2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

ラーメン我道:梅つけ麺

 【21//2015】

博多麺琉 美浜店にて一杯いただいた後に連食訪問。
訪問時刻は12時半を過ぎた辺りで先客は5名程とそれなり。
店内入ってすぐ左側の券売機にて表題の食券を購入。
店員さんに食券を提示すると冷か熱かを聞かれたので冷盛を指定。
麺は細麺と太麺を選択出来るとの事なので今回は細麺でお願いしました。
食券提示からおよそ5分少々で到着、見た目は普通の豚魚系ですね。

20150621.jpg

それではいつも通り写真を撮影していただきます、まずはつけ汁をペロリーナ。

20150621-3.jpg

しっかりと乳化した豚骨と節系出汁を合わせたシャバ系豚骨魚介系、強めのの酸味が効いています。
つけ麺なのであっさり系だと思っていましたが、豚感強めで予想よりはこってりしているかな。
豚と魚介の割合は7:3といった感じで豚感優勢、甘辛酸は酸味以外はほぼ感じないですね。
の酸味はつけ汁内に浮いてる海苔みたいな物から出ているのかな、恐らくは紫蘇の葉じゃないですかね。
酸味はなんとか許容範囲内と言った感じで強め、酢でこの酸味だとクドかったがだから助かってる感はあるかな。
塩分濃度はやや高めな印象も許容範囲内で良好、塩気の尖りは感じられませんね。

20150621-2.jpg

麺は加水率高めな感じの中細ストレート麺、モチプリ感が特徴的な麺で個人的には結構好みのタイプかな。
つけ汁との絡みは比較的良好、ややつけ汁の方が存在感が強いですがバランス的には悪くはない。

20150621-4.jpg

具材は別皿提供で味玉、メンマ、チャーシュー、白ネギでつけ汁内には青ネギの構成。
味玉は黄身がほぼ固まりかけな感じの半熟具合、味付けはやや濃い目だが一時期よりは薄くなったので○
メンマは細長いカットの物でコリコリ感はそれなり、プレーンな味付けでメンマの風味がよく出ている。
チャーシューはほぐしのバラですかね、量的にはなかなか充分な量が入っていると思います。
味付けは適度で良い塩、柔らかいが繊維質がそれなりに残っているので噛む楽しみがありますね。
噛む事で肉自体の旨味と醤油の味が舌に流れ出てくる感じ、こういうチャーシューは結構好きですね。
白ネギは厚みのある大きめのカットでシャキシャキ感と辛味がよく出ていて薬味として機能していますね。
青ネギはあまり存在感がないですね、つけ汁の色に負けているので青味もイマイチで香りもの存在感に負けてる。


麺量はおよそ180g程度ですかね、三軒目ではありますが系統的に重くはないので7分程度で完食。
総評としては豚魚ベースに梅のキリっとした酸味の効いた一杯、これからの時期には合った清涼感がありますね。
豚魚があっさり目の作りだと酸味が効きすぎる気もするので、豚感優勢の作り自体は間違ってないですね。
またおま系等と言われる食傷気味の豚魚ではありますが、その印象は今回の一杯ではあまり感じませんでした。
10回以上訪問しているのに未だにデフォメニュー完走が出来ていない底の深い店で、今後も定期的にお邪魔しそうですね。
次は煮干の味噌でも頼んでみましょうかね。

採点的には85点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:北谷町

Tags : 沖縄 北谷 つけ麺 豚骨魚介 我道 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する