2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

ラーメン我道:石焼きまぜ麺

 【15//2015】

ストライプ ヌードルズにて素晴らしい一杯をいただいた後に連食訪問。
訪問時刻は13時半前で先客はなし、後客は4名と少なめでしたね。
店内入ってすぐ左側にある券売機にて何を食べるか思案。
久しぶりの訪問でしたが新メニューがいくつが出来ていますね。
新メニューの中で気になった表題の食券をポチります、店員さんに食券を提示して空いている席に着席します。
注文からおよそ7分程で目の前に到着、石焼きなのでとにかく熱々ですね。

20140415.jpg

それではいつも通り写真を撮影していただきます、まずは別皿のタレを麺に垂らします。
タレは魚粉を混ぜた節魚介ベースのシンプルな醤油タレで特に珍しい物は混ぜていないですかね。
石焼き皿に垂らしたのでジュージューと音をさせながら醤油の香ばしい香りが湯気と一緒に飛んできますね。
同じく別皿の具材類と温玉を投下して麺と絡めて混ぜます、温玉がどんどん凝固していきますね。
それではしっかりとタレや具材と温玉が混ざった所で麺を一掴みして啜ります。
石焼き効果で表面が少し焦げて香ばしくなった麺の小麦感が最初に舌と鼻腔で感じられますね。
追従して醤油タレの塩気と香りと魚介系の旨味がやってくる味の展開、石焼きの汁なしは初めてですが結構良いですね。
潰れた温玉はタレの塩気の角を取ったりしているんでしょうが、玉子単体の雰囲気は特に感じられないですね。
塩分濃度はやや高めですが許容範囲内で良好、塩気の尖りは特には感じられないですね。

20140415-2.jpg

20140415-3.jpg

麺は加水率高めな感じの中細ストレート麺、表面が焼けて硬くなった部分もありますがモッチリ感のある麺ですね。
タレとの絡みは良好、タレの存在感は強いですがそれに負けない麺の存在感でバランスが取れていますね。
普通の茹で麺だとタレの強さに負けてしまいそうですが、麺が焼けて香りがよく出ているのが良いんでしょうね。

20140415-4.jpg

具材は別皿提供で温玉、もやし、メンマ、チャーシュー、薬味のネギの構成。
温玉は既に述べたとおり単体の存在感は皆無、ただタレの塩気を丸めるのには貢献している感じ。
もやしはボイルタイプでシャキシャキ感良好、相性自体もなかなか良い感じですね。
メンマは細長いカットの物でコリコリ感良好、味付けは薄めでメンマの風味を生かしたプレーンな物で○
チャーシューは細かくカットされたバラ、味付けは許容範囲内だが少し濃い目で沖縄そばの肉っぽい味付け。
石焼き皿で温められる事で脂が抜けてしまうのか、少しパサ付きを感じますが悪くは無いですね。
皿の熱で自然に温められるので炙りチャーシューみたいな感じで香りは良く出るのは良いと思います。
薬味のネギは白で投入量は充分、シャキシャキとした食感が良好で辛味は少し控えめだが薬味としての機能性○


麺量はおよそ150g程度ですね、二軒目ですが量的には特に苦もなく熱さに苦戦して10分程掛かって完食。
総評としては超熱々の汁なし系、石焼きの汁なしは初めて食べましたけども案外悪くないんですね。
最後まで熱々で食べられるのと麺や具材の香りが良くなるのが利点で、それが実際に機能していましたね。
ただ石焼きはデメリットもあって食材の水分が抜けて少しパサついてしまう難点もあるんですよね。
まぁこのメニューはメリットの方が優勢なので、そこまでデメリットを気にする必要はないかな。
以前に好評価を付けた海老豚がなくなって残念ではありますが、代わって入った新メニューが良かったのは朗報ですね。
もう一つのまかないラーメンというのも気になるので次の訪問では狙いますかね。

採点的には87点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:北谷町

Tags : 沖縄 北谷 汁なし 醤油 我道 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する