2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

手打ちラーメン かなざわ:味噌チャーシュー

 【23//2015】

沖縄でおそらく最高の麺の一つを味わいたい欲望に駆られて訪問。
今回は未食の味噌を堪能しにやってまいりました。
訪問時刻は19時半頃で先客は2名、空いているカウンターに着席。
前回訪問時にデフォには肉無しと理解したので肉入りを頼もうと決心。
肉が入っているらしいのは肉入りとチャーシューの二種類ですね。
肉入りは醤油の時に堪能したので味噌チャーシューを口頭注文。
奥様の呼び出しに応じた旦那さんが奥から出てきて黙々と調理開始。
旦那さんが仕上げた一杯を奥様が運んできて到着、なかなか素敵なビジュアル。

20150423.jpg

それではいつも通り写真を撮影していただきます、まずはスープから一口…
鶏ガラ主体の動物系清湯出汁をベースに味噌を合わせたオールドタイプのシャバ系味噌スープ。
味噌の風味は感じられますが味噌感は濃すぎず、個人的に非常に好みな味噌感で好印象。
味噌特有の独特な塩気があまり得意ではない当方としてはこれぐらいの味噌っぽさは実に理想的。
チャーシューが入っている影響なのか、塩の時よりは脂の旨味や動物系のコクが多くて旨味が強い印象。
塩分濃度はほんの少しだけ高めだが余裕の許容範囲内、塩気の尖りは味噌なのに全然感じないですね。

20150423-2.jpg

麺は恒例の多加水の手打ち中太平打ち麺、少しいびつな縮れが実に手打ちらしくて素晴らしい。
多加水らしい非常にモチモチとした食感とプリプリとした弾力が出ていて本日も安定の美味い麺です。
スープとの絡みは良好、麺の縮れのお陰だろうがシャバ系スープなのに持ち上げ良好で良いバランスです。


具材はもやし、ワカメ、メンマ、チャーシュー、薬味のネギの構成、丼を覆う感じの幅のある配置でビジュアル良好。
もやしは適度な茹で具合でシャキシャキ感良好、味噌との相性は今更言うまでも無く。
ワカメは少し柔らかめで滑らかなタイプ、ラーメンの具としてのワカメはそこまで好きではないですが結構合ってる。
メンマは細長いカットの物でコリコリ感良好、味付けはほぼプレーンでメンマの風味を活かした作り。
チャーシューは脂身1割程度のロースが3枚、適度に肉の繊維質を残しているが柔らかく箸で簡単に裂けますね。
肉の繊維を噛む楽しみがあり噛む毎に肉の旨味が流れ出てくるタイプ、ロースとしては非常に好みな作り。
味付けは少し甘みを感じる甘塩っぱ系、しっかり目ではあるが濃すぎず良い塩梅ですね。
1枚の大きさと厚さがそれなりにあるので3枚で十分な質と量の両面で満足感があります。
薬味のネギは白で少し厚めなカット、ネギ特有の辛味と香りにシャキシャキ感が出ていて薬味として機能性抜群。


麺量はおよそ180g程度ですかね、一軒目なので全く苦は無く箸もよく進み5分少々で完食。
総評としてはタレで食べさせる傾向の強いオールドタイプの作りながら、味噌感が強すぎず個人的にドストライクな一杯。
清湯だと味噌の存在感に負ける事も多いですが、しっかりとバランスが取れて活きているのが良いですね。
チャーシューの出来も素晴らしく、昔ながらのという感じの作りでどこかノスタルジーを感じましたね。
醤油も塩も勿論美味かったのですが個人的には味噌が一番合いましたね、これで750円は格安ですわ。
これで完走で終わりかなと思ったら冷やし味噌を開発したらしく、まだ完走ではないようですw
あとはつけ麺もある事も忘れてましたがこれから暑くなるし丁度良いですね。

採点的には98点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:宜野湾市

Tags : 沖縄 宜野湾 ラーメン 味噌 かなざわ 90点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する