2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

夜麺食堂 松風:裏松風

 【24//2015】

麺や Gochiで美味しい一杯をいただいてからの連食訪問。
今回は以前にFBでチラっと見た裏メニューを注文してきました。
開店2分前に到着、暫く経ってから開店と同時に店内へ。
裏メニューの注文方法が分からなかったので店員さんに確認。
松風ラーメンの食券を購入して、裏松風でと頼めば良いそう。
空いているカウンター席に着席して表題の裏メニューを注文。
注文から5分少々で到着、どんなのが来るかと思ったがシンプルな醤油ですね。

20150524.jpg

それではいつも通り写真を撮影していただきます、まずはスープから一口…
鶏清湯をベースにしたシンプルなシャバ系鶏出汁醤油、裏でこのシンプルさで来るのかという驚きあり。
ただ、ここの基本メニューはややこってり寄りやガッツリ系統の物が多いので逆に良いんでしょうね。
鶏出汁のスッキリとした旨味を感じた後に、塩気は円やかだがコクがあって風味の強い醤油が追いかける展開。
何かしら特別という感じではないですが、王道の安定した美味さと安心感は感じますね。
塩分濃度は適正値で良好、塩気の尖りも特には感じられませんね。

20150524-2.jpg

麺は加水率やや高めな感じの中細ストレート麺、適度なコシとパッツン系なハリのある麺ですね。
スープとの絡みは良好、麺の小麦感とスープの旨味や醤油の風味・塩気とのバランスが良い感じですね。


具材はもやし、メンマ、小松菜、チャーシュー、ネギのシンプルな構成だがビジュアル不足感は無し。
もやしはボイルタイプでシャキシャキ感良好、水気で薄まる事も特になくスープとの相性は良好。
メンマは少し厚めの細長いカットの物でコリコリ感良好、味付けは薄めで良い塩梅で結構好き。
小松菜は茎から葉までの一本丸ごとが2本、茶色が多いメニューの中では貴重な青味提供要員。
小松菜特有の青味を感じる香りはあるがスープとの相性は良く邪魔はしない、シャキシャキの食感も良し。
チャーシューは炙りのバラで味付けは薄め、今回のはバラにしては繊維質がしっかりと残ったタイプで噛み応えアリ。
肉の繊維を噛む毎に旨味が舌に流れてきますね、こういうワイルドな感じのチャーシューは結構好きだったり。
薬味のネギは白で投入量は普通、白にしては辛味が控え目だがシャキシャキ感と香りが感じられ薬味として機能。


麺量はおよそ150g程度ですかね、三軒目なので量的にはやや苦はあるが7分程度で完食。
こってり系が出てきたら厳しかった気がしますが、あっさり系なので予想よりもスルスルいけましたね。
総評としては王道の鶏清湯醤油、特に変わった点はないが食べててほっこりする安心感がありますね。
全く情報がなかったので出てくるまでがドキドキでしたが、まさかシンプルな醤油で来るとはね。
ただ通常メニューとの差別化はしっかりと図れているので、裏メニューとしては全然アリですね。
当方は酒を飲まないので感覚的には分かりませんが、こういうのを〆として欲する人もいるでしょうし需要はありそう。
残りはレギュラーメニューの松風ラーメンのみとなり完走間近ですね。

採点的には82点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:沖縄市

Tags : 沖縄 沖縄市 ラーメン 醤油 松風 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する