2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

拉麺 笑和:焦がしにんにくラーメン

 【03//2014】

今回の訪問はこちらに、通常メニューの消費にやってまいりました。
元々は味噌豚骨の気分だったのですが、いつの間にかメニューから消えてました。
メニューの入れ代わりが激しいとちょっと不安を持つが大丈夫か…
という訳で代替として表題メニューを注文し到着を待ちます。
注文から3分少々で目の前に到着、焦がしたニンニクの香りがしますね。
いつも通り写真を撮影していただきます、まずはスープを一口…

20141203.jpg

マー油の風味が強く出て直後に豚骨の香りと旨味が追従、豚骨はいつも通りの白濁濃厚な少し粘度のある系。
ベースの豚骨は動物系の旨みがしっかりと出た濃厚系で美味いが、マー油のオイリーさと混ざって重い。
恐らく豚骨単体なら美味しくいただけるこってり具合なのだが、マー油の量が多いので結構なヘビーさ。
こってり系自体は好みなので序盤は大丈夫だったが、終盤になるとこってり好きの自分でも結構厳しい重さ。
塩分濃度は適正値で塩気の尖りも感じられず、塩気の面に関しては優しくて飲みやすい作りですかね。
麺は博多系定番の加水率低めな極細ストレート麺、茹で具合はハリガネ指定で麺に強いハリとコシがありますね。
スープとの絡みに関しては良好、重厚感のあるスープに負けずに小麦の味と香りをしっかりと感じられます。


具材はもやし、キクラゲ、チャーシュー、ネギの構成、見た目はやや寂しいがチャーシュー2枚で意外と妥当な線。
もやしは適度な茹で具合でシャキシャキ感しっかり、豚骨との相性に関しても今更語る必要もないかな。
キクラゲは細長いカットの物でコリコリ感しっかり、ほんの少し辛味を感じる味付けも○
チャーシューはバラロールの物が2枚、量は嬉しいがオイリーなこのメニューで脂身4割程度と多いのが少し残念。
厚みもそこそこあり肉の部分は適度な噛み応えもあり結構なレベルの一品、味付けは薄めで甘味も控えめで良かった。
薬味のネギは青で投入量は比較的多め、ネギの香りを感じられ油の影響を適度に和らげる効果を提供。


麺量は180g程度ですかね、油っぽさの影響で終盤は胃が重く7分程掛けて完食。
総評としては土台の豚骨の美味さは確かなものの、マー油の影響で重苦しい一杯になってしまった印象。
マー油自体が不要とは思いませんが、もう少し量を抑え目にしてもいいかもしれませんね。
多少粗があっても土台がしっかりしているので大崩れはしないのは強みですかね。

採点的には68点!かな、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:宜野湾市

Tags : 沖縄 宜野湾 ラーメン 豚骨 笑和 60点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する