2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

ゆいまーる人 安慶田店:濃厚鶏つけ麺

 【23//2015】

麺や Gochiにて素晴らしい一杯をいただいた後に連食訪問。
豚骨と煮干の両方とも美味かったので今回は鶏に挑戦してきました。
訪問時刻は20時半頃で先客は6名程となかなか盛況ですね。
開いているテーブル席に着席してメニュー表を確認。
つけ麺なんかもこの時期にはさっぱりして美味そうだなと誘惑される。
ただ当初の目的を実行する為に我慢して表題を口頭注文。
口頭注文からおよそ8分程度で到着、見た目はシンプルな鶏白湯系。

20150623.jpg

それではいつも通り写真を撮影していただきます、まずはつけ汁をペロリーナ。
濃厚な鶏の旨味が舌に乗った後に奥の方から魚介出汁のニボ感が追従する展開のミドルドロンジョ系つけ汁。

20150623-3.jpg

鶏白湯自体の濃度が高いが、後ろの方でアシストしている魚介の旨味もメインの鶏に負けてないので濃いですね。
甘辛酸は酸味>甘味で辛味は無しといった感じですかね、ただ微弱で主張は弱く出汁感で勝負するタイプ。
個人的には白湯のつけ汁は出汁の旨味を感じたいので、この程度の酸味に抑えてくれてると凄く嬉しい。
タレの醤油の風味は効いているが濃厚な鶏出汁のおかげか塩気自体は丸まっていて優しいですね。
塩分濃度はつけ汁としては適度で良い塩梅、塩気の尖りは前途の通り感じられませんね。

20150623-2.jpg

麺は加水率かなり高めな感じの中太ストレート麺、強めのモチモチ感が特徴的な麺で結構好み。
つけ汁との絡みは非常に良好、粘度のあるつけ汁がモチモチの麺と絡み合って美味い。


具材は麺の器に海苔と水菜、つけ汁内にチャーシューとネギの構成でビジュアル的にはやや物足りないか。
海苔は長方形カットの物が1枚でパリパリ感はなかなか良好、つけ汁に浸しても強度を保つタイプ。
存在感のあるつけ汁の旨味を吸い取っても海苔の香りをしっかりと感じさせるので良いですね。
水菜はシャキシャキとした食感と青味の提供に貢献、やや青っぽい味を感じたが相性自体は悪くない。
チャーシューは短冊カットになったバラチャーが5切れほど、1切れがなかなか大きいので量的には充分。
バラにしては身の弾力を感じさせる方だが箸で簡単に解れる程度で柔らかい、味付けはしっかり目だが濃すぎず○
ネギは白ネギでシャキシャキ感と辛味で舌のこってり感をリセットするのに効果的に機能している。


麺量は大盛で注文したので300gですね、二軒目で量もありますが美味しくいただき約10分程度で完食。
スープ割りをやっても良かったのですが、さすがに二食目で大盛の後には厳しく残すと失礼なので回避。
総評としてはしっかりとした鶏の旨味の詰まった一杯、鶏白湯つけ麺としてはオーソドックスだが高クオリティ。
鶏にしてはドロっとして濃度もあり重めなのだが、後ろで存在を放つニボ感のおかげで重さは軽減されていますね。
近場の麺や KEIJIROも同系統の物を出しているが個人的にこちらの方が合っている。
豚と煮干だけでなく鶏も素晴らしい一杯でした、これならどれを食べても好みの差程度で外れはないかな。
ここはメニューが豊富なので完走は時間が掛かりそうですが完走目指して通いたいですね。

採点的には90点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:沖縄市

Tags : 沖縄 沖縄市 つけ麺 鶏白湯 ゆいまーる人 90点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する