2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

麺や Gochi:2015年5月限定 特製SIOそばniboちゃん

 【23//2015】

麺や KEIJIROからの連食で5月の限定をいただきに訪問。
まぁ今回のプチ遠征の本来の目的はこちらなんですけどね。
訪問時刻は19時を少し過ぎた辺り、先客は5名程となかなか盛況。
空いているカウンター席に案内されて着席、5月限定のPOPを確認。
先月に引き続き今回もだが、今回は貝ではなく煮干なんですね。
5月限定の表題を口頭にて注文して到着を待ちます。
口頭注文からおよそ7分程度で到着、との事だが醤油っぽいビジュアル。

20150523.jpg

それではいつも通り写真を撮影していただきます、まずはスープから一口…
エグみや重厚感を活かしたブラック系とは正反対の上品系の煮干の旨味と風味を感じるシャバ系スープ。
表面に油膜が張っているが鶏油かな、ラード油膜にしては唇のペタペタ感が少なく重さも感じないですからね。
下支えに鶏清湯出汁も使っている感じですが主張は強くなく、鶏油と合わさった鶏感も混ざった鶏煮干系。
出汁感を活かす為なのか気はかなり丸いタイプで円やかな気、逆に角がなさ過ぎて驚くぐらいの丸み。
分濃度は適正値やや低目ぐらいだが良い梅、塩気の尖りは前途の通り全く感じられませんね。

20150523-2.jpg

麺は加水率高めな感じの中細ストレート麺、強めのコシがあって歯切れの良い麺で個人的には結構好き。
スープとの絡みは微妙、麺の小麦感の強さにスープが優しすぎて押されてしまっている印象。


具材は特製の具材は別皿提供となっているので、基本の丼にはメンマ、刻み玉ネギ、青ネギの構成。
別皿の方に味玉、海苔、そぼろ、チャーシュー、白髪ネギ、糸唐辛子の構成。

20150523-3.jpg


味玉は黄身が軽くトロる程度の半熟具合、薄めの味付けで醤油の風味と黄身の甘味が良く出ていて素晴らしい。
海苔は正方形カットの物が3枚、パリパリ感しっかりで海苔の香りも感じられて良い海苔ですね。
スープに浸しても崩れる事はなく、スープの旨味を吸って海苔の香りと一緒に鼻腔を抜けます。
メンマは細長いカットの物でコリコリ感良好、味付けはプレーンな感じでメンマの風味を活かした作り。
鶏そぼろは単体では味付けはされておらず、スープに混ぜる事で鶏感を増すのに貢献していますね。
チャーシューは低温調理のムネ肉と提供前に炭火で焼いたモモ肉で香ばしさが特徴的な一品。
しっとりとしたムネ肉は軽く塩胡椒で味が付いており薄めで良い塩梅、しっとり感があってパサ付き皆無。
軽めの弾力は残しているが柔らかく仕上げられており歯に軽く当てると肉の繊維が裂けていく感じ。
モモ肉はムネ肉に比べると弾力に富んでいますが、こちらも柔らかく適度なプリプリ感が感じられて良好。
味付けは薄めの塩気で良い塩梅、ムネ肉に比べると赤味な分だけワイルドな感じもあって良いですね。
刻み玉ネギはシャキシャキとした食感と適度な甘味が特徴的、スッキリとした辛味もありますが控え目ですね。
青ネギは香りと色味の提供、白髪ネギはシャキシャキの食感とそれぞれ特徴にあった機能を発揮。
糸唐辛子は単体でも特に辛味は強くなく飾りとしてが主な役割か、それぞれ薬味として効果的に働いている印象。

全部乗せした所
20150523-4.jpg

麺量はおよそ150g程度ですかね、二軒目ではありますが特に苦はなく7分程度で完食。
総評としては風味を活かした煮干が香る上品な作りの塩煮干、所謂パンチ重視の煮干とは別系統ですね。
表面の油膜は厚みがあって適度に油分を感じますが、ベースがあっさりとしているので重さはないですね。
出汁の旨味はしっかりと感じられて美味かったですが、塩気が優しいので舌が慣れて終盤はやや飽きが来たかな。
それでも味の方はさすがで今回も良い一杯でしたね、どうしても当方の舌は濃度を求める傾向が強いので…w
ちなみに塩だけじゃなくて醤油も楽しめるとの事で次はそれを食べてみましょうかね。

採点的には82点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:沖縄市

Tags : 沖縄 沖縄市 ラーメン Gochi 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する