2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

哲麺 縁 沖縄浦添店:豚骨えびそば

 【28//2015】

和風らーめん はるやにて海老を堪能した後に連食訪問。
こちらも新メニューで海老系メニューが出たとの事で突撃。
訪問時刻は14時半前で先客は3名とそれなりの客入り。
券売機にて表題の食券を購入して空いている席に着席し食券を提示。
麺の硬さ指定を聞かれたので今回は硬めでお願いする事にしました。
食券の提示からおよそ3分少々で目の前に到着、独特な色彩の一杯ですね。
こちらも既に海老の香りが漂っていて非常に食欲をそそりますねぇ。

20150428.jpg

それではいつも通り写真を撮影していただきます、まずはスープから一口…
哲麺定番の濃厚な白濁豚骨海老出汁をベースに海老油に揚げた桜海老が入ったライトドロンジョ系海老豚骨
豚骨スープは濃厚ながらも臭みは無く非常にクリーミー、いつ食べても安定した豚骨スープですね。
独特な色合いは桜海老から出た色が豚骨の白と混じってオレンジっぽい色になっている感じですね。
豚骨のこってりとした旨味と豚の香りを感じた後に海老の風味が追従する展開で海老感はそこそこ強め。
先ほど食べた一杯に比べると海老感は豚の強めな主張もあるので少し軽めだが、弱いという事はない。
塩分濃度はほんの少し高めな印象も余裕の許容範囲内、塩気の尖りは全く感じられないですね。

20150428-2.jpg

麺は哲麺定番の低加水の極細ストレート麺、強めのコシと歯切れが感じられる麺ですね。
スープとの絡みは非常に良好、豚骨ベースなので組み合わせの相性は鉄板と言える安定感ですね。
豚骨と海老の混ざった存在感の強めなスープに負けない麺の小麦の存在感の噛み合わせが良い。


具材は揚げた桜海老と海老味噌の様なペーストに大量の白ネギの構成、ビジュアル的にはやや不足感あり。
桜海老はカリカリ感があってこのメニューでは貴重な食感要因、海老感の増加にも貢献で合っていますね。
海老味噌っぽいペーストは桜海老のチップを混ぜ込んだ物ですが、さほど大きな味変効果はなかったかな。
薬味のネギは投入量充分で適度な辛味と香りで鼻腔をスッキリとさせる薬味としての機能性が高いですね。
チャーシューがあればまた違ったんですけど、やはり肉無しってのは少し寂しさを感じてしまいます。


麺量はおよそ120g程度ですかね、二軒目ですが特に苦はなく5分程度で完食。
総評としては濃厚な豚骨と海老感が良い具合に合わさった一杯、どちらの個性も出てますが邪魔はしあってない。
以前食べた煮干とは違って今回はちゃんと豚骨スープと噛み合っていたのは良かったです。
肉無しっていうのが減点対象ではありますが、こってり系と海老が好きな自分にとっては非常に好みな作り。
これで肉ありなら結構良い評価を出せただけに少し勿体無いが完成度は高いですね。
こちらは定期的に新メニューを提供しているようなのでまた訪問する機会はあるでしょうね。

採点的には80点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:浦添市

Tags : 沖縄 浦添 ラーメン 豚骨 海老 哲麺 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する