2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

麺や偶:梅しょうゆもりそば

 【13//2015】

特濃中華蕎麦 いわしで素晴らしい一杯をいただいた後に連食訪問。
訪問時刻は17時半過ぎで先客は1名、まだ夜のピークには入っていない感じ。
空いている席に着席して表題メニューを口頭にて注文。
こちらは4月~10月ぐらいまで提供している暖かい時期用のメニュー
以前レポしたあんかけつけソバの方が寒い時期用のメニューで交代で出している模様。
注文からおよそ8分程度で到着、見た目は美しく盛られていて良いですね。

20150413.jpg

それではいつも通り写真を撮影していただきます、まずはつけ汁を一口ペロリーナ。

20150413-3.jpg

魚介出汁の旨味を感じると同時に梅の香りと酸味が一緒に追いかけてくる展開のシャバ系つけ汁。
スッキリとした梅の爽やかな酸味を感じた後に落ち着いた醤油の香りと塩気を認知する感じですね。
酸味は非常に強めでギリ許容範囲内、酢で出した酸味ならアウトの強さだが梅の爽やかさのおかげで助かってる。
梅の感じは紫で出しているんでしょうね、つけ汁に粒子が浮いているのでまず間違ってはいないはず。
つけ汁内には刻み玉ネギも入っており、この玉ネギの食感と甘味も酸味の中和に貢献していますね。
これで玉ネギが辛味の強いタイプだと強すぎて大変だったでしょうが、辛味は弱く甘さが出ているので良かったw

20150413-4.jpg

麺は偶グループのつけ麺共通の多加水中太ストレート麺、モチプリ感良好で個人的にはかなり好きなタイプの麺。
つけ汁との絡みは良好、酸味が強く存在感のあるつけ汁に負けない麺の存在感でバランスが取れていますね。

20150413-2.jpg

具材は味玉、海苔、焼きネギ、レンコン、かき揚げ、チャーシュー、薬味のネギの構成でビジュアル感良好。
味玉は黄身がゼリー状になる程度の半熟具合、味付けは薄めで醤油の香りをほのかに感じる程度で非常に良い塩梅。
海苔は正方形カットの物が2枚でパリパリ感良好、つけ汁に浸かっても崩れない強さがあって良いですね。
海苔の香りもつけ汁の存在感に負けずに感じられます、個人的にはかなり好きなタイプの海苔ですね。
焼きネギは少し焦げ目が付く程度の焼き具合、ネギの甘味とトロっとした柔らかさが出ていて最高に美味い。
つけ汁の酸味をネギの甘味が上手い具合に中和してくれてつけ汁との相性も抜群、このメニューで一番肝の具材かも。
レンコンはみりんと醤油で煮て味を付けた感じの甘塩っぱい作り、単体だと少し味付けは濃い目ですね。
つけ汁と合わせて食べると酸味と合わさって意外と良い具合に纏まる、味付けも何故か濃い感じがなくなりますね。
かき揚げは玉ネギ、ニンジン、牛蒡を揚げた物でサクサクしていて良い揚がり具合ですね。
最初のサクサクとした感じで食べるのも良いですし、つけ汁に浸して衣が少しトロる感じで食べるのも美味い。
玉ネギの甘味が良く出ていてつけ汁との相性良好、ニンジンと牛蒡のコリコリとした食感も良いですね。
チャーシューはバラロールが1枚、脂身2割程度で身はしっとりとしていて適度な柔らかさ。
単体の味付けはほぼプレーンに近い感じの薄味、身を噛むと旨味が流れ出てくるタイプで美味い。
薬味のネギは白で投入量は充分、適度なシャキシャキ感が感じられて食感良好。
ネギの香りはちゃんと感じられますが辛味は控えめ、つけ汁との相性は非常に良好で合っている。


麺量はおよそ150g程度ですかね、つけ麺にしてはやや麺量が少なめですが不満は無し。
何故なら〆のお茶漬けもデフォで付いているので、これをやれば量的には充分すぎるのでね。
麺を食べ終わった頃に店員さんが頼まなくても持ってきてくれました、こっちの食べるペースをちゃんと見てて感心。

20150413-5.jpg

〆のお茶漬け茶碗の中身はご飯、岩海苔、白胡麻、山葵の構成で〆としては豪勢ですね。
これをつけ汁に投入して混ぜ合わせて〆の梅茶漬けを実行、これが非常に素晴らしい出来栄え。

20150413-6.jpg

魚介出汁の旨味と梅の酸味を感じた後に山葵の香りと刺激が追従、ツーンと来ない程度の辛味なのが良いですね。
岩海苔の香りも前途の少し主張の強い方々が通過した後に、残り香の様にやってきて良いですわ。
白胡麻は序盤は目立たないですが終盤は器の底に溜まり、割合が多くなるので徐々に目立ってくる感じ。


〆の梅茶漬けまで堪能して10分程で完飲完食、麺や具材と合わせて総量は300g超えてるんじゃないかな。
総評としては梅の香りと酸味が利いた個性的な一杯、これから暖かくなる時期にも合っていて良いですね。
酸味自体は強いですが梅の爽やかな印象のお陰でスッキリしていて嫌味な酸味になっていないのが良かった。
つけ麺自体も完成度は高くて美味かったですけど、〆の梅茶漬けが特に良くて二度楽しめる内容でした。
具材も通常はラーメンに使わない具材が多くて個性的でしたが、相性は良くて意外な驚きもありました。
850円でこの内容ならCP的にも良好、質と量ともに満足出来る内容で評価出来ますね。
素晴らしい連食で非常に満足して帰路に着けました。

採点的には90点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:浦添市

Tags : 沖縄 浦添 つけ麺 醤油 麺や偶 90点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する