2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

ゆいまーる人 安慶田店:白とん

 【09//2015】

麺や Gochiにて素晴らしい一杯をいただいた後に連食で新規開拓。
沖縄市エリアでは以前から評判の良いお店ですね。
訪問時刻は18時半過ぎで先客は2名、まだピークは来てない感じ。
空いているカウンター席に着席してメニュー表を確認。
基本は豚骨を数種類のバリエーションで提供する形ですかね。
ただ豚骨以外にも鶏や魚介などメニューが豊富ですね。
今回は基本の白とんを注文、麺の種類は細麺と中細縮れ麺を指定可能。
今回は中細縮れ麺でお願いし、麺の硬さの指定は硬めでお願いしました。
注文からおよそ5分程度で到着、見た目はシンプルな白濁系豚骨のビジュアルですね。

20150609.jpg

それではいつも通り写真を撮影していただきます、まずはスープから一口…
白濁豚骨らしい濃厚でこってりとした豚の旨味が詰まったライトドロンジョに近いシャバ系スープ。
豚骨の炊き具合やカエシの効かせ方が非常に好み、これをベースにしてるなら他のメニューも外れはなさそう。
塩分濃度はほんのり高めな印象も余裕の許容範囲内で良好、塩気の尖りも特には感じられませんね。

20150609-2.jpg

麺は加水率高めな感じの中細縮れ麺、軽めのコシとモチ感の強さが特徴的な麺ですね。
スープとの絡みも良好、細麺じゃないのでどうかと思いましたがスープをちゃんと持ち上げてくれますね。


具材は追加で注文した味玉、キクラゲ、チャーシュー、薬味のネギのシンプル王道な構成。
味玉は黄身が超トロトロの半熟具合、白身もプルプルしていて緩めの茹で具合。
味付けは薄めでほぼプレーンな感じ、個人的にはこういうトロトロ半熟も完熟よりは好きなのでOK
キクラゲは細長いカットの物でコリコリ感良好、スープとの相性については語る必要なしですね。
チャーシューは大ぶりの豚肩ロースが1枚、器の半分を覆うほどの大きさで量は充分すぎる。
脂身はほぼ無しのロースらしい肉質で軽めの弾力と噛み応えを感じるが、箸で簡単に裂ける柔らかさ。
味付けは薄めで比較的プレーンなタイプ、噛む事で肉の旨味がじんわりと出てきて結構好きなタイプ。
薬味のネギは青と白の混合、色味と香りの青に食感と辛味の白の分業といった感じで薬味として効果的に機能。

20150609-3.jpg

オマケで小皿に入った辛味噌もやしを提供して貰いました、辛味噌の名称が付いてますが辛くはないですね。
ナムルみたいな調味液に浸かったタイプのもやしで軽めのシャキシャキ感と味が染みていて美味い。

20150609-4.jpg

餃子は独特の形で提供されていて皮のパリパリ感が強いですね、なかなか美味しかったです。


麺量はおよそ150g程度ですかね、二軒目ですが量的にはさほど苦もなく5分少々で完食。
総評としては基本に忠実な王道の豚骨、至ってシンプルだが非常に完成された一杯という印象。
赤、黒、緑、茶といったバリエーション豊富ですが、この豚骨がベースならどれも外れはなさそうで次が楽しみ。
今回はタウン誌のクーポンで半額の330円に味玉分の+100円で食べれたのでCP的にも最高でしたね。
クーポン無しの通常価格680円でもこのクオリティなら納得出来ます。

採点的には95点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:沖縄市

Tags : 沖縄 沖縄市 ラーメン 豚骨 ゆいまーる人 90点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する