2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

大阪村 本店:とろ~り豚骨

 【18//2015】

久しぶりの新規開拓!と見せかけて実は既に訪問歴あり。
RDBを始める前の10年以上前に訪問した事がありますね。
当時は典型的な小汚い(失礼)が安くて量がある店でしたね。
最近改装を施してかなり綺麗になったのが外観でも確認出来ましたが
なかなか足を運ぶ気になれずに結構時間が経ってしまいましたね。
訪問時刻は20時半前で店内には先客5名とそこそこ入ってますね。
店内は以前とは比べ物にならないぐらいに綺麗になっていて良いですね。
空いているカウンター席に着席してメニュー表を確認。
以前に訪問した時はスタミナにんにくラーメンを食べた記憶がありますね、メニューも少し変わってます。
以前にはなかったつけ麺だったり、イタリアントマトなんていうオサレメニューが登場していますね。
とりあえずは初訪みたいなものなので色物は回避しようという事で人気No.1と書いてあった表題を注文。

20150418.jpg

注文からおよそ5分少々で目の前に到着、見た目は豚骨の白濁感が出ていますし具沢山で良い感じですね。
それではいつも通り写真を撮影していただきます、まずはスープから一口いただきます…
白濁とした豚骨はそれなりに豚感が出ていて良好、見た目からするとこってり感はそこまで強くないですね。
とろ~りの名称通り少し粘度を感じますね、ジャガイモを潰した感じの少しザラつく感じもあるベジポタ系豚骨
個人的にはベジポタ系豚骨はあまり得意ではないのですが、豚感を消すようなベジ感では無かったので大丈夫でした。
塩分濃度は適正値で良い塩梅、塩気の尖りも感じられず豚骨としては優しめの作りですね。

20150418-2.jpg

麺は加水率やや高めな感じの少し黄色味掛かった中細ストレート麺、適度なコシの強さが感じられる麺ですね。
スープとの絡みはなかなか良好、粘度のある豚骨になのでこれぐらいの太さで良い感じに絡みますね。


具材は味玉、海苔、もやし、キクラゲ、小松菜、油揚げ、チャーシュー、ネギの構成で具沢山。
味玉は黄身が少しトロる程度の半熟具合、味付けは薄めで醤油の風味と黄身の甘味がよく出ていて素晴らしい。
海苔は正方形カットの物が1枚、パリパリ感は普通だが汁気には強くヘタらず香りも感じられて良好。
もやしはボイルタイプで投入量は少なめ、ただ他の具材が大量にあるので量的には妥当ですね。
シャキシャキとした食感がしっかりと感じられて良いボイル具合、味の薄まりもそこまで問題にはならず。
キクラゲは細長いカットの物で投入量は普通、コリコリ感強めで個人的には結構好きなタイプ。
小松菜は貴重な青味要員でシャキシャキとした食感も良好、スープの相性も意外にも悪くは無い。
油揚げは細長い三角形カットの物が2枚、特筆は無いですが箸休めとしては機能しているかな。
カップラーメンの赤いきつねに入ってるお揚げっぽい甘味がありますが、この甘味は嫌いじゃないので良し。
チャーシューはロースが2枚、味付けは甘味を感じる古い作りのチャーシューだが適度で良い塩梅。
適度な肉の弾力を感じられるが柔らかく簡単に歯で切れますね、デフォで2枚入っているので量的にも満足。
ネギは白で投入量は普通、シャキシャキ感と独特の辛味がしっかりと感じられて薬味として機能していますね。


麺量はおよそ150g程度ですかね、豚骨にしてはこってり感も強くないですし量的にも特に苦もなく5分少々で完食。
総評としては見た目よりは軽めな仕上がりの白濁ベジポタ豚骨、女性でも食べやすい感じですね。
昔食べた時よりはワンランク上の味に仕上がっているなという印象で店の改装と共に味も変えたっぽい。
以前の味のイメージから期待感は低めに見積もってたんですけど、このレベルが出てくるなら悪くないかな。
デフォルトでこれだけの具材が入って680円という値段はお得ですし、売りだった安さが変わってないのも良い。
今回の訪問で印象が良くなったので機会があれば早めに再訪もありますね。

採点的には75点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:浦添市

Tags : 沖縄 浦添 ラーメン 豚骨 大阪村 70点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する