2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

ラーメン我道:期間限定 アグーと魚介の塩つけ麺

 【17//2015】

なにやら期間限定メニューの提供が始まったとの情報を得たので突撃。
訪問時刻は20時半を過ぎた頃で先客は5名程とそれなりの客入りか。
店内入ってすぐ左側にある券売機にて表題メニューの食券を購入。
空いている席に着席して食券を提示、麺の温or冷と細or太が選べるとの事。
まぁつけ麺なので普通に冷と個人的に好きな太麺を選択させてもらいました。
食券提示からおよそ5分少々で到着、見た目は比較的シンプルなつけ麺

20150517.jpg

それではいつも通り写真を撮影していただきます、まずはつけ汁をペロリーナ。

20150517-3.jpg

節煮干系のあっさりした魚介系スープをベースにスッキリとした旨味の強いで調整したシャバ系つけ汁。
具材に使われているアグー豚の脂が流出する事で軽めの豚感も混じった擬似的な豚骨魚介な感じですね。
魚介系出汁の旨味を感じた後にアグーの脂の甘味を感じ、対比となる気がキリっと〆る感じの展開。
個人的につけ麺はあまり当たりを引く事がないので敬遠傾向にあるメニューなんですが、これはイケてますわ。
分濃度はやや高めながらも許容範囲内で良好、気の尖りも特には感じられませんね。

20150517-2.jpg

麺は加水率高めな感じの中太ストレート麺、モチモチ感とプリプリ感の強い麺で個人的にはかなり好きなタイプ。
つけ汁との絡みは良好、麺が優勢になりそうな印象でしたが意外と持ち上げが良くて良いバランスです。

20150517-4.jpg

具材は具材用の別皿に温玉、メンマ、ネギ、麺の器に海苔、つけ汁に豚肉、糸唐辛子の構成。
温玉はいきなり投下すると味が変わってしまうので半分以上食べるまでキープ、後述。
メンマは細長いカットの物でコリコリ感はなかなか良好、味付けは薄めで甘味はほんのり感じる程度で嫌味無し。
海苔は正方形カットの物でパリパリ感良好、海苔の香りが塩と相性が良く引き立っていて○
豚肉は薄切りのバラ肉で脂の旨味と甘味に肉の弾力を感じられます、薄切りなので柔らかさは言うまでもなく。
薄切りではありますが1枚が大きめで4枚程入っているので量的に充分な投入量かと思われます。
薬味のネギは輪切りの白で量は充分、シャキシャキとした食感と鼻から抜ける爽やかな香りが良いですね。
辛味はそこまで強くないですが、このメニューの場合はネギが辛いと悪目立ちするのでこれで良しかな。
糸唐辛子は飾りとしての物で単体で食べても辛味は全然感じないですね、栄えるのでないよりは良いですけど。


麺をおよそ半分程度消化した所で温玉を投入、つけ汁内で潰すと塩気が丸くなり独特のコクが出ますね。
ただ個人的にはこのメニューの売りがスッキリ感のある塩気と考えると温玉は必要なかった気もする。
温玉が混ざる事で塩気のキリっとした〆る感じが弱まって輪郭がややボケてしまったなという印象。
恐らくはご飯なんかを投入して〆で雑炊っぽくして食べるなら非常に有用でかなり機能したと思う。
ただ初めて食べた時にそういう食べ方をするかと言うとね、デフォでご飯付いてるなら考えると思うけど…
麺量はおよそ180g程度ですかね、一軒目なので特に苦はなく5分少々で完食。
スープ割は試してみたかったけど次があるので自重して終了、このつけ汁なら割りも結構美味しいと思う。
総評としてはスッキリとした塩気の効いた塩つけ麺、魚介出汁と豚の脂の相性も良く完成度の高い一杯。
個人的に今まで塩つけ麺には良い印象がなかったので、今回のは珍しく塩つけ麺で美味しかったなと思えました。
温玉でややケチは付いたが使い方次第では有用なアイテムなので減点にはしないでおきました。
前回もアグー系のメニューは良かったですので次回もあれば期待出来るかも。

採点的には90点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:北谷町

Tags : 沖縄 北谷 つけ麺 我道 90点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する