2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

麺や Gochi:2015年3月限定 Gochiのまぜつけ麺(バジル)

 【07//2015】

前回訪問で非常に楽しめた限定の別バージョンを堪能しに訪問。
本当は訪問しないで我慢しようと思ったんですけど、意思が弱いですね。
いや、逆に気になったら嫌でも行くって事は意思が強いのか?
まぁそんなこんなで20時頃に訪問、先客はなしってマジか。
場所がひっそりしてるせいなのかな、味は良いのにこの客数って大丈夫か…
以前とは別のバーテン兄さんがお出迎え、こっちもシュっとしてスタイリッシュやね。
口頭にて海老、辛、バジルの中から今回はバジルを選択しました。
無料サービスは追い飯、大盛、温玉のいずれかで追い飯を今回も選択。
口頭注文からおよそ8分程度で到着、今回も素晴らしいビジュアルで食べる前に美味いと分かるパターン。

20150407.jpg

それでは写真を撮影していただきます、ちなみに今回はつけ汁に関してだけ書こうと思います。
まぜ麺と具材の方は前回と構成と作りが同じなので、違いはつけ汁に集約されているのでね…
まぜ麺と具材の詳細に関しては以下の前回訪問時のレポにて確認していただきたい、画像だけは載せておきますが。

20150407-2.jpg
20150407-4.jpg


20150407-3.jpg

つけ汁は鶏感の強い鶏豚混合の動物系をベースにバジルソースを合わせた一品。
前回のエビの時はたいして印象に残らなかったですが、今回は少し酸味を感じますね。
単純に海老の影響で感じ取れなかったのか、それともこのメニューに合う様な変更として酸味を加えたのか。
ただ酸味自体は軽く感じる程度で強くはないので問題ないですけどね、スッキリ感が出る程度の酸味ですし。
バジルソースは細かく潰したバジルにオリーブオイルを合わせた感じのが使われてるみたいですね。
バジルの香りは爽やかに鼻から抜ける程度で良い具合ですね、バジルの香りが強すぎるという事はありません。
ベースの鶏白湯の香りを邪魔する事なく、鶏の香りの後から香ってくる感じで匂いのバランス感覚も良し。
柚子皮も入っていて爽やかな香りと軽い甘味が感じられます、バジルとはまた違った清涼感が良好。
塩分濃度は少し高めなチューニングも許容範囲内で良好、塩気の尖りも感じられませんね。
麺は前回と同じ多加水の平打ちの太麺、モッチリとした食感が良好でつけ汁との絡みも良好。


麺量は前回と同じく150g程度ですかね、量的には苦がない所かもっと欲しいぐらいで5分程度で完食。

20150407-5.jpg

まぜ麺とつけ麺を半々で楽しませていただきましたので、最後は追い飯を投入して〆ですね。
ちなみにまぜ麺のタレが少し器に残っているので、それを移動する事で煮干の出汁の旨味も混ざります。

20150407-6.jpg

鶏煮干となったつけ汁にご飯が良い具合にマッチしており、今回も最後の〆まで堪能する事が出来ました
総評としては前回の海老とは違った魅力と旨味が出た一杯、レベルは高くて今回も素晴らしかったですね。
個人的な好みではやはり海老に軍配が上がってしまいますが、こちらも特に劣るという印象はないですね。
前回撮り忘れた追い飯投入後の雑炊画像も撮影出来たので、画像的な意味でも満足出来ましたw
二品食べてしまったので最後の辛も食べに行くとしますかね。

採点的には85点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:沖縄市

Tags : 沖縄 沖縄市 汁なし つけ麺 バジル 麺や Gochi 90点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する