2019 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 07

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

大阪村 本店:肉野菜ラーメン

 【11//2015】

SUN吉に突撃するも臨時休業で振られてしまい代替訪問。
前回は豚骨だったので色物のトマトでも頼もうかなと思いながら入店。
訪問時刻は16時半前で先客は4名、この時間にしては入ってますね。
空いている席に着席してメニュー表を確認、すると表題を発見。
土曜日のランチタイム限定らしいので、せっかくの機会と口頭注文。
トマトはレギュラーなのでいつでも食べれるので次回ですね。
口頭注文からおよそ5分少々で到着、二郎系イメージでしたが全く違いますね。

20150511.jpg

それではいつも通り写真を撮影していただきます、まずはスープから一口…
出汁は鶏ガラベースにカエシを合せたベーシックなシャバ系醤油だが、甘味が強く結構クセになる感じ。
甘味は醤油自体ではなくしょうが焼き風の味付けの豚バラ肉と野菜類から出た甘さが混ざった物っぽい。
しょうが焼きのタレは醤油、ハチミツ、味醂、生姜なんかで構成する事が多いですけど、まさにそんな感じの味。
甘味は結構強めなんですが醤油の塩気とのバランスが結構良い感じで嫌味な甘さにはなってないですね。
塩分濃度はやや高めな印象も許容範囲内で良好、塩気の尖りは全く感じられませんね。

20150511-2.jpg

麺は加水率少し高めな感じの中細ストレート麺、適度なコシとモチ感の混在タイプですね。
スープとの絡みは良好、甘めのスープをしっかりと持ち上げて麺の小麦感とのバランスが良い感じですね。


具材は炒めたキャベツ、人参、もやしの野菜類としょうが焼き風の豚バラ肉、薬味のネギの構成。
キャベツは比較的大きめなカットで軽く火を通した程度で結構生に近い食感が残っていますね。
キャベツ特有の甘味とシャキシャキ食感が良好、甘塩っぱいスープとの相性もなかなかイケてますね。
人参は細長い千切りの物でこちらは少しコリっとする程度である程度柔らかめに仕立てられていますね。
もやしはキャベツの山に隠れていて画像では見えませんね、投入量は普通でこちらも軽く火を通した感じ。
シャキシャキ感を強く残していますが生臭さはなく適度な加熱具合、スープとの相性も良好。
バラ肉はかなり味が染みていますね、味付けはしっかりとしていますが濃すぎず良い塩梅。
肉はかなり柔らかく簡単に噛み切れる感じ、タレに肉を柔らかくする効果のあるハチミツをやっぱ使ってるのかな。
豚バラ肉もスープとの相性は良好、まぁ肉からのエキスがスープに染み出してる訳なので合わない訳がないけど。
肉野菜ラーメンという名称の割には肉が多くないのは気になるが、まぁ普通程度の量は入ってるし別にいいか。
薬味のネギは白で薬味としての機能性はイマイチ、食感はキャベツにネギ特有の辛味はスープに負けてますね。


麺量はおよそ150g程度ですかね、一軒目なので量は全く苦にならず5分少々で完食。
総評としては豚生姜焼きと野菜炒めを入れた感じのラーメン、安易な構成に思えて意外と悪くない仕上がり。
肉の味付けを施したタレが混ざったスープは独特の甘塩っぱさがあり、これはこれで結構クセになる感じ。
メニュー名から二郎系イメージもありましたが、所謂ニンニクのガッツリ感は全く皆無の一杯でした。
これは普通にレギュラーでも良いと思うんですが、何で土曜日のランチタイム限定なんだろうか。
あまり期待してなかった反動もありそうですけど良い一杯でした。

採点的には82点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:浦添市

Tags : 沖縄 浦添 ラーメン 醤油 大阪村 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。