2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

武蔵家 沖縄本店:福幸地鶏のちゅら塩ラーメン

 【16//2015】

福幸地鶏を使った限定メニューを提供するとの事で突撃。
通常の店舗ではなくデパ地下の催事場での出張となっています。
訪問時刻は17時頃、待ちはなく受付にて表題を口頭注文。
値段が1080円とかなり値が張るが、それに見合う物は出てくるのか…
飲食コーナーに完成したら持って来てくれるとの事なので到着を待ちます。
注文からおよそ7分程度で到着、見た目はかなり具材豊富でボリューミー

20150616.jpg

それではいつも通り写真を撮影していただいます、まずはスープから一口…
鶏清湯出汁と節系出汁の魚介を合わせたライトドロンジョに近いシャバ系鶏魚介。
なかなか濃厚な鶏出汁の旨味を感じた後に節系出汁らしいアッサリとした旨味が追従する展開。
鶏出汁と節系出汁の割合は7:3といった印象、鶏出汁なのでややこってり寄りではあるが重くはない。
気は輪郭はしっかりとしているが尖っている印象はなく、スッキリした気ですね。
分濃度はほんのり高めな印象ながらも許容範囲内で良好、気の尖りは前途の通り感じられませんね。

20150616-2.jpg

麺は加水率やや低めな感じの中細ストレート麺、モッチリというよりはムチっとした感じの独特な歯切れの麺。
スープとの絡みは普通、麺の密度が高いと言うか小麦感が結構強くてスープが少し負けている印象かな。


具材はゆで卵、海苔3枚、鶏チャーシュー3個、鶏団子3個、削り節、カイワレ、ネギの構成。
ゆで卵は完熟タイプ、個人的には半熟が好みなのでちょっと好みとは外れていますがスープとの相性は良い。
海苔はパリパリ感普通、香りは良くて繊維が強くスープを吸ってもあまりクタらないのは良いですね。
鶏チャーシューはロールタイプのモモ肉ですかね、味付けは薄めで肉自体の旨味を強く感じられますね。
鶏肉らしい弾力は感じられますが柔らかく仕上げられていますね、量も質も充分ですね。
鶏団子は大葉が練り込まれていて爽やかな香りが感じられ良好、味付けは薄めでスープと合わさって良い梅に。
削り節はかなり荒削りの物ですね、口に入れた際にスープの魚介感を強めるのに貢献しています。
カイワレと白ネギはセットで飾りと色味の提供に貢献、独特の辛味とシャキシャキ感にネギの爽やかな香り
これらが薬味として舌や鼻腔を〆るのに貢献し機能していますね、投入量も多めなのが良いですね。


麺量はおよそ150g程度ですかね、一軒目なので特に苦もなくスルスルと胃に収めて5分少々で完食。
総評としてはスープ、麺、具材とそれぞれに鶏(卵含む)を詰め込んだ鶏尽くしの一杯ですね。
さすがは食鶏養殖の会社と組んで開発された一杯という印象で鶏の良さが詰め込まれていました。
1080円という価格はやや高い印象もありましたが、内容を考えればそれなりに妥当な印象ですね。
個人的な意見では麺はもうちょっとパッツン系の細麺の方が良かった気がしなくもないという印象。
ただ全体的に非常に完成度の高い一杯で楽しませていただきました。

採点的には85点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: イベント系

Tags : 沖縄 イベント ラーメン 武蔵家 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する