身4割程度と多めだが炙りのおかげでプルプルに柔らかくなっている。
身の方は少し強めの歯応えが残っているが硬くはない、噛むと肉の旨味が流れてきますね。
炙りらしく香りが良く味付けも薄めで良好、1枚のサイズも大きめで2枚入っているので満足度は高い。
辛味噌は唐辛子とコチュジャンを混ぜた物の様で、単体で舐めてみると辛味は比較的強め。
ただ投入量自体は多くないので、スープに溶けると適度に舌をピリッとさせる程度の軽い刺激の辛味に収まります。
高菜に唐辛子の辛味を付けてないのは辛味噌が付いてくるのが前提だからなのかな。
薬味のネギは青で投入量は充分、シャキシャキ感と香りが良好で豚骨スープの脂を爽やかに流してくれます。
あとは全体的に色合いが淡い豚骨においては青ネギの色は非常に重要な役割ですよね、投入量が多いので栄えます。


麺量は150g程度ですね、二軒目ですが量的には特に苦もなく5分少々で完食。
総評としてはシンプルな豚骨ラーメン、基本を抑えた構成で奇抜さはないが安定の王道で良いですね。
豚骨の炊き具合も個人的に好み、塩気の強さを除けばこの系統では久しぶりの当たりですね。
前回食べたまぜそばも基本を抑えていてレベルは高かったですし、他のメニューも外れはなさそうですね。
これだけのレベルの物を提供するお店が通しで夜遅くまで営業していると客側としては便利で良いですね。
レギュラーの鶏白湯のラーメンと鶏魚介のつけ麺、他の季節限定も俄然気になりますね。
麺や Gochiと一緒にこの近辺に来る際にはお邪魔する事になりそうですね。

採点的には85点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:沖縄市

Tags : 沖縄 沖縄市 ラーメン 豚骨 KEIJIRO 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する