2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

沖縄国際映画祭限定出店 しずるノイロ:沖縄ビーフ和えソバ スペシャル

 【05//2015】

沖縄国際映画祭2015にてラーメンが出るという事で突撃、ソラノイロと芸人のしずる村上のコラボとの事。
一応、去年も出店してたらしいですけど、当方映画とか興味ないので…w
去年は普通に気付かずにスルーだったんですけど、今年はまぁ覚えてたので。
関係のあるストライプ ヌードルズからもヘルプが出てるとの事でした。
3/26の18時前に訪問、到着時に待ちは出来上がり待ちの1名のみ。
店頭にて宮崎氏が呼び込みをやっていましたので、そのまま口頭で表題を注文。
ノーマルが500円でステーキと生卵の入ったスペシャルが900円という価格。

テント内でストライプ ヌードルズのスタッフの方が調理を行っていました、お久しぶりですとご挨拶。
そこまで並びがなかったのは、沖縄ではまだ汁なし系の浸透度が低い事も関係あるんでしょうかねぇ。
あまりラーメンを食べる機会の多くない一般の人は汁のないラーメンとか言われてもピンと来ないでしょうからね。
あとは当日は4月前の沖縄にしては予定外に寒かったので、汁があった方が良かったかなという印象も。
口頭注文からおよそ5分少々で出来上がり、ニンニク、紅生姜、マヨネーズは無料トッピングとの事。
どうしますかと聞かれましたので全部と回答、宮崎氏から手渡された一品を持って席に移動。
いつも通り写真を撮影してから麺を混ぜます、しっかり混ざったところで麺を一掴みしいただきます。

20150405.jpg

ステーキから流れ出たであろう牛脂と塩胡椒の脂+塩気が旨味となって一緒に最初に舌にやってきますね。
追従して麺の熱で溶けたチーズ、マヨネーズ、玉子のコクと円やかさ、最後に紅生姜の酸味がやってくる展開。
チーズとマヨネーズと紅生姜はそれぞれにある味と塩気も複合してやってくる感じですね。
色んな具材の主張があるので少し複雑で説明が難しいですけど、意外にも喧嘩はしてないので不快感は皆無。
各具材の個性を平均化して調和するというよりは、各具材の個性を遠慮なく主張してるが結果的に調和出来てる感じ。
塩分濃度は適正値で良い塩梅、本当は高いのかもだが丸め役が沢山いるので塩気が立ってないし尖りも感じない。

20150405-2.jpg

麺は中細とも中太とも取れるぐらいの平打ち縮れ麺、しっかりとしたコシと軽いモチ感を感じる麺ですね。
加水率は少し高めぐらいでラーメン用の麺ではなく沖縄そば用の麺っぽいなぁ。
溶けたチーズと玉子の影響もあり麺との絡みは良好、しっかり絡んできますが麺の存在感も負けず良いバランス。


具材は生卵、チーズ、キャベツ、牛肉、ステーキ肉、紅生姜、ニンニクにと種類豊富な構成。
生卵は前途の通り潰した時にタレが麺に絡みやすくする効果と塩気を円やかにするのに貢献。
チーズは生卵と同じ様な効果に加え、適度な乳脂肪分から出るコクと塩気を与える役割もあり。
キャベツはボイルタイプで甘味がよく出ていますね、茹で具合は強めで少しクタった感じですね。
混ぜる時に硬いとちょっと邪魔になるので、汁なし系の時はこのぐらいの柔らかさでも問題ないかな。
牛肉は肩ロースの薄切りですかね、ロース肉らしく脂身は少なめで適度に繊維の残った噛み応えのあるタイプ。
噛んでいると旨味が流れてくるタイプですね、味付けはタレと絡んでちょうど良いぐらいの塩梅ですね。
ステーキ肉は赤味が多めに残ったミディアムレアな感じ、柔らかく通常のステーキより少し薄めのカットで食べやすい。
味付けは薄めの塩胡椒で軽く締まった感じの味付け、タレと絡んでもショッパーにはならず良い塩梅。
紅生姜は彩りを与える色味の提供と軽めの酸味で舌を爽やかにする役割で効果を発揮。
刻みニンニクは舌への刺激と味にパンチを与えていますね、これがないとパンチに欠ける印象もあるので良い仕事ぶり。


麺量はおよそ100g程度ですかね、量的には特に苦もなくスルスルと胃に収めて5分経たないぐらいで完食。
総評としては色合いも味わいも多彩で楽しめる一杯、具材がそれぞれの個性を出しながらも乱雑じゃないのが良い。
肉とチーズやマヨネーズの脂分があるので見た目よりは意外とこってり系ですが、重かったりはしないですね。
麺を食べ終わった後、底に少し溜まったタレを飲んでみましたがたこ焼きみたいな味が舌に乗りました。
麺の小麦感がタレに移っていて、それに紅生姜やマヨネーズってたこ焼きでも使うから似たんでしょうね。
イベントでのメニューにしては割高な印象もありますが、それに見合うだけの豪華さなので無問題。
食べ終わりに宮崎氏の名刺もいただいて帰宅、なかなか楽しめる一杯でした。

採点的には85点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: イベント系

Tags : 沖縄 イベント 汁なし その他 しずるノイロ 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する