2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

ゆいまーる人 安慶田店:煮干らぁめん

 【14//2015】

前回の訪問で気に入ったこちらにさっそく再訪。
訪問時刻は17時半を超えた辺り、先客は0と時間帯的に仕方なしか。
空いているカウンター席に着席してメニュー表を確認。
今回の目的は数量限定となっている煮干らぁめんですね。
まだあるのかを確認すると大丈夫との事なので口頭にて注文。
味玉トッピングと麺の硬さを聞かれたのでカタでお願いしました。
口頭注文からおよそ5分程度で到着、見た目は非常に魅力的ですね。

20150614.jpg

それではいつも通り写真を撮影していただきます、まずはスープから一口…
しっかりとした煮干の強い旨味と風味が最初にやってきますがエグみは控え目、かなり飲みやすいシャバ系。
動物系は豚感強めの鶏豚混合で、この動物系の比率が同じ凪系の特濃中華蕎麦 いわしよりも高い印象。
その恩恵でしょうがニボ感はちゃんと感じるが、エグみはそこまで表に出ない作りになっていますね。
個人的にニボ感自体は好きだけどエグみは苦手というワガママ舌の当方にジャストフィットですね。
煮干の割合に応じて控え目に設定されているのか、塩気のキレも同系統の特濃中華蕎麦 いわしより優しめ。
塩分濃度はやや高めだが煮干系らしく良好、塩気の尖りも動物系のコクが丸めているのか感じないですね。

20150614-2.jpg

麺は加水率高めで軽くウェーブの入った中細麺、適度なコシとモチ感が混在した麺で結構好み。
スープとの絡みは良好、中細麺なのでスープのニボ感に負けそうな印象もありましたが全くの杞憂でバランス良し。


具材は味玉、海苔、メンマ、水菜、チャーシュー、ネギの構成。
味玉は前回と同じく黄身がほぼトロトロ液状の半熟具合、白身もプルプルで緩めの茹で具合だが結構好き。
味付けは醤油の風味は感じるが薄味で良い塩梅、トロトロで舌に乗りやすいからか黄身の旨味が濃い印象。
海苔は正方形カットの物が1枚でパリパリ感良好、汁気を吸っても崩れない適度な繊維質の強さがありますね。
スープを吸った後のニボ感が感じられる状態でも海苔の香りはちゃんと感じられたのは◎
メンマは細長いカットの物でコリコリ感良好、味付けはプレーンに近くメンマの風味を活かした作りで良好。
水菜は青味とシャキシャキ感の提供に貢献、煮干との相性も案外悪くなかったですね。
チャーシューは大き目のバラが1枚、前回の白とんの時はロースチャーシューだったんですけど…
こってりの豚骨系の時は脂身の少ないロース、比較的あっさり系の時はバラと使い分けてるんですかね?
脂身はバラにしては少なめの2割程度、適度な肉の弾力を残した柔らか仕上げで良い仕事っぷりですね。
味付けも薄めで良い塩梅、豚骨でこのチャーシューだと少しクドそうな気もしますが煮干だと全然大丈夫ですね。
ネギは白で濃厚煮干だと粗い目のカットの物が主流な印象ですが、こちらは細かめのカットの物ですね。投入量は普通でシャキシャキ感良好、辛味は細かいカットなのでそこまで強い主張はしないですね。


麺量はおよそ150g程度ですかね、非常に好みな作りで箸が進み5分少々で完食。
総評としては名前通り主役として煮干が前に出てはいますが、動物系の支えも強く感じられる一杯。
苦手なエグみもかなり抑えられていますし、動物系の濃い旨味が好きな自分にとってはツボでしたね。
凪系と言ってもここは豚王の卒業っぽいので煮干はどうなのかと思いましたが、煮干も素晴らしい出来でしたね。
向こうにいた時は系列内のヘルプで店の移動とかしてて煮干の方もちゃんと習得したんでしょうかね。
豚骨もレベルが高かったですが煮干もここまでとは、他のメニューも俄然期待出来そうです。
会計時に店員さんと軽くお話してまた来ますと言って店を後にしました、すっかりお気に入りで次訪は早そうです。
次に訪問する時にはつけ麺にも挑戦してみますかね。

採点的には98点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:沖縄市

Tags : 沖縄 沖縄市 ラーメン 醤油 ゆいまーる人 90点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する